dポイント投資の攻略ブログ、後出しジャンケン投資

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。毎日の私のdポイント投資の投資判断の他、dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

楽天カード+楽天証券の積立投資でほぼノーリスクで年間6000ポイント貯める方法

f:id:showchan82:20181119145608p:plain

今回は、その他のポイント投資として楽天ポイントにまつわる、お得な投資方法を紹介したいと思います。

その名も「楽天カード」+「楽天証券」+「楽天銀行」を使ってローリスクな投資信託を積立投資し、楽天カードの1%ポイント還元だけを上手に受け取るという運用方法です。

ノーリスクではありませんが、ほぼゼロに近いリスクで確実に年間6000ポイント(楽天ポイント)を拾うことができます。

 

楽天証券で楽天カードを使った積立投資が解禁

2018年10月から解禁されました。楽天証券内の投資信託(積立投資)が楽天カード決済できるようになりました。決済でお買い物と同様に1%分のポイントが貯まります(月額5万円まで)

参考記事:楽天証券で投資信託を楽天カードで購入すると1%のポイント還元

 

このポイントだけを上手に受け取ろうという方法になります。おおざっぱな手順は以下の通りです。

  1. 国内債券型のローリスクなファンドを5万円積立投資設定する
  2. 実際に買う(1%還元)
  3. 売却する
  4. また、積立投資で買う(1%還元)
  5. また、売却する
  6. またまた、積立投資で買う(1%還元)
  7. また、売却する

こんな感じです。積立設定をすれば「購入」は勝手にやってくれますが、売却は自分で作業(手続き)をする必要があります。

ローリスクなファンドならほとんど動かないので、毎月5万円分の投資金額の1%相当(500円)が手に入ります。年間にすれば6000円相当なので決して小さくないですね。

都度都度のタイミングで買った投資信託を売れば、現金化できその現金でカード払いができるので支払いと現金化のタイミングのずれを考えても10万円ちょっとあれば、このスキームをまわすことができますね。

リスクを極限までゼロに近づけた投資で楽天ポイントだけをゲットできます。

貯まった楽天ポイントは、お買い物に使ってもいいですし、「楽天ポイントを使ったポイント投資」もスタートしているのでそっちで投資してもいいですね。

 

国内債券型のファンドの値動きは小さい

以下は、「eMAXIS Slim 国内債券インデックス」という債券型ファンドの設定来の値動きです。見ていただくと1年半ほどの値動きは±1%以内となっています。

長期でこれなので、1日単位での値動きはもっと小さいです。

 

f:id:showchan82:20181108092211p:plain

こうしたファンドを積立投資すればリスクはかなり限定されているといえるでしょう。

 

楽天銀行にも口座を作ると資金移動の手間無し

この投資スキームを活用するのであれば「楽天銀行」にも口座を持っていると便利です。

楽天銀行と楽天証券は「マネーブリッジ」という設定をすると普通預金と投資用資金を共有することができるようになります。

www.internetbank-hikaku.info

これを使えば、楽天カードで積み立てた投資信託を売却したら、売却代金は楽天銀行口座(普通預金)に払い戻される形になります。

楽天カードの支払い先(振替口座)を楽天銀行にしておけば、投信の売却代金をそのまま楽天カードの決済分(投信購入分)に充当することができることになるので、お金を動かす手間がありません。

 

規約違反の可能性はある?

このスキームについて楽天カードの利用において少しだけ注意点があります。

会員のカード利用状況について、換金目的とした商品購入の疑いがある等不適当又は不審があると当社が認めた場合、前条の再審査に協力しない場合、再審査の結果によりカード利用の継続が不適切であると当社が認めた場合、不正被害を未然に防止する必要があると当社が認めた場合、その他当社が必要と判断した場合には、当社は会員に通知することなく次の措置をとることができるものとします。

  1. カードの利用断り。
  2. カードの利用停止(カードショッピングの全部又は一部の利用停止、カードキャッシングの全部又は一部の利用停止及びカード付帯サービス・機能の全部又は一部の利用停止を含む)。
  3. 加盟店等に対する当該カードの無効通知。
  4. 当社が必要と認めた法的措置。

こんな規約があります。

楽天カードは結構途上与信が厳しいカードなので、5万購入即決済みたいなやり方をするとカードの利用停止などの措置が取られる可能性も無きにしも非ずです。

また、こうしたスキームが横行すると楽天が制度自体を改悪してしまう可能性もありますね。ルール的には問題なくても、道義的にはどうか?って話になります。

 気になる方は買った投信は数か月は保有するといったような考えもアリだと思います。

 

ちなみに、今回のスキームの実施に関しては「楽天カード」「楽天銀行」「楽天証券」の3つのサービスの契約が必要となります。ポイントサイトをかませれば結構なポイント獲得になります。

楽天カード、楽天銀行、楽天証券のいずれも年会費などの維持コストはかかりませんのでご安心ください。

・楽天カード
モッピー経由なら1万円相当のポイント還元

・楽天銀行
こちらもモッピー経由なら口座開設で800ポイント還元

・楽天証券
ハピタス経由なら口座開設で200円

ポイントサイトのモッピーなら、貯めたポイントをdポイントに交換できるので、dポイント投資にも使えます。12月15日までならポイント交換25%増量中なので、間に合えば、dポイント投資にも活用できるはずです。

>>モッピー公式ホームページ

>>ハピタス公式ホームページ