dポイント投資の攻略ブログ

ポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスなどお得情報発信

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

上新電機の株主優待は1株投資で5000円の端株優待で優待利回りは200%超

f:id:showchan82:20200218010923p:plain

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)やLINE証券、日興フロッギーといった小額投資向けの証券会社を使えば、1株単位の単元未満株取引が手軽に始められます。

そんな単元未満株取引(100株未満)の投資でも株主優待がもらえるケースがあります。そんな優待を「端株優待」と言います。

そんな端株優待の中でも、私がおすすめする銘柄を紹介していきます。

今回紹介するのは「上新電機(8173)」です。家電専門店「Joshin」で知られており、ドコモ(dポイント)との関係も深い電器店ですね。こちら、1株ホルダーにも株主優待が提供されることで有名です。

優待利回りは驚異の100%超えが可能な銘柄です。

 

上新電機の株主優待

上新電機の株主優待

上新電機の株主優待

毎年3月末、9月末の株主に対して自社ショップで利用可能時な優待券を提供しています。1枚200円のチケットで2000円につき1枚利用可能(実質10%オフ)です。

<3月末>

  • 100株以上:11枚(2200円相当)
  • 500株以上:60枚(12000円相当)
  • 2500株以上:120枚(24000円相当)
  • 5000株以上:180枚(36000円相当)

<9月末>

  • 1株以上:25枚(5000円相当)

となっています。

3月末と9月末で優待を出しています。

3月末の分は100株以上の投資が必要になるのですが、注目は9月の1株以上で25枚(5000円相当)という部分です。9月分に関しては1株で25枚(5000円相当)の優待がもらえちゃうんです。

端株優待は隠れている(公開されていない)ことが多いのですが、上新電機さんは公開しています。隠れ優待ではありません。

 

優待利回りは驚異の200%超え

2020年9月3日終値は2,337円です。1株投資でOKなわけですから、2,337円の投資で5000円分の株主優待がもらえる計算になります。

1回の優待受取で投資が全額回収できちゃう計算になります。端株優待銘柄の中でもぶっちぎりのお得度がある優待の一つです。

 

ジョーシン使わないよって人は売っちゃえばOK

私は福岡市民で福岡にはジョーシンはありません。でも大丈夫。そういう人は優待券をメルカリで売りましょう(笑)

ちょっと前から出品禁止になっていた株主優待券は出品OKになりました。

メルカリで売られている上新電機優待券

メルカリで売られている上新電機優待券

さすがに、額面では売れませんが、上の画像にあるように5000円相当が1500円くらいでは売れています。メルカリの手数料(10%)を差し引いても1,300円くらいは手元に入ってくるでしょう。

2100円の投資から考えれば転売しても60%近いリターンが見込めるということになります。

 

上新電機の株を1株買うのにおすすめの証券会社

1株投資をするのであれば、通常の証券会社だと手数料が高すぎて割に合いません。小額投資が前提のネット証券を活用しましょう。

小額投資に向くネット証券は以下の3社があります。

SBIネオモバイル証券 1株投資は一番やりやすい。大部分の銘柄に1株単位で投資可能。Tポイントを使って株式の買い付けも可能。
>>ネオモバの詳細
LINE証券 LINEポイントを使って投資ができる。投資可能な銘柄数が少ないのが難点。
>>LINE証券の詳細
日興フロッギー 500円単位の金額単位で株投資ができるのが魅力。一方で株数単位の投資にはやや不向き。
>>日興フロッギーの詳細

この中でも1株単位の投資で優待がもらえるということを考えると株数単位で投資ができるほうが有利です。日興フロッギーは100株未満の名義は自分名義にならないのでダメ。

LINE証券は上新電機の取り扱いなしです。

というわけで、上新電機の端株優待をもらうならネオモバ(SBIネオモバイル証券)一択ですね。

>>ネオモバ(SBIネオモバイル証券)の申込はこちらから

今後もちょいちょい、1株投資に向いている端株優待を紹介していきます。

 

dp-invest.hateblo.jp

【免責】
※株主優待制度については企業が独自の判断で取りやめをするケースがあります。特に端株優待については告知されずにサイレント修正されることもあるので、あくまでも過去の情報としてご利用ください。

※こちらの記事における「おすすめ」という表現は株主優待の内容・リターンが優れていると思うという意味でのおすすめです。今後同社の株価が上昇することを保証するものではありません。