dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

ポイント大量保有者が注意したい、ポイントを資産として持つリスク

f:id:showchan82:20200614072432p:plain

dポイント投資、最近は多くの方に参加していただいて、界隈が盛り上がって大変嬉しいです。

中には数十万、数百万といった単位の高額ポイントでdポイント投資をされている方もいらっしゃるようです。もちろん、ポイント投資を最高効率で運用するにはたくさんポイントがあったほうがいいのは事実です。

ですが、ポイントは現金とは違い、その保護というのは非常に曖昧だったりします。余裕をもった運用をするのと、万が一に備えた対応策も取っておきましょう。

 

ポイントは現金と違い保護・保証の度合いが低い

ポイントプログラムというのは現金とは違います。

ポイントと同じように現金ではないけど、電子的手段で保存されているプリペイドカードや電子マネーについては法律(資金決済法)という法律によって様々な義務や規制がかけられています。

一方で、ポイントはあくまでもそのポイントプログラムを運用している企業の定めている利用規約(約款)に従って運用され、その約款内容は大抵のケースで、ポイントを運用している企業が裁量で決めることができる点が大きくなっています。

また、利用者保護の仕組みも脆弱です。

  • 発行体の倒産等
  • 不正利用リスク
  • 会員資格停止(利用停止)
  • ポイント有効期限切れによる失効
  • 会員本人の死亡による失効

これらがリスクとして挙げられます。

発行体の倒産やサービス終了のリスク

一定の条件を満たしたプリペイドカードや電子マネーといった前払式支払手段の場合、資金決済法という法律に規制を受けます。

事業者は「未使用残高の1/2以上」に相当する金額を法務局に供託して保全することが義務付けられています。全額というわけではありませんが、優先して返済を受けられるわけです。

また、サービス終了時も一定の払い戻し期間を経たうえで返金する旨の規定があります。

一方でポイントプログラムについては同法の対象外となっています。倒産時に債権として主張できるかも微妙です。

JAL破綻のケースでは新生JALによってマイル(ポイント)が継承されたわけですが、あれは経営判断(残した方が価値があるという判断)によるもので最悪失効の可能性もあったわけです。

マイルというのは航空会社にとっては実は大きな収益源であるという点もマイル継続の大きな理由だと思います。

そうでない場合、経営破綻によってポイント制度の終了や改悪のリスクは高いと考えた方いいです。

このリスク、NTTドコモ(dポイント)という点だけで考えたら大きなリスクととらえる必要は無いかもしれませんけどね。

不正利用リスク

ポイント数が多くなると不正利用のリスクも大きくなります。

クレジットカード等の決済手段には「盗難保険」のような不正利用に対する補償があります。PayPay等のスマホ決済サービスも同様ですね。

一方で「ポイントカード不正利用」に対する補償についてはケースバイケースの対応が多いようです。ポイント保有高が大きくなるとリスクも大きくなります。

参考:貯めているdポイント数をレジの店員さんにバレないようにする方法

で紹介したような方法も利用して、不正利用のリスク回避は必ず行うようにしましょう。

会員資格停止(いわゆゆるBAN)リスク

続いては会員資格の停止に対するリスクです。

たとえばドコモ(dポイントクラブ)では以下のように利用停止の条項があります。

規約全文は「こちら(PDF)

dポイントクラブ会員が以下の各号のいずれかに該当するときは、会員資格を失うものとし、dポイントクラブ会員が保有するdポイントはそれぞれ当該各号の定めに従い取扱うものとします。

(1)dポイントクラブ会員と当社との間の対象回線契約が解約され、かつ、解約後にdポイントクラブ会員がdアカウントを保有しない場合
解約時点でdポイントクラブ会員が保有するdポイントは直ちに失効するものとします。なお、解約後においてもdポイントクラブ会員がdアカウントを保有する場合はこの限りではなく、当該dアカウントにおいて会員資格を維持し、解約時点で保有していたdポイントを引き継ぎます。また、dポイントクラブ会員がポイント共有グループ加入していた場合は、当該ポイント共有グループを構成する全てのdポイントクラブ会員のポイント提供対象サービスが解約された時点で、当該保有するdポイントが失効するものとします。なお、代表会員が回線契約を解約する場合において、当該代表会員が代表会員以外のdポイントクラブ会員から次の代表会員を指定することなく解約した場合はこの限りでなく、全てのdポイントが失効します。

(2)前条に基づき当社がdポイントクラブ会員の退会の申出を受領した場合
退会の申出を当社が受領した時点でdポイントクラブ会員が保有するdポイントは直ちに失効するものとします。また、dポイントクラブ会員がポイント共有グループに加入していた場合は、当該ポイント共有グループを構成する全てのdポイントクラブ会員から本プログラムの退会の申出を受領した時点で保有するdポイントが失効するものとします。なお、代表会員が退会を申し出た場合において、当該代表会員が代表会員以外のdポイントクラブ会員から次の代表会員を指定することなく当社が退会の申出を受領した場合はこの限りでなく、全てのdポイントが失効します。

