ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

ポイント投資の攻略ブログ

ビックカメラのポイント還元率を大幅にアップさせる楽天ポイント連携と来店予約、クーポン活用術

本ページにはプロモーションが含まれております
著者:しょうこちゃん

ビックカメラの店頭でお買い物をするときに知っておくと得するポイント還元のコツを紹介していきます。結論から言えば以下の3つの組み合わせで得しましょう、という話になります。

  • 楽天IDと連携して来店予約
  • 店頭ポイントはビックポイント
  • ガッチャモールか端株優待で+3%のポイントアップ

この組み合わせで行きましょう。
来店予約というと時間を決めたりしなければならないの?面倒くさそう……と思われるかもしれませんが、実はエントリーボタンをポチッとタップするだけです。時間や日付の指定もありません。そして、別に行かなくても問題ないです。極論ですが、初回の紐づけだけやっておけば、ビックカメラのレジ前でエントリーするというやり方でもOKです(笑)
ビックカメラを利用する人はその1工程を踏むだけで何%ものポイントUPになるわけなのでこれは忘れないようにしましょう。

①楽天IDと連携して来店予約

まずは、街のビックカメラでお買い物をするのであれば「街のビックカメラ来店予約」をセットしておきましょう。

<やること>

  1. 楽天IDとビックポイントカードの紐づけ(初回のみ)
  2. サイト上で来店予約をする
  3. 買い物時に紐づけをしたビックポイントカードを提示する

これだけです。2回目以降は(1)は省略できます。
(1)をするには楽天IDとビックカメラのIDの両方が必要です。まだお持ちでない方は先にアカウントを取得する必要があります。

紐づけは「楽天IDとビックポイントカードの紐づけサービス」のページから可能です。

紐づけが完了したら続いては予約です。来店予約といって日時を指定する必要はありません。予約ボタンを押せばOK。予約をすると1週間後までが有効期間となり、あとは紐づけをしたビックポイントカードか楽天ポイントカードを提示するだけで還元対象になります。

>>来店予約はこちらから

  • 来店予約&購入分:1%
  • SPUの達成状況に応じたボーナス:最大15.5%

※2023年12月現在
SPUは楽天市場の常設のキャンペーンで同社サービスの利用状況などに応じてポイントがアップするものです。詳しくは「こちら(楽天市場のSPUの最新情報)」の記事で紹介しています。しかも、ビックカメラの来店予約は楽天市場内のSPUとは別枠になります。ちなみに一度ポイントカードを提示するとその日をもって予約は終了(完了)となります。翌日以降は予約状態がキャンセルされているので、翌日以降に再来店する場合はもう一度予約をしましょう。

②店頭ポイントはビックポイントカード&お得なキャッシュレスで支払い

来店予約をした場合、楽天ポイントカードの提示で5%還元が付きますが、それよりも紐づけをしたビックポイントカードを提示すると10%還元(または8%還元)になりますので、提示するポイントカードは「ビックポイントカード」にしましょう。

  • ビックポイントカード提示分:10%(クレカ利用時は8%)

ビックポイントカード提示のポイントは現金払かビックカメラのクレジットカード払い時のポイント還元です。他社クレジットカード支払いの場合は8%還元になります。

支払いはなんでもOK。ビックカメラSuicaカードや楽天カードは強い

ビックカメラのクレジットカードのビックカメラSuicaカードの場合、クレジットカード払いでも基本還元が低下せずに10%還元のままとなります。さらに、小技になりますが、事前にビックカメラSuicaカードを使ってSuicaチャージをして1.5%還元、そしてそのSuicaを使ってビックカメラでお買い物をすれば10%還元が付くため、合計11.5%還元となります。
※Suicaはチャージ上限2万円

また、不定期ですがビックカメラでビックカメラSuicaカードを使うと○%の上乗せみたいなキャンペーンも実施されますのでこれはこれで上手く利用しましょう。

また、楽天カードも強いです。
楽天カードの場合は1%還元に加えて、ビックカメラの来店予約を利用すればSPUが適用されて2%還元になります。さらに楽天銀行の口座&引落があれば+0.3~0.5%も付きます。さらにさらに「街のお店+1%」などのキャンペーンも適用できれば最大3.5%還元となります。
ただし、ビックカメラのポイントカード分は10%→8%に下がるのでその点は考慮する必要があります。

