dポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用してます

おすすめ記事

日興フロッギー&dポイント投資の活用術
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

ポイ活で資産運用!ポイ活投資生活を極めよう
ポイ活と投資は最高に相性が良いです。組み合わせで得しましょ

給与振込を活用!銀行の自動入金・自動送金(振込)を活用した完全自動のポイ活術

f:id:showchan82:20210325111207p:plain

嬉しいお給料日に振り込まれる「給与振り込み」を利用して、さらに賢くポイントを獲得する方法を紹介します。

いくつかの銀行では他行から入金(振込)があると一定のポイントが貰えるサービスが在ります。これは自分名義の銀行口座でもOKなので、自分の口座からポイントがもらえる銀行口座に振り込みをしても対象になります。

ただ、ポイントが貰えるとしてもその為には銀行サイトにログインして振込の手続きをして……と色々と手間がかかります。こうした案件はたいていのケースで時給をベースに考えると効率的とは言えません。

そのため、こういうタイプのポイ活は「自動化」することに意味があると思っています。最初に仕組み化しておけば、次からは何もする必要はありません。毎月毎月コツコツとポイントが貯まっていきます。

直近の銀行預金金利なんてゼロに近いですが、このポイ活を活用すれば、数億円レベルの預金以上の収入が得られます(笑)

ちなみに、うちの会社は●●銀行に振込先が指定されているんだよね……という方でも大丈夫です!

目次

 

給料振込は銀行の預金金利をはるかに凌駕するポイント獲得の宝庫

25日が給与振込という方が多いのではないでしょうか。毎月の労働が報われる瞬間ですよね。

そんな給与は銀行に入金されると思いますが、この給与振込の入金がポイ活の宝庫だったりします。うまく利用していきましょう。

ざっくりとしたスキームは以下の通りです。

  1. 給与振込特典のある銀行に給与入金
  2. 住信SBIネット銀行の「自動入金」で30Pもらう
  3. 住信SBI銀行の「自動振込」を利用して「振込入金」でポイントが貰える楽天銀行、新生銀行に送金する

こんな感じになります。いいところは初回の設定させ終わらせてしまえばあとは放置でOKって所ですかね。

銀行の振込ポイントを活用した自動ポイ活術です。けち臭いと思うかもしれませんが、月数百ポイントは稼げます。しかも、ほぼ自動化できるうえ、こちらのスキームを調整してあげれば、給与を自分が必要な口座に自動的に振り分けることもできますので、貯金や送金、資産運用などにも活用することができますよ。

 図解すると以下のような感じになります。細かく説明していきますが、下記の資金移動の流れは一度設定すればほぼ自動化可能です。

f:id:showchan82:20210420162048p:plain

※スマホで見づらい方はタップして拡大してみてください。

面倒そうに思うかもしれませんが、最初だけです。

①給与振込で特典のある銀行に給与を入金してもらう(給与入金特典のある銀行)

まずは一つ目。

給与として入金された場合(年金でもOK)、多くの銀行では色々な特典を用意していることが多いので、そうしうた銀行を給与振込口座に指定しましょう。

なお、冒頭でも書いたように、勤め先によっては銀行が指定されているケースもあると思います。その場合は無理に変更する必要はありません。できれば、特典付きの銀行の方がお得というくらいの話です。

個人的なおすすめは「スルガ銀行 Dバンク支店 Gポイントクラブ」です。給与振込で毎月50Gポイントがもらえます。さらに、口座振替の件数に応じて毎回5ポイント~10ポイントがもらえます。たまるポイントはポイ活民にうれしい「Gポイント」ですからためたポイントも色々活用できます。

なお、Gポイントのサイトから口座開設をすると500Gポイントがもらえますので、こちら経由がおすすめです(というか、Gポイント会員じゃないと口座を作れません)。

>>Gポイントの会員登録はこちら(口座開設もこちらから)

なお、スルガ銀行は「口座振替でポイントがたまる特典」もあります。本記事と話がそれますので詳述しませんが、クレカや公共料金の口座振替などはこの銀行経由するとお得です。詳しくは「こちら」の記事を後でご覧ください。

