ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

エポスカード×tsumiki証券でポイ活投資!エポスゴールド修行にも最適、さらに買い物額ボーナスがもらえる

f:id:showchan82:20210415170308j:plain

丸井系のクレジットカードの「エポスカード」も楽天証券×楽天カードと同じようにクレジットカードで積立投資ができます。

月々100円~5万円まで投資が可能です。ポイント還元率は0.1%~0.5%。継続期間が延びるほど0.1%ずつアップしていきます。

表面的なスペックだけを見ると、投資信託の積立によるポイント還元は楽天カード×楽天証券に負けるのですが、エポスゴールドにまでランクアップをさせることができたら利用価値が大幅に改善します。最大で1.5%還元、さらに家族で利用すればさらに+0.1%の還元も期待できます。

ノーマルのエポスカードからtsumiki証券を始めてエポスゴールドにランクアップ(無償インビテーションを獲得)することを目的にポイ活投資(エポス修行)をするのにも最適です。まさにエポス修行!

ちなみに、私はtsumiki証券でエポス修行を始めて半年ほどでインビ届きました。これでエポスゴールド(年会費無料)会員としてさらにエポスカード×tsumiki証券やポイ活投資を楽しめます。

というわけでエポスカードは個人的に激押しです。、ちなみにtsumiki証券の口座開設にはそもそも論ですがエポスカードが必須となっております。

エポスカード公式ホームページ

なお、エポスカードはポイントサイト経由で作成するだけでも多額のポイント還元がありますので、ポイントサイト経由で作ることを強くオススメします。

エポスカードとtsumiki証券

エポスカードはマルイ系のクレジットカードです。そしてそのマルイ系の証券会社がtsumiki証券(つみき証券)です。

普通の証券会社のように広く門戸を開くのではなく、エポスカードユーザーだけを対象にした投資サービスを行っています。なので、tsumiki証券を作るには口座開設の前にエポスカードが必要になります。

すでにエポスカードをお持ちの方は、エポスカードの会員サイトのEPOS NETから口座開設手続きができます。

このエポスカードとtsumiki証券、私がおすすめしている「ポイ活投資」の一環として非常におススメで、私も家族ぐるみで活用しています。エポスカードというとマルイユーザー向け、という印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、エポスゴールドになれば普段の決済用のクレカとしてもハイスペックになり、ポイント還元のメインクレジットカードにもなりうるクレジットカードです。

ぜひ、エポスカードとtsumiki証券を上手に活用していきましょう。

tsumiki証券での投信積立までの流れ、始め方

大まかな手順は以下の通りです。

  1. エポスカード作成
  2. エポスNetからtsumiki証券の口座開設申し込み
  3. エポスNet(またはtsumiki証券アプリ)から積立設定

という流れになります。

まずはエポスカードを作成する必要があります。tsumiki証券の口座開設はエポスNetで行うため、エポスカード作成が最初でカード到着後に口座開設という流れになります。

エポスカード公式ホームページ

tsumiki証券での運用についてもエポスNetにログインして「エポスポイントで資産作り」から証券にログインできますので、そちらで取引できます。またはtsumiki証券のアプリをインストールすればアプリ経由でも取引可能です。

 

tsumiki証券は投資信託専用の証券会社

tsumiki証券で購入(投資)ができるのは以下の5つの投資信託だけです。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(世界株・世界債券)
  • セゾン資産形成の達人ファンド(世界株式)
  • コモンズ30ファンド(日本株)
  • ひふみプラス(日本株)
  • まるごとひふみ15(バランス)

え?っと驚くレベルの取り扱いファンドの少なさ。投資信託としては比較的メジャーですが、この中からしか選べないのか……という印象。

分かりやすさ重視ってことなのかな。

で、投資は100円以上で最大5万円/月まで。つみたてNISAの設定もできますが、その場合は年40万円までの縛りがあるので33,000円が上限となります。

売却はいつでも可能です。

tsumiki証券は手数料が高いって本当?

