ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

ポイント投資の攻略ブログ

スマホ料金の節約 MNPを利用したキャンペーン乗り換え節約術とお得なキャンペーン紹介

本ページにはプロモーションが含まれております
著者:しょうこちゃん

スマートフォンの毎月の通信料金を節約したい。とはいえ、あんまり面倒なことはしたくない。という方向けにケータイ料金(スマホ料金)を一般的な範囲でMNP(乗り換え)を利用していくことで月々の通信料を節約しようという話の記事です。
世の中には携帯乞食(ケーコジ)という言葉もあり、ケータイの乗り換えや多数回線を駆使して転売も含めてガツガツやるという方法もありますが、こちらで紹介するのは一般的・常識的な範囲での家計改善の基本を紹介していきます。

同じケータイキャリアをずっと使い続ける価値は低い

携帯電話回線は10年、15年と同じところを使っているという人もいらっしゃるかと思います。しかしながら、昨今の携帯電話・スマートフォン界隈における通信キャリアは長期ユーザーに対する優遇をほとんど行っていません。

たとえば最大手のNTTドコモはかつて利用年数に応じてステージをアップさせてポイント還元やクーポンなどで優遇をしていましたが、2022年よりそれを廃止し、利用年数に関わらず獲得ポイントによるランク制度へと変更しています。

国の方針により、ケータイキャリア間での競争(移動)のハードルが低くなりました。

  • 最低契約期間の廃止
  • MNP転出手数料無料
  • SIMフリー端末の普及

これらにより、各ケータイキャリアも長期ユーザーを確保をするという方向から、なんとかして他社から利用者を奪いあうとう構図へと変化しているのです。かつては10年選手のユーザーをつなぎとめるための様々な施策を行ってきた大手キャリアが、長期ユーザーに冷たいのもこうした側面があるわけです。

そういう状況で、大した優遇や特典もないのに同じケータイキャリアをずっと使い続けるというのは、誤解を招く表現かもしれませんが『養分』のような状況といえます。

優遇してくれないなら、お得を求めて乗り換えするのも手

私はかつてドコモをずっと使っており、プラチナステージとしてクーポンやキャンペーンなどの特典も受けていたのでメイン回線はドコモでしたが、現在はahamoにして最低限の運用にしつつ、サブ端末はMNPも利用しながらキャリアを乗り換えをしています。

ケータイ電話キャリアは長期利用してもさほど還元をしてくれません。一方で乗り換えユーザーに対しては大盤振る舞いと言えるようなお得を提供しています。その大盤振る舞いの原資は文句も言わずに毎月正規の料金を支払い続けている長期ユーザーが負担しているわけです。

一方でMNPをしているユーザーはネットユーザーでも50%程度

2023年にMMD研究所が行った「通信キャリアの乗り換え経験に関する調査」は18歳~69歳の男女1万人を対象としたインターネット調査が行われました。これによると通信キャリアの乗り換えの経験者は53.5%。乗り換え回数は1回(28.1%)、2回(11.9%)、3回(7%)、4回(2.5%)、5回以上(3.9%)となっています。

つまり、実質半数の人は乗り換えをしたことがないという状況で、やったことがある人も1回程度。一方で5回以上の乗り換えをしているような人も一定数いるということがわかります。

ちなみに、大手3キャリアの契約者は乗り換え経験が0と言いう人が多く、ドコモに至っては8割以上未経験です。なお、3キャリアにはahamoやpovoなどのオンライン限定プランやサブブランドは含みません。純粋なdocomo、au、ソフトバンクの利用者です。

一方の主要キャリア以外では乗り換え経験者の方が圧倒的に多い。
この状況を見るとユーザーの大部分はやはり主要3キャリアにいるってことなんでしょうね。

ちなみにこの調査インターネット調査なので、普段インターネットをあまり利用しない人も含めちゃうともっと乗り換え経験ゼロの割合が増えそう。
データ・画像引用元:通信キャリアの乗り換え経験に関する調査(MMD研究所/PDF)

