ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

楽天キャッシュ投資 電子マネーで積立投資がサービス開始 ポイ活投資でお得に投資

著者:しょうこちゃん

楽天証券ではすでに、楽天カードを使った投資信託の積立サービスを行っています。ほかにもSBI証券、auカブコム証券、マネックス証券、tsumiki証券といった各社もクレカでの積立投資サービスを実施していますね。

そん中、かねてよりサービス自体は発表されていましたが、2022年6月19日~楽天キャッシュ(電子マネー)を利用して投資信託の購入ができるサービスが始まります。

電子マネーで投資信託が買えるようになるというのは国内証券会社では「初」の取り組みになると思います。うまく使えばお得でしかないので上手に活用していきましょう。

\ 楽天キャッシュ投資スタート /

楽天証券公式ホームページ

楽天キャッシュで投信積立の仕組み

楽天キャッシュというのは楽天が提供しているオンライン決済用の電子マネーです。あらかじめチャージをして利用するタイプとなっていて、楽天カードなどを通じてチャージすることになります。

チャージした残高は楽天市場などの楽天サービスで使用できるほか、楽天ペイアプリを使った決済にも利用できます。

  • 基本型
  • プレミアム型

の二種類があり、プレミアム型(銀行口座からのチャージやラクマの売上金など)については楽天銀行宛てに出金することもできます。一方で楽天カードや楽天ギフトカードなどからチャージした残高は基本型となり出金はできません。

今回の楽天証券での投信積立に対しては楽天キャッシュは基本型でもプレミアム型でもどちらも対象になるようです。

公式サイトでは上記のような流れで楽天証券での楽天キャッシュ投資(積立)ができるようになると解説されていますね。

 

楽天キャッシュで投信積立の基本情報

  • 投資対象:投資信託
  • 積立締切:毎月12日(初回締め切り:7月12日)
  • 支払日:投資前月の13日(初回は7月13日~15日)
  • 積立日:1日~29日の間で選択可能
  • 上限額:50000円/月
  • ポイント還元:後述

サービス開始は6月19日です。初回の積立設定の締め切りは7月12日で、8月1日~積立の設定ができます。積立日を変更できるのは特徴的ですね。毎月12日までなら翌月の積立設定を変更可能です。

すでに楽天カードでの投信積立をしている方は、同日にするか、別日にするかを考える必要がありますね。楽天カードの方の積立日は1日(または8日)ですね。私は楽天カードの積立日の「1日」に合わせる形にしようと思っています。

なお、楽天キャッシュ投資の投資金額は投資前月の13日~15日の間に引き落とされます。ちゃんと事前にチャージしておきましょうね。

ちなみに、楽天キャッシュは出金可能な「プレミアム型」と出金不可な「基本型」があります。楽天キャッシュでお買い物をすると何故か使い勝手の広い「プレミアム型」が先に消化されるという罠があります。ラクマの売上金、楽天アフィリエイトの収入などがある人はご注意くださいませ。プレミアム型の残高は毎月12日までに出金しておかないといけないですね。

 

楽天キャッシュでの投信積立のポイント還元のしくみ

楽天キャッシュ投資のポイント還元率は1%と表示されていますが、実際のところは以下のようになっています。

  1. 楽天キャッシュのチャージポイント:楽天カード経由で0.5%
  2. 楽天キャッシュを投資の際にたまるポイント:0.5%(ただし2022年8月~12月の4か月分のみ)

(1)についてはずっと継続ですが、(2)の方は開始から4カ月限定です。なので、実質的には楽天キャッシュのポイント還元率は0.5%ということになりますね。

 

楽天キャッシュの残高をお得に手に入れる方法

楽天キャッシュ投資は原則として投資信託の買付時にはポイントは付与されず、楽天キャッシュをチャージするときに還元があるというタテツケになっています。楽天キャッシュへのチャージは「楽天カード」を使えば0.5%還元となるので楽天証券などでは0.5%のポイント還元と表示されていますね。

一方で楽天キャッシュのチャージ方法は楽天カードからチャージだけではありません。ほかにもいくつかの方法があります。

  1. 楽天カードからチャージする(還元率0.5%)
  2. 楽天ギフトカード(POSA)を購入する
  3. 毎月1日にチャージ(ギフトカードの追加)をする

 

楽天カードからチャージする(還元率0.5%)