なお、tsumiki証券の投資信託は手数料が高いといわれています。個人的にはその通りだともいます。高いです。細かく見ていきます。

以下はtsumiki証券取り扱いの5ファンドと、比較対象となる日本株に連動するインデックスファンドと世界株に連動するインデックスファンドの保有と売却に係る手数料です。

ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
セゾン・バンガード 0.63% 0.1%
セゾン・資産形成 1.55% 0.1%
コモンズ30 1.08% なし
ひふみプラス 1.08% なし
まるごとひふみ15 0.66264% なし
eMAXIS Slim TOPIX 0.154% なし
eMAXIS Slim オールカントリー 0.1144% なし

tsumiki証券で扱っている5ファンドは株価指数に連動するインデックスファンドと比較して手数料(信託報酬)が高いことが見て取れます。

この信託報酬というのは投資信託の運用コストのようなもので、毎日上記を日割りした金額が残高から差し引かれます。この手数料の差以上にファンドが結果を出してくれればいいのですが、必ずしもそうなるとは言えません。

個人的にインデックス型のファンドを導入してくれればいいのに。と思います。

いずれも株式に投資をするファンドなので比較的値動きは大きいです。買付&即売りするような場合は後述するポイント還元以上の損失となる可能性があります。

特に、セゾンバンガード、資産形成の達人ファンドについては「信託財産留保額」が設定されています。

信託財産留保額は解約時の手数料のようなものなので短期投資には向きません。コモンズ30、ひふみプラス、まるごとひふみ15は信託財産留保額はありません。即売りする前提ならコモンズ30、ひふみプラス、まるごとひふみ15の3ファンドの方がいいですね。

投資はエポスカード経由でがんばってるねポイント(エポスポイント)が付与

投資代金はエポスカードからの積立となります。クレジットカード決済以外は使えなくなっています。

エポスカードでのショッピング扱いではありますが、通常のポイントは付与されません。代わりに積立金額に対して「がんばってるね!ポイント」が付与されます。

積立額と積立期間に応じてエポスポイントが付与されます。年間の積立額に以下の利率を掛けたポイント(エポスポイント)が年1回付与されます。

  • 1年後:0.1%
  • 2年後:0.2%
  • 3年後:0.3%
  • 4年後:0.4%
  • 5年後以降:0.5%

運用年数が長くなると還元も大きくなります。ただ、ポイント還元だけを考えるなら楽天証券×楽天カードの方が常時1%還元なので上です。

dp-invest.hateblo.jp

ですから、ポイント目的の投資信託投資であれば、優先順位は下という事になります。

ただし、エポスゴールドになると、ボーナスポイントの関係で還元率が大きくアップします。ボーナスポイントを合算すると最大で1.5%還元にまで高めることができ、楽天カード×楽天証券の1%還元を上回ります(しくみは後述します)

つみたてのスケジュールはどうなっている?

f:id:showchan82:20210215105257p:plain

前月27日までの申込でその翌月から積立が開始される形になります。投資タイミングは毎月10日前後でファンドによって違います。日程はtsumiki証券のホームページで毎月発信されています。

即売りしても問題ない?

即売りしても問題はありません。

ただし、前述のようにいずれも株式型の投資信託ですのでそこそこの値動きがあります。エポスカードの場合、がんばってるねポイントだと0.1%~0.5%の還元にしかなりませんので、即売りはややリスクがあるといえるでしょう。

ちなみに、参考情報として信託財産留保額(解約手数料)のないコモンズ30ファンド(日本株)、ひふみプラス(日本株)の日別の変動幅の標準偏差はそれぞれ1.18%、1.22%となっておりまして、そこそこの値動きがあります。

一番変動率が低いのは2021年7月16日から運用可能になった「まるごとひふみ15」ですね。こちら設定来の期間が短いとはいえ、債券の割合が多く(85%)標準偏差は0.15%となっており、他のファンドより変動率が低いです。

※2018年1月~2021年1月末までのデイリーの変動値で計算。まるごとひふみ15のみ、2021年3月30日~6月30日までの変動で計算。

即売りでポイントだけを目的にするのであれば、「まるごとひふみ15」がおすすめです。

なお、エポスゴールドを取得した後であれば、年間ボーナス分も含めて考えたらさらに利益出る水準になりますね。

※即売りを実施した場合、tsumiki証券ではクレカ現金化防止の観点からか売却代金は当該買付のクレジットカード決済代金の支払い後の払い戻しとなる点だけ注意が必要です。

tsumiki証券での保有投信の売却方法

f:id:showchan82:20210810064719p:plain

  1. tsumiki証券
  2. 右上のメニューバー
  3. 資産の状況を見る
  4. お預かり資産の中身
  5. 引き出す
  6. 全て引き出す
  7. 確認する
  8. 確定する

この流れOKです。ちなみに、tsumiki証券のアプリを入れていなくても、エポスネットからでも手続き可能です。

ちなみに、売買のタイミングは月末が締め切りで、翌月の10日前後に取引が成立します。そしてその約定日の翌日に資産データとして反映され、その日から売却(引き出し)の手続きが可能です。