先ほども書きましたが、長期ユーザー向けの優遇があまりない現状で長期間同じキャリアを使い続けるメリットはありません。早めにプランを変更しましょう。よくわからないという人はわかる人に相談するなりしてやりましょう。

ちなみに、乗り換えをしない理由の上位はこちら

  1. 手続きが面倒:54.6%
  2. 端末がまだ使える:29.5%
  3. キャリアが連携しているポイントを使っている:24.6%
  4. どこがいいかわからない:22.9%
  5. 他社のサポートが魅力的でない:10.4%

面倒ってのはわかりますが、MNPの手続きなんて1時間もかからずできちゃうわけだし、ちょっとお昼休みの時間や夜の空き時間にやるか!でやれちゃうんですけどね。

あと(2)(3)の理由に関しては端末はそのままで乗り換えはできるし、キャリアのポイント(dポイント、Ponta、PayPayポイント)はMNP後でもそのまま使えます。

どこがいいかわからないというのも、この記事を読んでいる人ならクリアできている気がするし……。サポートは言うほどか?って思いますが、そうならそうなんでしょう。

まあやはり乗り換え(MNP)しない理由っていうのはやっぱり「面倒」ってのが大きいんでしょうね。こればかりは一歩踏み出してみるしかないという話になりますかね。

各社のスマホ料金、競争で大差ないならMNPキャンペーンを上手に使う方が良い

最近では大手キャリアもahamoやLINEMO、povoといった格安プランがありますし、楽天モバイルや格安SIMと呼ばれるようなMVNOの通信サービスもあります。それぞれ多少の差はありますが、かなり安くなってきています。

一方で、各キャリアは乗り換えの優遇を積極的に行っています。MNP(乗り換え)でポイント還元や割引が受けられるケースもあれば、端末を安く購入できるようなキャンペーンもあります。こうしたキャンペーンを上手に活用しながら月々の固定費であるスマホ料金を節約しましょう。

常識的な範囲でMNPを利用して、維持費を安くする、端末を安く買う

と言いうわけで、ケータイキャリアに強く固執せず、常識的な範囲でスマホを乗り換えするなどしてスマホ料金を節約しましょう。

MNPを利用すれば基本的に手続きは全てオンラインで完結しますし、すでにキャリアメールの重要性も下がっています(今でも使っている人もいると思いますが、多くのケースで使えなくなってもさほど痛くないはず)。

乗り換え(MNP)って面倒そうと思われるかもしれませんが、WEBやアプリで完結できますので慣れれば10分~20分くらいでできちゃいます。

MNPによるキャンペーンは各社異なりますが、数千円~1万円超の還元を用意しているケースも少なくありません。

一定期間(1年前後くらい)でMNPを繰り返せば特典を受け続けることができる

MNPのキャンペーンは1回線につき1回しか使えないというわけではありません。
A社→B社→C社→D社というように、MNPのキャンペーンをやっている事業者を転々とMNPしていけば、一つの回線でキャンペーンによる特典を複数回獲得でき、スマホ料金を節約することができます。
なお、最終的に元の回線に戻ってくるという、出戻りも可能です。ただし、たいていのキャリアは同じ電話番号で複数回のキャンペーン適用を受けることはできないようになっています。

超短期でのMNPはブラックリストに入る?