楽天カードで楽天キャッシュをチャージすると0.5%分のポイント還元があります。これが最もスタンダードなやり方になると思います。

楽天証券のサイト上ではオートチャージの設定もできます。常に残高が5万円以上になるように設定することもでき、これを設定しておけばチャージし忘れて投資できなかったというリスクをなくすことができます。

面倒くさがり屋さんはこちらの方がいいかもしれませんね。

 

楽天ギフトカード(POSAカード)からチャージする(還元率1%~)

2022年6月からコンビニで楽天ギフトカードというPOSA(レジで支払いをすることで有効化されるプリペイドカード)が販売されています。この楽天ギフトカードは「楽天キャッシュ(基本型)」となります。

つまり、コンビニで楽天ギフトカードを購入してチャージすれば、そのチャージ残高で楽天証券で投信積立ができます。

セブンイレブンならnanaco、ファミマならFamiPay、ミニストップならWAONを通じて購入できます。

これらのコンビニでPOSAカードを電子マネーで購入する方法は上手くチャージや決済を利用することでお得に購入できます。

〇セブンイレブン
nanacoでチャージでポイント還元(0.5%~)があります。セブンカード・プラス以外にもiPhoneをお持ちの方はApplePay経由でチャージすると1%超のポイント還元が取れるルートもあります。
参考:nanacoへのチャージをお得にする方法

〇ファミマ
FamiPayで購入ができます。ファミマTカードからのチャージ時(0.5%~)の還元だけでなく、POSA購入時のポイント還元(0.5%)もあるのでお手軽に1%還元があります。ファミマTカードの場合はサンクスポイントプログラムもあるので+0.3%くらいは取れます。合計で1.3%還元くらいは取れそうです。
参考:ファミマTカードとFamipay攻略

〇ミニストップ
WAONで購入ができます。イオンカードがあればオートチャージでのポイント還元がとれます。ミニストップでのWAON購入時は0.5%(現在キャンペーン中で2倍の1.0%)のポイント還元もあります。イオンカードへのチャージキャンペーンなんかもありますね。
参考:おすすめのイオンカード

この方法だと楽天キャッシュにチャージをするクレジットカードを比較的自由にコントロールできますね。たとえば、クレジットカードの入会キャンペーンで一定金額の利用が必要となるような、いわゆる決済修行にも使えたりします。

 

(おまけ)毎月1日にチャージ(ギフトカードの追加)をする

楽天キャッシュは毎月1日はチャージの日です。運が良ければ以下のポイントが当選します。
楽天カードからのチャージ、楽天ギフトカード(POSA)のチャージも対象なので買ったギフトカードは毎月1日にチャージするようにすればお得ですね。

  • 1等:100名様にチャージ額の100%ポイント還元
  • 2等:300名様にチャージ額の20%ポイント還元
  • 3等:600名様にチャージ額の1%ポイント還元

※抽選の上限還元は2万ポイント

エントリーすればもれなく1ポイントなので、エントリーもお忘れなく。

 

楽天ギフトカード経由で投資する人は「オートチャージ」をオフにしておこう

なお、楽天キャッシュ投資を楽天カード経由ではなく楽天ギフトカード経由でセルフチャージする予定の方は、楽天カード経由のオートチャージ(残高キープチャージ設定)をOFFにしておきましょう。

チャージ設定をOFFにしたい人は「こちら」から解除できます。

 

楽天キャッシュ投資の積立設定のやり方

楽天証券のホームページからログイン後に設定可能です。

投資信託>積立設定>新しく積立するファンドを探す>ファンドを選ぶ>金額と投資日を設定。

これだけで完了します。

なお、このページから「楽天キャッシュのチャージ方法」から楽天キャッシュ残高キープチャージの設定ができます。これを設定しておくと楽天キャッシュの残高が一定額以上になるように自動チャージができるようになります。

チャージには楽天カードが必要です。

なお、残高キープチャージ設定(オートチャージ)をしたくない人にもチャージ設定をさせようとするページ設計になっているので、やりたくない方は、一度設定した後で解除するのもアリです。

 

楽天キャッシュ投資の即売りはあり?なし?

ルール的には即売りは可能です。どちらかと言えば向いている運用商品だといえるでしょう。

 

楽天キャッシュ投資はどう運用するのが良い?楽天カード積立との使い分けはどうする?