直近の売却可能タイミングは以下の通りです(ひふみ系投信、コモンズ30の場合)

  • 7月9日(金)
  • 8月10日(火)
  • 9月9日(木)
  • 10月8日(金)

セゾンバンガード、資産形成の達人ファンドは外国株に投資をする関係で約定が1日後ろにずれますので、翌営業日から売却可能です。なお、売却代金はエポスカードの引き落とし先金融機関に着金します。振込手数料は無料です。

 

エポスゴールドのインビテーションをもらえば投資やカード利用がさらにお得に

今回tsumiki証券で投信積立をするのは、投資だけでなくエポスゴールドのインビテーションを目的としています。一般的に保有期間1年以上、50万円以上の利用がインビテーションの条件と言われています。

両条件を新規で満たすには毎月5万円の積立を1年弱利用すれば条件が達成できるという事になりますね。

(追記)私はtsumiki証券で積立を始めて半年弱でインビテーション届きました(っ'ヮ'c)

なぜ、エポスゴールドのインビテーションを目指すのかというと、以下のような特典が受けられるからです。

  • ポイントの有効期限が無期限に
  • 利用金額50万円、100万円でのボーナスポイント
  • 選べるポイントアップショップ(3ショップ)
  • 海外旅行保険(自動付帯)が拡充
  • ゴールドカード空港ラウンジが使える
  • エポスポイント投資も使える

エポスポイントの有効期限(2年)が無期限になるのはいいですね。また、次で紹介する「ボーナスポイント」の存在も大きいです。

ボーナスポイントを上手く活用してポイント投資の効率UP

f:id:showchan82:20210415170505p:plain

通常のエポスカードにはない年間利用ボーナス(投信積み立て分も対象)

エポスゴールドカードのホルダーになると利用金額50万円で2500ポイント(0.5%相当)、利用金額100万円で1万ポイント(1.0%相当)のボーナスが貰えます。このボーナスはtsumiki証券の積立分も含まれます。

とりあえず、私はノーマルのエポスカードから初めてエポスゴールドのインビを最短でもらえるようにしたいと思います。

その他の特典としてエポスゴールドになることで海外旅行保険(自動付帯)が充実することも挙げられます。自動付帯なので持っているだけでOKですね。ゴールドカード空港ラウンジはゴールドカードを他に持っていない人なら利用価値あるかもですね。

最後のエポスポイント投資については、tsumiki証券で売買できる投資信託をエポスポイントとして疑似投資できるサービスです。正直微妙かな。それならdポイント投資の方が良いと思います。

家族一人がエポスゴールドになれば一族郎党がエポスゴールドになれる(笑)

エポスゴールドは家族のだれか一人がインビテーションをもらえば、ファミリー登録した範囲のユーザーをエポスゴールドにアップグレードできます。

対象は家族から見た2親等以内で18歳以上の方です。

これは家族カードではないです。別々に本会員としてカードを発行していてもOKです。なので夫がエポスゴールドのインビをもらえば、妻や親兄弟もエポスゴールドを年会費無料で取得できます(ファミリー登録)。

さらに、代表会員は前述の個人ボーナスポイントだけじゃなく、ファミリー会員の合計利用額に応じたファミリーボーナスポイントもらえます。一族郎党(笑)を年会費無料のエポスゴールドに招待してあげて、さらにポイントももらえます。

f:id:showchan82:20210415170420p:plain

家族全体の年間利用額に応じてさらにボーナスがつく(投信積立分も対象)
  • 100万円以上:1000P
  • 200万円以上:2000P
  • 300万円以上:3000P

還元率+0.1%相当にあたりますね。ちなみに、家族カードではありませんので、それぞれ新規にカードを発行します。請求先(引き落とし口座)も別々です。

後述するようにエポスカードはポイントサイトを経由してお得に作ればさらにお得なので、家族分もポイントサイト経由で作りましょう。

ちなみに、この計算額にはtsumiki証券の利用分も含まれます。

選べるポイントアップも秀逸で通常決済用のクレカとしても大活躍

エポスゴールドの選べるポイントアップもかなり優秀な特典です。3つのお店までポイント還元が3倍になります。基本ポイントは0.5%なので1.5%還元ですね!