総務省は懸念を表明していますが、MNPをして短期で解約や他社に再度MNPをするとキャリアのブラックリストにはいって再契約が困難になるケースがあるとされています。ただ、半年を超える契約をしていれば問題にはなりづらいと考えます。

この辺りは各社の判断もあるので何とも言えませんが……。ちなみに私はMNPするときは1年前後くらいは利用してからホッピングします。

MNPを利用するための手順

MNPを利用するには、現在のケータイキャリアからMNP予約番号を取得し、その上で移動先のケータイキャリアに申し込み時に予約番号を伝えることで利用できます。まずは、現在利用中のケータイキャリアで「MNP予約番号」を取得しましょう。

①MNP予約番号を移行元で取得する

MNP予約番号はMNPに必要な10桁の番号です。転出元の会社に発行してもらい転出先の会社に提示をすることで移行できるようになります。申し込みは各社のホームページから可能です。また、予約番号を発行しただけでは現在の携帯電話会社との契約は解約となりませんのでご安心ください。
予約番号の発行は即発行できる会社もあれば、数日かかる会社もあります。MNP・乗り換えを計画するのであればとりあえず発行はしておきましょう。
なお、以下の携帯電話会社はMNPワンストップに対応しているため、MNP予約番号の取得は不要です。

  • NTTドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • ahamo
  • UQ mobile
  • povo
  • ワイモバイル
  • LINEMO
  • LINEモバイル
  • ジャパネットたかた通信サービス
  • 日本通信SIM
  • b-mobile
  • mineo
  • センターモバイル
  • LPモバイル

②MNP予約番号を使って移行先で申し込みをする

MNPで移行を希望するケータイ会社のホームページなどからMNPを利用した申し込みとして移行手続きを行います。MNPの申込をして移行先での契約が成立することで移行元の回線は解約となります。手順的にはこれだけです。

おすすめのMNPキャンペーンがあるケータイキャリア、MVNO

では、具体的にMNP先としておすすめのケータイキャリア、プラン、MVNOをいくつか紹介します。すでにMNP予約番号をお持ちであればすぐに申し込みできます。

LINEMO 高品質回線&還元が強い 端末がある人なら強い

LINEMOはMNPでPayPayポイントの還元という実弾還元があります。ただし「端末のセール」がないので、事前に端末を用意しておく必要があります。言い換えると使う端末があるならMNPとしてかなり強いスマホキャリアとなります。

  • ミニプラン:月3GBまで(月額:990円)
  • スマホプラン:月20GBまで(月額:2728円)

というシンプルな料金プランとなっています。それぞれのミニプラン、スマホプランでキャンペーンをやっています。MNP(乗り換え)だけでなく新規でも還元のが大きいミニプランについては、新規で回線を作りたい時は第一に考えたいですね。

ミニプラン向けのMNPキャンペーン(新規も対象)

990円相当×6カ月のPayPayポイントをプレゼント。
さらに、PayPay決済額の20%(最大5000円相当)のPayPayポイント還元も付いているので10940円相当還元
>>LINEMO ミニプラン申込ページ

スマホプラン向けのMNPキャンペーン

他社からの乗り換えで16000円相当のPayPayポイント+PayPay決済の20%(最大4000円相当)のポイント還元付です。端末はすでにあって他回線からの乗り換えを検討中の方にお勧め。
>>LINEMO 申込ページ

ミニプランについては月額も安く運用できるので強いです。スマホプランは単身世帯でそこそこスマホを使う人には良いですが、家族で利用するならワイモバイルの複数回線の方がトータルでは安くなる可能性もあります。

dp-invest.hateblo.jp

ワイモバイルは他社回線からの乗り換えでPayPayポイントプレゼント、iPhoneも安く購入可能

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルでは、他社からの乗り換えが強いです。スマホ端末を持っている人(新しいスマホがいらない人)にはPayPayポイント還元、逆にMNPを通じて新しい端末が欲しい人には端末割引と両方のキャンペーンがあります。

  • シンプル2S:2,365円/月(4GB)
  • シンプル2M:4,015円/月(20GB)
  • シンプル2L:5,115円/月(30GB)

少しお高いなと思うかもしれませんが、2回線目以降は1100円OFF。さらにPayPayカードで支払いをすれば187円OFFになります。そうなればシンプル2Sであれば月額1,078円になります。シンプル2Mでも2,728円です。

