ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

今、オススメの案件

Kindle100%ポイント還元本のリスト
キャンペーンやキャッシュレスでポイント錬金術

セゾンポケットのメリット、デメリット。クレジットカードで投信と株の積立投資サービス

f:id:showchan82:20210206055443p:plain

セゾンポケットはセゾンカードまたはUCカード発行のクレジットカードを利用して投資信託やETF、株式の積立投資ができるサービスとなっています。

ネット証券の「スマートプラス」とクレディセゾンが提携して2019年11月に始めている運用サービスです。

投資信託をクレジットカードで買えるというサービスについては「楽天証券×楽天カード」「tsumiki証券×エポスカード」などが先行してスタートしていますが、ETFや株式も購入可能というのはこのセゾンポケットが唯一です。

一方で積極的に紹介してこなかったのは経済的メリットが薄いからです。

ただ、今後SBI証券×三井住友カード、マネックス証券×アプラス(マネックスカード)のようなクレカでの投資サービスが増えてくる中で比較材料として情報が必要だろうな、ということで記事にしています。

正直、現行だとお勧めとはいえません。むしろクレディセゾンが提供しているポイント運用サービスの「永久不滅ポイント運用サービス」の方が他社類似サービスと比較して強みがあるかと思います……。

利点を挙げるとすれば、セゾンカードで決済額を建てたい場合とかでしょうか。セゾンカード系の入会キャンペーンなどではセゾンポケットでの積み立て分はショッピング扱いとなるようなのでそのあたりでの活用はできそうです。

あとはセゾンの会員ランクであるセゾンクラッセのスコアアップ目的も一つ。

 

セゾンポケットのしくみ

証券会社の「スマートプラス」と「クレディセゾン」が提携したサービスです。セゾンカード/UCカードを使って株や投資信託、ETFの積立投資ができます。

口座開設は対応のセゾンカード/UCカードのサービスサイトから申し込みをします。カード情報を使うので口座開設はシンプルに行えますが、マイナンバーカード(個人番号)等の提出が必要です。

ちなみにクレディセゾンは金融商品仲介業で実際の株の売買等は提携している証券会社の「スマートプラス」を通じて行われます。

  • セゾンカードで「株」「ETF」「投資信託が買える」
  • 永久不滅ポイントが使える
  • 永久不滅ポイントが貯まる

という特徴があります。

月々1000円から投資信託や株、ETF、株式が積立で買える

クレカを通じて月々1000円から積立が可能です。

投資信託、ETF、株式への投資が可能です。投資信託への投資ができるサービスはありますが、株やETFが買えるというのは面白いです。

ポイントが使える、貯まる

積立金額5000円に対して1ポイントが貯まります。永久不滅ポイントは1P=5円くらいとすれば還元率は0.1%ということになります。また、永久不滅ポイントを1P=4.5円相当として積立に利用可能です。

セゾンポケットの積立スケジュール

毎月28日までに運用商品と金額を決めると翌月8日に注文となります。この場合の引落は翌々月4日(UCカードの場合は5日)となります。

たとえば、6月28日までに設定をすれば、翌7月8日に注文されます。この利用分は7月決済代金として8月4日(5日)に銀行口座から引落となります。

セゾンカードの切り替え

セゾンIDによって切り替えが可能です。投資を途中でやめたりせずにカードの変更もできます。なお、セゾンポケットのアプリやWEBサイトのログインはそれぞれ登録したID単位で管理されます。おまとめログインをされている方はご注意ください。

セゾンポケットで購入した投信の売却方法

トップページの下部にある「資産」をタップ、青地の「取引」をタップ→購入している投信をタップ→取引メニューが表示されますので「売却する」をタップ。

セゾンポケットで売却した資金の扱いと出金

標準では登録したクレジットカードの引き落とし先口座が設定されています。あとから変更することもできます。なお、出金時の振込手数料は無料です。

 