ボーナスポイント条件は100万円が一つの目標になります。クレカでの投信積立だけだと5万円×12か月=60万円が上限です。これでも50万円の条件のほうは満たしていますが、100万円を目指すなら40万円(月3.3万円程度)が不足してしまいます。

その分はお買い物で使う必要がありますが、この選べるポイントアップを活用しましょう。

また、公共料金などの支払いでも3倍(1.5%還元)が取れます。100万円ボーナス決済も含めたら2.5%還元!最近は楽天カードが公共料金の支払いの還元率を下げる(1%→0.2%)とするなどの動きがある中でエポスゴールドの存在は節約に役立ちます。

ちなみに年間決済額の調整に便利なのはmixiの6gramです。こちらは招待制の決済サービスでmixiが運営しているバーチャルプリペイドカードになります。このプリカへのチャージでOKなので年間不足分の調整に向いています。ちなみに6gram経由でSuicaへのチャージもできます(招待制サービスですが、招待できますので欲しい方はtwitterのDMなどでご連絡ください)。

100万円決済の調整に利用しましょう。100万円利用なら選べるポイントアップ1.5%還元+100万決済のボーナス分1.0%還元として実質2.5%還元になります。

その他エポスゴールドの魅力

  • 空港ラウンジが使える(ゴールドカードラウンジ)
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯(一般カードも)
  • エポトクプラザがオトク(一般カードも)

といった特典があります。海外旅行傷害保険は自動付帯なので本カードを所有しているだけで海外旅行時に万が一の事件や事故があった時の金銭的な守り神となってくれます。

また、エポトクプラザは映画館の割引などで結構使える特典です。

 

エポスゴールドカード&tsumiki証券を活用しよう

エポスゴールドカード×tsumiki証券については、

  • がんばってるねポイント(0.1%~0.5%)
  • 利用金額に応じたボーナスポイント(+0.5%または1.0%)
  • ファミリーボーナスも+α(1000P~3000P)

という最大3つのポイントがもらえます。

がんばってるねポイントは利用年数が1年ごとに0.1%ずつアップし、ボーナスポイントについては50万円利用で2500ポイント(0.5%相当)、100万円利用で1万ポイント(1.0%相当)のポイント還元があります。

エポスカードでの積立投資は毎月5万円を上限で実施可能です。
とすれば年間60万円で50万円のボーナスは即時クリアで2500Pのボーナスがもらえます。

これに追加でエポスカードで通常のお買い物を40万円以上するのであればボーナスは1万ポイントとなり、クレカ投資での還元率は1.1%還元~1.5%還元となり、楽天カード×楽天証券を超えてきます。

さらにエポスゴールドは通常のお買い物もお得になるわけで、エポス投資×エポスゴールドは、クレジットカード界隈の中でも最高レベルのお得カードになります。

 

エポスカードをお得に作成する方法

エポスカードはクレジットカードですので、ポイントサイトやキャンペーンを活用すれば通常よりもお得に作ることができます。

  1. 入会ポイントゲット
  2. ポイントサイト経由でエポスカード発行
  3. エポスカード招待コード利用

この3つを併用しましょう。

もともと年会費無料ですけど、ポイントがたくさんもらえます。

①エポスカード入会ポイント

f:id:showchan82:20210415170705p:plain

まず、入会ポイントはネットからのカードを作ると自動でもらえます。これは2000円相当のポイントがもれなくもらえます。ちなみにカードをマルイ受け取りにすると、館内で利用できるクーポンになります。

カードの発行を急ぎたい場合はマルイ受け取りにすれば最短即日での受け取りが可能になります。急ぎたい場合は店頭受け取りの方が良いかもですね。

②ポイントサイトのポイント獲得

続いてはポイントサイトです。ポイントサイト経由でエポスカードの新規申し込みをするともれなくポイントがもらえます

現在、ポイントサイトのポイントタウン経由でエポスカードを作ると6000ポイント還元(2021年10月18日現在)となっています。

ポイントタウン会員登録はこちら

③エポスカード招待コード利用で500P

f:id:showchan82:20210415170914p:plain

最後に、既存のエポスカード利用者からの招待コードを利用するとさらに+500ポイントされます。招待者にもポイントが入るのでお友達やご家族に利用者がいらっしゃったら、利用されるとよいでしょう。

私の招待コードを使ってもよいというのでしたら「21100381967」をご入力くださいませ。

上記の3つはすべて併用可能です。

全部まとめてもらえます。年会費無料カードでこれは美味しいですね。

カード到着後は、エポスNetからtsumiki証券の口座開設が可能です。併用してポイ活投資に活用していきましょう。

ちなみに、10月にtsumiki証券で投資信託を買うには10月27日までの申込が必要になります。