【ビックカメラSuicaと楽天カードのビックカメラでの還元率比較】

  ビックカメラSuica 楽天カード
ビックポイントカード 10% 8%
クレジット決済分 0% 1%
Suicaチャージからの支払 1.5% -
楽天カードキャンペーン - モバイル契約者
街のお店2倍(上限5万):1%

JCB限定
0と5のつく日2倍(上限5万):1%
楽天カードSPU - 楽天カード:1%
楽天銀行引落:0.3~0.5%
合計 最大11.5% 最大:12.5%

と、このようになります。最大値では楽天カードの方が高くなりますが、適用には条件があるため、確実に高いとは言えないところです。どちらもほぼ同程度の還元水準と考えてよいでしょう。

③ガッチャモールか端株優待(チラシ)でポイントアップ

さらに、ガッチャモールも活用しましょう。ガッチャモールは色々な会社やブランドのクーポンをガチャでゲットできる無料サービスです。このガッチャモールで会員登録をしてビックカメラのガチャを引くと、高確率で+3%ポイントアップのクーポンを獲得できます。これを提示すればさらに+3%のポイントアップです。
なお、運が悪くて+3%が排出されないこともあるので行く予定が確定しているなら数日前からガチャ引いておくのもアリです。

なお、ビックカメラやコジマの株式を1株以上持っている人は株主向けの通信についてくるクーポンに+3%ポイント還元のクーポンがついています。こちらの利用ならガチャ引かずにクーポンを手に入れるいことができます。
その他、twitterなどのキャンペーンでも3%クーポンは不定期に出されているので手に入らないということはないと思います。

  • ポイントアップのクーポン:3%

ということで、これらを合計するとSPUの達成状況次第という面もありますが、合計で20%くらいのポイント還元は目指せるかもしれません。

楽天ビックカメラの来店予約でどのくらいお得になるの?

2023年12月のSPUの内容において、ビックカメラSuicaカードでお買い物をするという前提で考えてみましょう。

・楽天モバイル契約:+4%(上限5万)
・楽天モバイルキャリア決済:+2%(上限5万)
・楽天ひかり/turbo:+2%(上限5万)
・楽天証券利用:+0.5%~1.0%(上限40万)
・楽天ウォレット利用:+0.5%(上限20万)
・楽天トラベル利用:+1%(上限10万)
・楽天ブックス:+0.5%(上限10万)
・楽天kobo:+0.5%(上限10万)
・RakutenPasha:+0.5%(上限20万)
・RakutenFashion:+0.5%(上限20万)
・楽天ビューティー:+0.5%(上限10万)

というように利用サービスに応じて加算されます。全部達成というのは難しいでしょうが、還元の大きい楽天モバイルの契約などがある人はそれだけで+4%なので結構大きいです。楽天市場やビックカメラでのお買い物金額が大きい人は楽天モバイルの契約をしておけば回線料金などは全額モトをとれるくらいのポイント獲得できます。
参考:楽天モバイルの入会キャンペーン、損益分岐点を解説

月間の還元の「上限」が大きく下がった点には注意

2023年12月に楽天のSPUに大きな修正が加えられ還元の上限額が下がりました。上記に記載している通り、還元が大きい楽天モバイル、楽天モバイルキャリア決済、楽天ひかりの契約などは月5万円の利用でポイント還元の「上限」に達します。
そのため、ビックカメラで10万円の高額商品を来店予約して購入をしても、還元されるのは5万円分までなので実質的な還元率は+4%から+2%に下がってしまいます。

もし高額商品を複数買いたいというような場合は、月単位ですので翌月に購入を見合わせるといった調整が可能ならやる価値はあると思います。

楽天市場のSPUと楽天ビックカメラ来店予約SPUは別口

記事途中でも書きましたが、SPUによる還元分は楽天市場利用時のSPUと楽天ビックカメラ来店予約のSPUは「別口」で管理されています。

たとえば、楽天モバイル契約者の+4%分の還元は楽天市場で4万円のお買い物をしたうえで、ビックカメラでも5万円購入した場合、それぞれに4%分の還元が付きます。

・楽天市場分:40000×0.04%=1600P
・ビックカメラ分:50000×0.04%=2000P
合計:3600P

そのため、それぞれの合計金額を合算して調整する必要はありません。
楽天で買い物もするし、生活圏内にビックカメラもあって買い物もするという人は来店予約とSPUを活用すれば、かなりお得にショッピングができるはずです。