LYPプレミアム(月額508円)も無料付帯するため、ヤフショで買い物をする人や家族で複数回線をワイモバイルにできる人は強いです。

PayPay還元が欲しい人向け

>>スマホそのままで乗り換え15000円相当還元キャンペーン

スマホを安く買いたい人

>>大特価スマホキャンペーンページ

>>認定中古品iPhone購入ページ(公式店)

>>認定中古品ページ オンラインストアヤフー店

参考:iPhoneを安く買う方法

ちなみに、LINEMOやソフトバンク回線からのMNPはキャンペーン適用対象外になりますので、楽天モバイルやahamoなどの他社回線を経由するような形にしましょう。

dp-invest.hateblo.jp

楽天モバイル 新規もMNPも強い 楽天ユーザーなら黒字回線

楽天モバイルは格安SIMではなくドコモやソフトバンクと同じMNOキャリアです。契約することで楽天市場のお買い物のポイントアップ特典などがあります。

  • 3GBまで:1078円
  • 20GBまで:2178円
  • それ以上:3278円

というような段階性の料金設定。あまり使わない月は安く済ませることもできます。回線の弱さはau回線とのローミングでカバーしています。新規・MNP向けのキャンペーンも豊富。Androidガンガンキャンペーン(最大44,000円相当お得)、iPhoneトク得乗り換えキャンペーン(最大19000P還元)というような端末購入キャンペーンに加えて、申込前に紹介キャンペーンにエントリーすれば6000Pがもれなくもらえます。事務手数料等は無料&最低利用期間もありません。

端末も安く買えるし契約でポイントももらえるので結構強いです。
iPhone14が20000円OFFになるキャンペーンも実施中です。

>>楽天モバイル申し込み
※事前に上記の紹介キャンペーンへのエントリーで+6000Pもらえます。

dp-invest.hateblo.jp

IIJmio(みおふぉん)はMNPで端末割引が強い

MNPと一緒に端末も新しくしたいという人はみおふぉんがおすすめです。

IIJmio(みおふぉん)は、インターネットイニシアティブが運営しているMVNOサービスです。データプランとSIMタイプを組み合わせてプランを選ぶことができま、ギガプラン回線と対象端末をセット購入できるセールを実施しています。このセールが結構強力です。

シェアNo1記念キャンペーンのスマホ大特価セール
~2024年2月29日まで

>>IIJmioキャンペーンページはこちら

このほか、人気のiPhoneシリーズの未使用品、美品、中古品などをMNPならお安く購入することができます。多少古くてもいいからiPhoneを安く確保したいなんて方にはいいプランだと思います。

>>IIJmio スマホ端末セールページ(MNP/iphone)

ahamoは他社から乗り換え(MNP)キャンペーンあり、ディズニープラスのポイ活案件とも併用Ok

ドコモのahamoは公式ページではMNPについてのキャンペーンは不定期に実施しています。公式サイト内の「おすすめコンテンツやキャンペーン情報」の中にMNPでのポイント還元などのキャンペーンが入っていることがあります。
大々的にMNPを謳わずに、他社からの乗り換えでdポイントプレゼント……みたいな控えめな表現になっていることが多いです。

>>ahamo公式キャンペーンページ

この他、ahamoのメリットとしてはahamo経由でディズニープラスを契約するとdポイントが貰えるキャンペーンをやっています。これはポイントサイトでよく実施されるディズニープラス(dアカウント)と併用できるので、これも使えば数千円相当のプラスになります。ahamoの月額料金は2,970円ですが、ahamoユーザーはディズニープラスが6か月無料になります。ポイントサイト経由でディズニープラス案件をやればポイント還元を含めれば5000円相当以上は利益になるので、これだけで1カ月以上の通信費は実質無料でできます。

参考:ディズニープラスのポイントサイトの黒字案件の攻略

ahamoへのMNPとディズニープラスはセットで取り組みたいですね。