dポイント投資の攻略ブログ、後出しジャンケン投資

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。毎日の私のdポイント投資の投資判断の他、dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

楽天ポイントでもポイント運用がスタート。投信ポイント買付やdポイント投資との違い

f:id:showchan82:20181004090926p:plain

楽天ポイントが「ポイント運用 by 楽天PointClub」というサービスを開始しました。

お買い物などで貯めている「楽天ポイント」を使って疑似的に投資信託投資を体験することができるプログラムとなっています。

「ポイント運用 by 楽天PointClub」は、楽天会員が、楽天の提供する各種サービスや提携する店舗で貯まった楽天ポイントを活用して投資体験ができるサービスで、楽天証券の口座がなくても、楽天ポイントをお持ちの方であれば、誰でも利用することが可能です。お客様は、「アクティブコース」・「バランスコース」の2コースから自分の好みに応じた運用コースを選択し、ポイント数を設定するだけで、運用を開始できます。

point.rakuten.co.jp

このブログで紹介しているdポイント投資と似たサービスになっていますね。一方で楽天ポイントはすでに、楽天証券で投資信託の買い付けにポイントを使えるサービスをやっていますが、これとは別物ですね。

money-lifehack.com

 

楽天ポイント運用サービスと投信買い付けサービスの違いを比較

  ポイント運用 投資信託ポイント買付
購入対象 アクティブコース、バランスコースの選択 楽天証券で扱う投資信託すべてから選択できる
購入の条件等 100ポイント単位 1ポイント以上1ポイント単位。楽天証券に預けている預かり金との併用も可能。最低100円分~
利用可能なポイント 通常ポイントのみ 通常ポイントのみ
利用上限 各コース3万ポイントまで 上限なし
売却時の扱い 楽天ポイントとして戻る 現金として戻る
儲けに対する税の扱い 一時所得(ポイント運用と税金 株式等の譲渡所得

 

こんな感じなりますね。投資信託ポイント買付は実質的には楽天ポイントを現金化してくれてそれで、楽天証券内で投資信託を買うという形です。

一方のポイント運用はあくまでもポイントとして運用する形で、楽天証券の口座もいりませんし、売ったら楽天ポイントとして戻ってきます。

 

dポイント投資と同じ、後出しジャンケンはできるか?

楽天ポイント運用は仕組み的にはdポイント投資と似ています。ただし決定的に違う点があります。それはdポイント投資の強みである「後出しジャンケン」が実際にはできないことです。

dp-invest.hateblo.jp

上記記事でも紹介していますが、dポイント投資は前日のTHEOグロースAI、THEOインカムAIの値動きで当日に価格が決まります。価格決定前にもポイントを引き出せるので、実質ほぼノーリスクで運用が可能です。

 

一方の楽天ポイント運用はどうでしょうか?

f:id:showchan82:20181004085729p:plain

営業日14:00までの受付で、翌営業日の基準価額で運用が開始されます。基準価額は、翌営業日22:00以降に確定します。 ※ポイント数は、運用開始の翌営業日22:00以降に変動します(小数点以下の変動は切り捨て)

このような仕組みで運用されます。注文(ポイント組み入れ)から運用開始までタイムラグがあります。しかも価格決定は後からですね。

手続き中のお取引がある場合は、確定まで次の追加・引き出しは出来ません。
とも書かれていますので、運用開始から価格変動までにポイントを引き出すことができないと考えられます。そのため、ポイント運用としての旨みはないと思われます。
 
また、そもそも論ですが、運用可能なポイント数が3万ポイントが上限となっているので、運用する旨みもあまりないですね。
 
まぁ、そんな感じです。新しいポイント運用サービスが登場したのはいいですけど、dポイント投資から乗り換えるメリットがある投資ではないですね。
 
(追記)
ちなみに、楽天ポイントに関連する投資については「楽天カード」を使って楽天証券で投信の積立投資ができて、なおかつポイントももらえるというサービスが2018年10月末にスタートしました。
下手に楽天ポイント運用をするよりは、こっちを使ったほうが楽にポイントが稼げるかもしれませんよ。