ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

スマホで読める新聞!情報収集ツールとして優秀な楽天証券の日経テレコン 日経新聞 / 日経MJ / 日経産業新聞が読める

著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20200804072904p:plain

新聞取ってる人って今かなり減っていますよね。とはいえ、様々なニュースをとりあえずひとまとめに読めるツールとして新聞というツール自体は有効だと思っています。

そんな新聞のニュースを無料で、かつスマホやパソコンで手軽に読めるツールが楽天証券がユーザー向けに提供している「日経テレコン(楽天証券版)」です。

これを利用すれば、日経新聞記事(当日)だけでなく、気になるキーワードで過去の記事を検索できたりします。WEB版のように途中から有料記事ということもありません。

株取引のための情報ツールとしてはもちろん、ビジネスマンの方が使う情報ツールとしてもメチャクチャ有用です。

\ 日経テレコン楽天証券版が無料 /

楽天証券公式ホームページ

無料で使える日経テレコン(楽天証券版)

日経テレコンというのは、日本経済新聞社が提供するデータベースサービス。過去の新聞・雑誌記事に加えて、国内120万社の企業情報、人事情報までを手に入れることができます。通常版は月額8,000円(税別)なのですが、楽天証券ではそのサービス内容をコンパクトにした形で、自社ユーザーに対して無料で提供してます。

8000円の価値があるわけではなく、その日経テレコンの一部機能だけが利用でk理宇機能制限版ではありますが、情報収集ツール、新聞ツールとしてかなりお役に立ちます。実質的にではありますが、日経新聞や日経MJ、日経産業新聞といった新聞を読むことができるからです。

楽天証券で無料で使える日経テレコン(楽天証券版)をうまく利用していきましょう。

 

日経テレコン(楽天証券版)を使うには?

利用するには楽天証券の証券口座が必要になります。口座開設は無料ですし、管理費や有料ツールなどの利用料金も不要です。

<PC版の使い方>
楽天証券の「Market Speed」というソフトをPCにインストールして利用します。同ソフトウェアはかつては有料サービスでしたが、現在は完全無料で利用することができます。Market Speedを起動>ニュース>日経テレコン21

<スマホ版の使い方>
楽天証券のスマホアプリ「iSpeed」をダウンロードしてそちらからアクセスします。iOS、Androidのどちらにも対応しています。
iSpeed起動>真ん中あたりの「日経テレコン」のアイコンをタップ

こんな感じです。

口座を持っていない方はまずは、楽天証券の口座を開設してください。

\ 日経テレコン楽天証券版が無料 /

楽天証券公式ホームページ

日経テレコン(楽天証券版)の使い方 スマホアプリ解説

iSpeedアプリをインストールして、口座開設時に受け取ったIDとPWでログインをします。ログイン後画面の「日経テレコン」のアイコンをタップすると以下のようなページに飛びます。

f:id:showchan82:20200804065031j:plain

日経テレコン(楽天証券版)

メニューバーをタップすると、「きょうの新聞」「記事検索」などが表示されます。この二つの機能が秀逸です。

 

毎朝の新聞を読むことができる「きょうの新聞」

朝イチから今日の日経新聞のほとんどの記事の「全文」を読めます。日経産業新聞なども読めちゃいますよ。地方版にも対応しているし、ほかの地域のも読めます。たとえば私は福岡在住なので本来の誌面は九州版ですが、関東版を読むこともできます。

毎日の新聞を読めます。前述のメニューで「きょうの新聞」をタップする感じです。

f:id:showchan82:20200804065145j:plain

きょうの新聞の一例

ちなみに、上記は日経新聞を選択していますが、切り替えをすることで以下の新聞も読むことができます。

  • 日経新聞朝刊
  • 日経新聞夕刊
  • 日経産業新聞
  • 日経MJ(流通新聞)
  • 日経地方経済面
  • 日経プラスワン

かなりの情報ボリュームになります。専門紙も読めるのはいいですよね。

 

