ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

<週末限定>リクルートカード申込で還元が大幅アップ。1.2%還元の年会費無料クレジットカード

f:id:showchan82:20211107215153p:plain

年会費無料で1.2%ポイント還元と基本スペックが高いリクルートカード。基本ポイント還元率がそこそこ高いカードとして色々と使い勝手の良いクレジットカードです。

貯まるポイントはリクルートポイント。リクルートポイントはPontaポイント、リクルートポイントに交換できますので、非常に使い勝手の良いポイントです。

最近は私もPontaポイント経済圏(au経済圏)を活用させてもらう機会が増えておりPontaポイントを手軽に獲得できるカードです。各種電子マネーへのチャージも月額3万円までと制限はあるものの可能で、汎用性の高いクレカです。

 

リクルートカード(クレジットカード)の基本情報

  • 年会費:無料
  • 国際ブランド:mastercard,visa,JCB
  • ポイント還元:1.2%
  • 旅行傷害保険(利用付帯):海外2000万、国内1000万
  • ショッピング保険:200万円(年間)

年会費無料のクレジットカードとしてはポイント還元率の高いカードとして有名です。ポイント還元はリクルートポイントですが、イコールPontaポイント、あるいはdポイントとなります。

ただし、キャンペーン等で受け取れるポイントは利用がリクルート系に限られる「限定ポイント」ですのでご注意ください。

公式キャンペーン、JCBカード限定で6000P還元(週末は2000P上乗せ)

リクルートカードは継続的に週末キャンペーンを行っています。毎週金曜日10時~月曜日9時59分の期間中に発行すると6000P+2000Pの8000O還元です。

  1. 入会:1000ポイント
  2. 初回利用:3000ポイント
  3. 携帯電話料金の支払い:4000ポイント

(3)は手続きが必要ですが、(1)と(2)は楽勝ですね。

入会ポイントはカード入会でもらえます。カード入会後に同カードのマイページにログインして受取ボタンをクリックすればもらえます。

続いての初回利用はカード発行から60日以内にカードを利用すればOK。電子マネーのチャージも対象です。

最後の携帯電話料金の支払いは「NTTドコモ、au、softbank、Y!モバイル、ahamo、povo、LINEMO」の携帯電話料金の支払い(自動振替)をリクルートカードとした方が対象です。ドコモ(ahamo)料金の支払いにして「Kindle100%還元本」と連携して……という事も可能ですね。

 

ポイントサイトも経由すればさらに+αのポイント還元

直接申し込みをすれば公式CPだけしか適用されませんが、ポイントサイトを経由すればさらに+αがあります。

2021年11月7日時点ではポイントサイトの「ポイントタウン」経由でリクルートカードを作成すれば6000円相当のポイント還元があります。

<条件>
・新規カード発行(JCB、Mastercard、VISA)

ポイントタウン会員登録はこちら

ブランドはどれでもいいですが、公式キャンペーンの対象になるのはJCBオンリーなのでJCBカードで作っておくのが良いですね。

 

リクルートカードのお得な使い方

リクルートカードはポイント還元率が高いという点がおとくな要素ですが、お買い物以外にも以下のような活用方法があります。

リクルートカードでnanacoチャージはできる?

2020年3月11日以降はリクルートカードなどの他社カードを紐づけすることができなくなりました。古いサイトなどではnanaco×リクルートカードの組み合わせなどが紹介されることもありますが、現在は利用不可です。

ただし、2021年10月からnanacoがApplePayにも対応しているので、ApplePay経由でnanacoチャージをすればリクルートカードも対象とすることができるようになりました。なお、チャージでポイント還元となるのは月3万円までとなります。

ファミペイへのチャージにもJCBブランドは対象に

また、ファミリーマートのFamiPayへのチャージも2021年9月28日より他社JCBブランドに解禁されています。

こちらも対象になる可能性があります。今のところ答え合わせはまだできていません。

リクルートポイント→dポイントは15%増量対象

ドコモが例年実施しているdポイントへのポイント交換での増量キャンペーン。2021年実施分はリクルートポイント→dポイントも15%増量の対象となっています。1.2%還元×15%増量は結構おいしいところですね。