②住信SBIネット銀行の「自動入金」で30P獲得

続いては、住信SBIネット銀行を利用します。

本題はこちらからになります。住信SBIネット銀行の口座は必要不可欠です。

同行は「自動入金サービス」というサービスを提供しており、毎月1回、所定の銀行口座(他行口座)から手数料無料で一定額を自動入金できるようになっています。

たとえば、①の給与振込銀行から毎月10万円を自動入金する設定にしておけば住信SBIネット銀行口座に10万円が入金されます(最低金額は1万円)。

この自動入金をすると住信SBIネット銀行の会員プログラムの「スマートプログラム」特典として毎月30P(30円相当)が貰えるようになっています。このポイントは1P=1円で500Pから住信SBIネット銀行にキャッシュバック可能です。

つまり、給与入金口座から住信SBIネット銀行に自動入金設定をするだけで毎月なにもしなくても30円がもらえます。年間360円相当になります。

③住信SBIネット銀行を軸に「自動振込&振込手数料無料」でポイント還元銀行に振込

続けて、この自動入金されたお金を他行に自動的に振込をすることによってポイントをもらいます。住信SBIネット銀行は同行の利用状況によって他行振込手数料の無料回数がゲットできます。

細かい攻略法は後述しますが、最大で月20回まで振込手数料が無料になります。これは比較的簡単にクリアできます。

この振込手数料無料回数をつかって「自動振込サービス」を利用します。具体的には「振込入金でポイントがもらえる銀行に送金する」のです。

  • 新生銀行:1回1万円以上の入金に対して25P(最大200P・8回まで)
  • 楽天銀行:他行振込入金につき1~3P/回+1回3000円以上の入金で都度10P(上限5回)さらに、5回入金で100Pのボーナス(合計165P)

それぞれ上限までやれれば13回の振込で380円相当のポイントが毎月獲得可能です。年間4560円相当になります。

※住信SBIネット銀行の自動送金は月10回までなので上限までを自動化はできず、3回は手動で振込をする(あるいは別の入金手段を用意する)必要があります。

なお、新生銀行、楽天銀行ともに月に1回だけキャンペーンにエントリーする必要があります。

新生銀行エントリー

新生銀行ポイントプログラムにエントリーが必要になります。エントリーは「こちら」のページから可能です。エントリー時は「口座番号」「生年月日」「ためるポイントの会員番号」が必要になります。

楽天銀行エントリー

楽天銀行の公式ホームページからオンラインバンキングにログイン後、「キャンペーン等」のページから「国内外の入金・送金・ATMのご利用でもれなくポイントプレゼント」が対象キャンペーンです。

 

設定完了後は放置でOK。楽天銀行・新生銀行に自動的に振り込まれる環境を作る

①~③の環境を整えることができれば

  1. 50ポイント+口座振替で5ポイント
  2. 住信SBIネット銀行30ポイント
  3. 新生銀行200ポイント+楽天銀行165ポイント

で毎月445ポイントをためることができますね。年間5340円相当です。これが一度設定さえすればほぼ自動化できる点は大きいと思います。

もちろん、完璧に達成する必要はありません。私も理論上の満額はもらってません(;^ω^)

ただ、こうした存在を知り、自動化できるところは自動化できるように仕組化しておけば、あとは預金利息をはるかにこえる金額(ポイント)がチャリンチャリンと収入になります。

 

本スキーム活用のための各金融機関での各種設定方法

実際に手続きをする際の各種設定方法などの紹介です。

住信SBIネット銀行の自動入金、自動振込の設定方法

自動入金
  1. ログイン
  2. 口座情報・入出金
  3. 定額自動入金
  4. 新規申込
  5. 諸々同意する
  6. 契約名(わかりやすい名前)、引落日(5日か27日)、金額
  7. 引落先金融機関の設定(銀行を決めて口座情報を入力)
定額自動振込
  1. ログイン
  2. 口座情報・入出金
  3. 定額自動振込
  4. 新規登録
  5. 振込先を登録
  6. 振込日、振込金額などを設定
  7. 確認・登録