楽天キャッシュ投資を考えるにあたって、先行して利用できている楽天カード積立について考える必要があります。

基本的にどちらも月額5万円まで投資可能で併用もできるので10万円までの投資がかのうとなります。ここで大きく考えたいのは、楽天キャッシュ投資は全ファンドが同じ扱いですが、楽天カード投資の場合はポイント還元率が0.2%になるファンドと1.0%のファンドの二つに分かれているという点にあります。

  楽天キャッシュ投資

楽天カード投資

投資可能額 毎月5万円 毎月5万円
投資のタイミング 任意に設定可能 第1営業日(または8日)
ポイント還元

楽天キャッシュのチャージ時
楽天カードでチャージをすれば0.5%還元。コンビニで楽天ギフトカード(POSA)購入時はそれぞれのポイント(1.0%位は取れそう)

楽天キャッシュでの投資時
ポイント付与なし。ただし2022年12月までは0.5%分のポイント付与

積立金額の0.2%または1.0%の楽天カードのポイント付与
投資対象 投資ファンドによる還元率の差はナシ 0.2%還元対象ファンド
信託報酬(代行手数料)が一定以下のファンド。低コストのインデックスファンドなどはこちらになる……

1%還元対象ファンド
上記以外の積立可能なファンド。結果的に信託報酬(運用コスト)がやや割高なファンドに投資することになる。
投資代金の支払い 事前に要チャージ
投資月前月の13日~15日に引落されるので少し早めに残高準備をする必要あり。なお、キャッシュ残高は「プレミアム型」が優先されて消化される変な仕様なのでプレミアム型を持っている人は12日までに出金がおすすめ。
後払い
実質的には投資月の27日に支払い。支払日までに売却すれば実質的な資金負担なしにできる

 

0.2%のファンドに投資をしたいなら楽天キャッシュ投資に変更する方が良い

もし、すでに楽天カード積立投資をしていて、投資ファンドが0.2%のポイント還元対象のファンドであるという場合は、楽天カード投資で投資しているファンドを楽天キャッシュ投資に切り替える方が良いですね。

ちなみに、0.2%ポイント還元対象のファンドは「こちら」から確認をすることができますよ。

このやっかいな0.2%ファンドの攻略は「楽天カード積立」の方で紹介していますが、低コストのインデックスファンドは0.2%還元になってしまいます。

じゃあ1.0%の対象のファンドで積立投資をするという考えもないわけではありませんが、1%還元の対象ファンドは信託報酬(手数料)が高く、運用コストが割高となってしまいます。

この信託報酬は一度きりの手数料ではなく運用期間中にずっと発生する手数料になります。そのため、コストが複利的に働いてしまいます。結果として長期投資には向かないということになります。

以上を考えると、楽天カード積立投資は長期投資には向かないということになります。

一方で楽天キャッシュ投資は投資するファンドによる還元率の差はありません。ということであれば、長期投資目的でやるなら楽天キャッシュ投資をやる方がメリットが高いと言えそうです。

(と、いうよりは楽天カード積立が長期投資に向かなくなったという話です)。

 

楽天キャッシュ投資で即売りはできる?

楽天カード積立と比較して長期投資に向く楽天キャッシュ投資ですが、長期目的だけではなく短期投資でも十分リターンはあります。

楽天キャッシュ投資の場合、チャージで得られるポイント還元(0.5%~)のポイント収益が得られます。

投資対象は何でもOKなので国内債券型の投資信託(eMAXIS Slim国内債券など)であれば、基本的には負けない運用にできるはずです。

参考:国内債券型投資信託の1日あたりのリスクとクレカ等でのポイント目当て投資の期待リターン

短期的に負ける可能性がないわけではありません。ただし、回数を重ねてリスクを平準化できればほぼ負けることはないはずです。

チャージ方法を工夫して1%還元とかにできれば余裕でプラスですね。

 

楽天カード積立と楽天キャッシュ投資は両方やる?片方やる?

私は両方やります。

前述の通り楽天カード積立の方は長期投資に向かないイメージなので売却目線での運用をします。具体的には1%還元になるファンドを選ぶ。

一方で楽天キャッシュ投資の方は基本積立目線行こうと思います。

 

もちろん、他社のクレカ積立もあるでしょうし、楽天キャッシュ投資もカード積立も両方とも全売却という方針でもよいかもしれません。