(3)dポイントクラブ会員が法人であることが判明したとき
前号に規定する取扱いに準じます。

(4)第10 条第1項各号に該当する場合その他dポイントクラブ会員が本規約等に違反する等当社がdポイントクラブ会員として不適格であると判断した場合第1号に規定する取扱いに準じます。

(5)dポイントクラブ会員に相続事由が生じた場合
第1号に規定する取扱いに準じます。

ちなみに(4)の第10条 第1項は以下の通りです。

当社は、dポイントクラブ会員が以下の各号のいずれかに該当する場合は、当社の選択により、会員資格を喪失させることなく、本プログラムの全部又は一部の利用を停止することができるものとします。
(1)dポイントクラブ会員のお申込み内容に虚偽があった場合
(2)本プログラムの利用において、第三者になりすます等不正行為があった場合
(3)本プログラムの利用において、当社の設備に無権限でアクセス、解析し、又は過度な負担を与える等迷惑行為があった場合
(4)ポイント提供対象サービスの料金の支払を怠った場合
(5)dポイントを不正に取得若しくは取得しようとし、又は不正に利用したと当社が判断した場合

というように、ドコモに裁量のある内容となっています。なお、会員資格停止の際のdポイントは失効します。こわ。

有効期限切れによる失効リスク

ポイントには有効期限があります。この有効期限を過ぎるとポイントは失効してしまいます。

まず、ポイントの発行額は2018年に1兆円の大台に乗り、それ以降も順調に伸びています(野村総研・2019)。

f:id:showchan82:20200614070120p:plain

ポイント・マイレージの年間発行額(野村総研推計)

一方で、これだけ発行されたポイントについて、多額のポイントが失効しているという現実もあるようです。

消費税引き上げの際のキャッシュレス・ポイント還元事業の際、政府は決済事業者に対して還元分の「補助金」を提供していますが、ポイント失効となる部分を割り引いて補助金を提供するようにしています。

過去の失効率をもとに計算していますが、提出できない場合、以下のレートを失効率としています。

  1. 電子マネー:8%
  2. 店頭で直接利用できないポイント:40%

(2)はクレジットカードのポイントのように店頭で使えないポイントです。40%という驚きの失効率が提示されているというのは、それだけ多くのポイントは「本当に失効しているから」なのでしょう。

大量になればなるほど使いきれるのか問題も発生する

dポイント投資で何十万、何百万というポイントを貯めて運用したとしても、dポイント投資のサービスが終了した場合、4年でそれを使い切る必要があるわけです。

ドコモのdポイントは有効期限は4年間となっています。dポイント投資に追加、引出をすると有効期限が実質延長される仕様ですが、ポイント投資が終了した場合、通常ポイントであっても4年で使い切る前提でなければだめです。

dポイントに関してはポイントの出口は以下の記事でもまとめています。今のところは日興フロッギーという方法があるので、何百万ポイントあったとしても現金化や有価証券化ができるので、今のところ問題はないかもしれませんが……。

dp-invest.hateblo.jp

なお、期限のないポイントとしてはクレディセゾン(セゾンカード等)の「永久不滅ポイント」があります。これは有効期限切れによる失効リスクはありません。ただし、このポイントは相続不可なので、次に説明する通りカード会員が死亡した場合は滅してしまいます。

会員本人の死亡による失効リスク

現金や預金はたとえ本人が死亡したとしても相続人(遺族)に引き継がれます。

一部の航空会社のマイレージ(マイル)では相続を認めていますが、企業のポイントプログラムについては相続が認められないのが一般的です。

hitsuji-syukatu.com

つまり、ポイントを大量に貯め込んでいたとしても、自分に万が一のことがあった場合、そのポイントは大切な家族に残すことができないという事になります。

ただし、一部のポイントはポイント共有化などの手続きを事前に行っておくことで万が一の場合にもポイントを失効させずに引き続き利用できるようにすることもできます。

dポイントについては上記ので紹介した規約のところにあるように、ポイント共有グループの設定があれば大丈夫です。

ただ、共有グループが全部同一人物だと遺族に共有しようがなく失効することになりそうです。 死亡リスクを回避するなら、自分以外の家族アカウントを含めたポイント共有グループとしておくことをお勧めします。

 

ポイントはお得だけどほどほどに

ポイントを大量に保有することのリスクについて紹介しました。

私もたくさん保有しているので人の事は言えませんが、ポイントで何十万ポイント、何百万ポイントを保有しているという状態は、現預金や株や投資信託などの有価証券として保有している場合とは安定性の面からみて違うものだよということは理解しておく必要があります。

 

今回紹介したようなリスクがあるという事を知っておき、万が一に備えておくことは大切です。少なくともポイントの出口(どうやって使うのか?)という点は考えておきたいところです。