dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

dポイントの出口戦略。大量dポイントをどう消費するか?おすすめの方法を紹介

f:id:showchan82:20190625071535j:plain

dポイント投資の改悪もあって、6月でdポイント投資を卒業するという方も多いのではないでしょうか。dポイント投資を続けて数十万、数百万というまとまったdポイントを運用している方も多いハズ。

そんな大量のでポイントの出口戦略をどうするべきなのか?ということについて色々紹介していきたいと思います。

必ずしも“超お得”な交換方法というわけではなく、まとまったポイントの使い道としての出口戦略です。

 

ポイント交換で消費する

dポイントを別のポイントに交換するルートはあまりありません。JALマイルへの交換は50%還元となります。特典航空券と交換するならいいかもですね。

  • JALマイル(2P→1マイル:月間4万ポイントまで)
  • Pontaポイント(5250ポイント→5000ポイント)
  • 自治体ポイント(5250ポイント→5000ポイント)

Pontaポイントや自治体ポイントへの交換はレートが落ちます。あえてレートを落としてまで交換する先ではないかと思います。

JALマイルの価値はいくら?」でも取り上げられていますが、マイルの利用価値は使い方で変わります。JALマイルは大量にあれば、海外旅行などへ特典航空券で旅行できたりもするのでdポイント投資の大量dポイントの出口としては有効な交換先だと思います。

 

dポイントのスペシャルクーポンとの交換に使う

dp-invest.hateblo.jp

ドコモ歴10年以上の方限定ですが、スペシャルクーポンと交換する手もあります。中でもお得なのは「ジェフグルメカード」ですね。

1アカウントあたり、年間で10万円分(98000ポイント)まで交換可能です。

ポイント共有グループでも応募可能ですが、dポイントクラブのランクが4th(10年以上契約)である必要がありますので、家族回線で対象ならOKですが、ポイント投資のためだけのサブ垢だと利用できません。

ジェフグルメカードは換金や買取は禁止となっているので基本的にはレストラン等で利用するのが前提ですが、なぜか金券ショップで販売されているので、推奨はしませんが、現金化できないわけではありませんね。

お釣りの出るギフト券なのでお気に入りのお店で外食に使うのを勧めます。

 

お買い物に使う

dポイントはdポイント加盟店やd払い加盟店、dマーケットなどで1ポイント=1円として利用できます。ポイントを使ってお買い物をするのであれば現金代わりに使えます。

なお、dポイントの場合、基本的に“ポイント払い分はポイント付与対象外”となります。ポイントの価値を高めるのであれば、もうちょっと使い道を考えたいところです。

これまで貴重なdポイントを1pt=1円で使うのはもったいなかったのですが、dポイント投資が改悪された今となっては、じゃんじゃん消費していきましょう。

  • iDキャッシュバック(ポイント還元対象)
  • dショッピングデーで使う(ポイント還元対象)
  • dカード プリペイドにチャージ(ポイント還元対象)
  • ポン活【ローソンお試し引換券】で使う
  • d払い、dポイント加盟店で使う
  • ドコモの携帯電話料金の支払いに充当する

iDキャッシュバック

使い勝手だけじゃなくて利用価値がが高いのはiDキャッシュバックですね。

2019年6月からはdポイントスーパー還元プログラムも始まるので、dポイント→iDキャッシュバック→dカード(iD)決済がポイント還元率も高く使い勝手がいいです。

 

dショッピングデー(ファッションデー、デリバリーデー)で使う

毎月10日、20日、30日は「dショッピングデー」です。dショッピング、dファッション、dデリバリーがポイント20%還元となります。

dp-invest.hateblo.jp

dポイントを使った決済も20%還元”となりますので、dポイントの大量消費としてもおすすめです。

 

dカード プリペイドにチャージ(ポイント還元対象)

ドコモ経済圏(dポイント経済圏)以外でのお買い物に使いたいならdプリペイドというmastercardブランドのプリペイドカードとなります。

マスターカードの加盟店でカード払いができます。月々1万ptが上限ですが、dポイント(通常ポイント)をチャージすることが出来、クレカと同じようにお買い物に使えます。

ドコモ以外のお買い物で幅広く使えるうえ、チャージしたdポイントに対しても200円につき1ptのポイント還元があるのがうれしいです。

 

ポン活【ローソンお試し引換券】で使う

dポイントの価値を高めて使えるのがローソンの「お試し引換券」との交換ですね。ロッピーでdポイントを使ってクーポン券を発行できます。

dp-invest.hateblo.jp

少ないポイントでお菓子、食品、ジュース、牛乳、ビール、お酒といったようにいろいろな商品が登録されています。dポイントの1ptあたりの価値を高めて使うことができます。

でも、ダイエットの敵です。

 

d払い、dポイント加盟店で消費する

お得度はここまで紹介した使い方と比べると小さいです。

dポイントはd払い(スマホ決済/ネット決済)でdポイント払いが可能です。また、dポイントカード加盟店ならポイントカード払いもできます。

オンラインショッピング、街のお店の両方で加盟店が大きく伸びているので、それらで“ポイント払い”でお買い物ができます。

 

ドコモの携帯電話料金の支払いに充当する

毎月のドコモの携帯電話料金に1pt単位でポイントを充当することができます(通常ポイントのみ)ポイント共有グループを利用している場合、グループ内の携帯料金にも充当可能です。

また、機種変更時などドコモオンラインショップでの端末購入にもdポイントは使えます。こちらは期間・用途限定ポイントもOKです。

 

 dポイントは使い道も多いので上手に消費しましょう

 dポイントは色々な使い道があります。

特におすすめなのは、期間・用途限定ポイントはdショッピングデー(dショッピング/dファッション/dデリバリー)か、ジェフグルメカードで消化しつつ、通常ポイントはiDキャッシュバックかなー、と思います。

マイラーの方はJALマイルっていう選択肢もありますけど、メチャクチャレートが良いってわけではないのでご注意って感じですかね。

 

そんな感じです。新dポイント投資はもういいやって方は参考にしてください。