楽天銀行の自動振込の設定方法

  1. ログイン
  2. 振込支払
  3. 毎月おまかせ振込予約
  4. 新規設定
  5. 振込先銀行口座設定
  6. 金額、振込日の決定

これだけです。

住信SBIネット銀行、楽天銀行の無料振込回数を増やす方法

この戦略はどれだけ他行へ手数料無料で振込できる回数があるか?という点が大切です。

  • 住信SBIネット銀行:1回~20回無料(自動振込は10件まで)
  • 楽天銀行:0回~3回無料

となっており、いずれも銀行サービスの利用状況によって無料回数は変動します。無料回数を増やすことができればそれだけでこのスキームを有用に活用できるわけです。

<住信SBIネット銀行の無料振込回数UP方法>

dp-invest.hateblo.jp

 <楽天銀行の無料振込回数UP方法>

dp-invest.hateblo.jp

+αの振込回数を獲得する方法を考えてみる

さらに、自前で無料振込を用意できないなら別の会社に振り込んでもらえばいいんです。

  • ポイントサイトでポイ活した分を現金振込してもらう
  • オンラインサービスで払戻などを受ける

などがあります。この辺を利用するのも手ですね。ただ、ポイントサイトのポイントは現金化するよりも●●%増量のようなポイント交換キャンペーンで利用する方がお得なので強く推奨はしないです。

 

ポイント目的だけでなくうまく資金配分にもご活用を

せっかく、取り組むわけですので単に送金するだけでなく、資金の配分や運用についても考えて上手く利用していきましょう。

少なくとも「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」「新生銀行」の3行を活用するわけです。それぞれで生活費決済、運用、貯金といったように目的別にお金を振り分けるようにするなど工夫して資金管理としても一緒に利用されると良いと思います。

私の場合は、楽天銀行がどうしても中心的になっています。

楽天カード&楽天証券での積立投資で毎月500P獲得

ネオモバ×楽天銀行で配当金受け取りプログラム活用

エポスカード×tsumiki証券でポイント獲得スキーム

といったようなポイ活投資スキームを利用している点もありますし、楽天証券でつみたてNISAをやっているというのも大きいですね。

ほかにも住信SBIネット銀行の自動送金は定額の支払いなどがあるケースでは自動送金設定しておけば大変便利だったりします。

 

今回紹介した金融機関のご紹介

今回のキャンペーンでは色々な金融機関を紹介しました。記事中ではザーッと流した感もありますので最後にまとめて紹介します。

住信SBIネット銀行

SBIグループのネット銀行です。今回のスキームでは中心的な役割を担います。無料振込手数料を獲得するためには同じグループネット証券のSBI証券の口座も必要となります。口座をつくるならSBI証券>住信SBIネット銀行と行くと、口座開設手続きが1度で済みますのでおすすめです。

すでにSBI証券に口座をお持ちの方は、SBI証券の管理画面から申し込むとすぐに口座開設ができます。ちなみに、SBI証券は2021年6月ごろにクレカを使ったポイ活投資スキームがスタートする予定です。こちらも見逃せませんので今のうちに準備しておきましょう。

>>SBI証券(住信SBIネット銀行)の口座開設はこちら

楽天銀行

楽天グループのネット銀行、旧:イーバンク銀行です。楽天銀行は本件スキームだけでなく、銀行・証券・クレジットカードなどの楽天ポイントを利用するポイ活では中心的存在となります。「銀行」「証券」「カード」は楽天ポイント経済圏の3種の神器と言っても過言ではありません。住信SBIネット銀行同様に楽天証券経由で口座を作ると両方に一度で口座を作ることができます。

すでに楽天証券に口座をお持ちの方は、楽天証券の管理画面から申し込むとすぐに口座開設ができます。

>>楽天証券(楽天銀行)の口座開設はこちら

新生銀行

旧長銀。ネット銀行ではなく全国の主要都市に支店がある銀行です。オンラインバンキングサービスにネット銀行黎明期から力を入れてきました。ただ、最近は手数料面でやや改悪が続いている印象があります。

ちなみに、今なら口座開設&新規取引で最大7000Pがもらえるキャンペーンも実施中です。

>>新生銀行の口座開設はこちら