dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

日興フロッギーでのdポイント現金化にオススメな株の買い方と売り方。99.7%還元が可能

f:id:showchan82:20200406103357j:plain

日興フロッギーでの株式投資、特にdポイントを使っての運用方法についてdポイントを現金化するという目的に絞った運用方法をいくつか考えてみたのでシェアしていきたいと思います。日興フロッギーは100円からの小額投資が可能ですが、dポイントを投資して現金化するにあたって、いくつかのハードルがあります。

そのハードルを乗り越えて効率的に運用するための方法を紹介します。

証券会社での取引なんてしたことないから不安という方も多いかもしれません。ただ、特に難しく考えなくても、特に投資の事を知らなくても手順通りにやればだれでも可能です。

>>SMBC日興証券公式ホームページ

 

dポイントの現金化を志向する人のフロッギーの問題点

パターンとしてdポイントを日興フロッギー経由で現金化したい人向けの選び方です。日興フロッギーのサービス(dポイント投資を含む)について詳しく知りたい方は以下の記事でまとめています。

dp-invest.hateblo.jp

日興フロッギーを通じてdポイントを現金化することが可能です。ただ、単純に出し入れで現金化をすることができるわけではありません。

  • dポイントをそのまま現金化はできない
  • 手数料が0.5%必要になる
  • 最短でも後場始値、翌日前場始値の価格差がある

dポイントをそのまま現金化はできない

まず、dポイントをそのまま現金化はできません。

あくまでも「株の買い付け」にポイントが使えるというだけです。そのため、株の価格変動リスクに加えて、売買手数料が必要になります。

0.5%の手数料がかかる

まずは手数料。日興フロッギーでは100万円以下の買い付け時には手数料はかかりませんが、売却時は0.5%の手数料がかかります(100万円以下)。そのため、まったく価格変動がないとしても、0.5%分は目減りすることになります。

ただ、日興フロッギーでは売却時に500円につき1ポイント(0.2%)相当のポイント還元の仕組みがあります。0.5%の手数料がかかるけど0.2%分がポイント還元されるので、実質的なコストは0.3%となります。

となるとそもそもdポイントの現金化率は99.7%という極めて高い水準になります。

最短でも後場始値、翌日前場始値の価格差がある

続いては売買のタイミングです。まず、日興フロッギーは一般的な株の売買と成立する時間帯が異なります。

f:id:showchan82:20200401163538p:plain

朝8時までに出された注文が当日の前場(始値)で決まります。そして8時~11時30分までの注文が後場(始値)で決まります。

前場に買って、後場に即売るということはできません。最短でも1日またぎをすることになります。

現金化をするなら価格変動リスクを減らすため、買ってすぐに売るというのがセオリーとなるはずですが、最短でも当日後場と翌日前場の価格差が生じることになります。一晩空くことになるので、場合によってはそれなりの値動きがでてしまいます。

なので、dポイントの現金化を目的に普通に株を売買するというのは少しだけリスクがあります。

ただし、以下の方法を使えば実質的な株価変動リスクをゼロにできます。

 

日経ETF+日経インバースETFを同額購入して売る(オススメ)

メチャクチャ簡単な方法がこれです。相場の変動によるリスクもありません。

 こうした問題を解決するための買い方、売り方として、逆の値動きをする株を購入することで価格変動リスクを限りなく小さくするという方法があります。正直この方法が一番おすすめです。

日経平均に連動するETFと日経平均に逆連動(インバース)するETFを同額ずつ購入し、翌日に両方とも売却します。

双方逆連動する商品なので片方が下落すれば、もう片方が上昇するので価格差による損益は理論上ゼロになります。

損益はそれぞれ通算されますので、株の税金もかかりません。手数料分(実質0.1%)だけがかかるので、ポイント投資をした99.9%分が戻ります。

  • 1321:日経225連動型上場投資信託
  • 1571:日経インバース

上記両銘柄が対象ですね。日興フロッギーで扱いがあります。個人的にはこれがベストな方法だと思います。

f:id:showchan82:20200511172535p:plain

dポイント現金化注文

金額は1万円分ですが、最低100円(売り買い合わせて200円)から現金化注文が可能となります。

手順を簡単に書くと以下の通りやればOKです。2つのETFを買う必要がありますが、金額は同じにします。たとえば1000ポイントを現金化したいなら225投信を500円分、日経インバETFを500円分買います。

  1. 日興フロッギーにログイン(要口座開設)
  2. 右上にある「虫眼鏡マーク」をタップ
  3. 1321と入力して検索する
  4. 「225投信」が表示されるので買い注文を出して完了させる
  5. 次は「虫眼鏡マーク」をタップし
  6. 1571と入力し「日経インバETF」を同額購入する
  7. 翌日以降、買っている1321と1571を全額売却する

手順はこれだけでOKです。

売買するタイミングは必ず同じにしてくださいね。ただ、日興フロッギーは即時売買成立ではないので、神経質になる必要はありません。 オーダーした時間と約定のタイミングは以下のようになっているので、同じ色の所で注文を出せばOKです。

よくわからない場合、「Twitter(@showchan82)」などでお尋ねください。

f:id:showchan82:20200401163538p:plain

日興フロッギーでの注文と売買タイミング

>>SMBC日興証券公式ホームページ

現金化の注文をする時のコツ

なるべく小額ではなくまとまった金額で注文するほうがいいです。

100円×2の200円から最小で現金化できますが、小数点第6位以下が切り捨てられる関係上、どうしても損失が生じてしまうからです。

最低でも500円(合計1000P)くらいで注文するようにしましょう。

 

dポイントの現金化としては現在最高効率

これまでdポイントを現金化する方法としては「ジェフグルメカード」などが代表的でしたが、この日興フロッギーが登場したことで、この方法での現金化が一番簡単かつ確実です。

dp-invest.hateblo.jp

dポイントはポイントとして使うとポイント還元がされないポイントなので、換金してから再度dカードやd払いなどで支払いをするほうがポイント還元率的にお得になります。

 

現金化したポイントはIPO抽選に回す!

私はdポイントを現金化した際はすぐに引き出さずIPO抽選のための資金としてプールしています。SMBC日興証券は大手総合証券という事もあって、IPO引き受け件数が多いです。

IPOは当たれば高いリターンが期待できます。

SMBC日興証券は主幹事となることも多いので、数万~の資金は最低プールしています。

dポイント投資やキャンペーンでもらったポイント→日興フロッギーで現金化→IPOで爆益狙いというゴールデンルートを狙っています。皆さんも是非!

>>SMBC日興証券(日興フロッギー)公式ホームページ

 

日興フロッギー(SMBC日興証券)をうまく活用しましょう。