当日だけでなく、過去記事の検索もできる

調べ物をするときとかに重宝します。過去をたどっていけるので状況が刻々と変化するような話であれば過去を追って調べることもできます。仕事や日常でも色々使えるはずです。

最初の画面の「記事検索」の所からは過去の記事の検索もできます。キーワードで検索することができるので、自分が深く調べたいことをより詳しく調べることが可能です。

こちらの過去記事検索もきょうの新聞と同様に、

  • 日経新聞朝刊
  • 日経新聞夕刊
  • 日経産業新聞
  • 日経MJ(流通新聞)
  • 日経地方経済面
  • 日経プラスワン

と多くの新聞媒体から検索できます。たとえば「dポイント」で調べるとdポイントというキーワードが含まれている過去の新聞記事を探すことができます。

f:id:showchan82:20200804065243j:plain

キーワードで過去の新聞記事を探せる

こんな感じですね。物事を調べたい時に過去のニュースを知ることができるというのはかなり役立ちます。

株式投資をする時の銘柄(企業名)で検索するのもいいですね。他にも取引先の企業名やサービス名を調べたり、競合他社がどのように新聞で取り上げられているのかを調べたりすることにも使えます。

ちなみに、上記はスマホ版ですが、PC版も用意されています。調べ物をする時などはパソコンの表がいいかもしれませんね。

 

日経テレコン(楽天証券版)が無料で使える

日経新聞は電子版のみの購読でも月間4,277円(税込)の料金が必要になります。紙の新聞と組み合わせるWプランになると5,000円~5,900円です。結構お高いですよね。

ただ、楽天証券に口座を作ればだれでも上記で紹介した日経テレコンを無料で利用できます。楽天証券の口座維持には1円もお金はかかりませんので、こうした情報を無料で手に入れることができるというのは非常に大きなメリットがあります。

楽天証券に口座を持っている人はぜひ活用しましょう。まだ、口座を持っていない人でも無料で口座を作っておくだけで情報収集ツールとして利用できちゃいます。

\ 日経テレコン楽天証券版が無料 /

楽天証券公式ホームページ

楽天証券ユーザーの方が日経テレコンを利用するまでの具体的な使い方を紹介していきます。

 

日経テレコンがあれば新聞はいらない?

必ずしも日経テレコンは新聞を代替するものではないと言ことも併せて紹介しておきます。

新聞の場合、より重要な記事は大きく目立つ位置に掲載されていたり、大きく写真が掲載されていたりします。無意識のうちに重要なニュースを理解できるような点は紙の新聞ならではですね。

紙の新聞と日経テレコンを併用するとうのも一つかもしれませんし、経済新聞は日経テレコンを活用し、紙の新聞は他の新聞を取るというのも一つかもしれません。

とはいえ、このような便利な機能を無料で提供してくれる楽天証券さんに感謝をしながら、上手に活用していきましょう

 

おまけ 楽天証券に口座を作ったら、楽天カードや楽天キャッシュで積立投資をしよう、ポイント目的でもお得

せっかく楽天証券に口座を作ったのであれば、日経テレコンの機能を活用するだけじゃなくて実際に投資をしてみましょう。

楽天証券は投資初心者の方でもおすすめの「楽天カード」や「楽天キャッシュ」を使った積立投資ができるようになっています。

参考①:楽天カードを使った積立投資

dp-invest.hateblo.jp

参考②:楽天キャッシュ(電子マネー)を使った積立投資

dp-invest.hateblo.jp

積立をするだけでなく、ポイント還元も受けらえるので上手に利用すればかなりお得ですし、若干、邪道ではありますが、ポイント目的で投資をすることだってできます。切口はポイント目当てでも、そのポイントで獲得したポイントで実際に投資をしていけばリスクをほぼ減らして、資産形成が可能です。

入口としてもすごくお勧めです。

>>楽天証券公式ホームページ