セゾンポケットのイマイチな点

とまあ、こんなサービスなのですがセゾンポケットには微妙な点がいくつか(も)あります。

  • ポイント還元も0.1%は他社と比較して低い
  • ポイント利用は損でしかない
  • 投信のラインナップも少ない
  • ETF、株式は手数料が割高

ポイント還元も0.1%は他社と比較して低い

まず、セゾンポケットはクレカ積立サービスの中ではポイント還元が渋いです。

dp-invest.hateblo.jp

  • 楽天証券×楽天カード:1.0%
  • tsumiki証券×エポスカード:0.1%~0.5%+さらに0.5%~1.0%の上乗せ
  • SBI証券×三井住友カード:0.5%~2.0%(カード券種による)
  • マネックス証券×マネックスカード:1.1%
  • auカブコム証券×auPAYカード:1.0%~5.0%(auの契約有無による)

ですので、0.1%固定はちょっと低いといわざるを得ないです。0.1%でもゼロよりマシですが……

ポイント利用は損でしかない

永久不滅ポイントをそのまま投資にも使えますが、前述の通り1P=4.5円扱いになります。永久不滅ポイントはJQカードセゾンがあれば、JRキューポに交換することができます。そしてJRキューポからGポイントを通じて他の共通ポイントに交換でき、その場合は1P=5円(増量キャンペーンなどを使えばそれ以上)にできます。

dp-invest.hateblo.jp

あえて、永久不滅ポイントをセゾンポケットで使うのはもったいないです。もちろん、使わない設定もできます。

投信のラインナップも少ない

セゾンポケットで投資できる投資信託は2つしかありません。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • セゾン資産形成の達人ファンド

この2本です。いずれもグループのセゾン投信が運用しているファンドになります。これらのファンド自体は積立に適した良いファンドに区分されるとは思いますが、もう少し選択肢があっても良いのではないかと思います。

ETF、株式は手数料が割高

セゾンポケットの他社にはない特徴は「ETF」や「個別株式」にもクレカで積立投資できるという点ですが、問題は手数料です。

ETFと株は0.5%相当の手数料がかかります。これが高すぎるとは言いませんが、ネット証券で普通に買えば売買手数料は0.01%くらいになりますので、ちょっと高いかな……と思ってしまいます。

 

セゾンポケットはクレカ投信積立の即売りに妙味はある?

ありません。なぜなら、セゾンポケットの標準のクレカ積立でのポイント還元(0.1%)というのは、投資信託の売却時にかかる信託財産留保額(0.1%)によって相殺されるためです。

つまり、即売りによる期待値アップ効果はありません。

ただし、「セゾンクラッセによる☆6」を達成している人は少しだけ話が変わります。セゾンクラッセで最上位の☆6のスコアを獲得している人はクレカ利用額の0.5%がポイント上乗せされます。これはセゾンポケットによる運用分も対象です。

そのため、星6の方は実質的に0.6%還元になります。信託財産留保額を差し引いても0.5%分のポイントの上乗せがあります。

2011年6月30日~2021年11月2日のセゾンポケットのそれぞれの投資信託の日時の変動率を計算してみました。

セゾンバンガード
期待リターン:+0.04% / リスク(標準偏差):0.64%

資産形成の達人ファンド
期待リターン:+0.06% / リスク(標準偏差):0.88%

リスク(標準偏差)というのは変動のバラツキで、価格変動が正規分布であるとするならば、68%の確率でセゾンバンガードの変動率は-0.6%~+0.68%の間で収まるということになります。

これに+0.5%のセゾンポケットによるクレカポイント分が加わるということはセゾンバンガードへの投資は68%の確率で-0.1%~+1.18%の間に収まるということになるわけです。必ず損をしないというわけではありませんが、そこそこ分の良い投資とは言えそうですよね

ちなみに、68%の確率でという前提があるように、それ以外の水準になる可能性もあります。同期間中のデータではセゾンバンガードは最大で±4%ほどの値動きをする日もありました。

また、データ分析は過去の値動きを対象にしたものですので、将来の動きを約束するものではありません。

 

永久不滅ポイント運用で十分ではないか?という感想

セゾンクラッセ☆6の方を除き、クレカでの運用サービスなら「楽天証券×楽天カード」「tsumiki証券×エポスカード」といった他社のクレカ積立を利用するほうが素直にお得だと思います。

dp-invest.hateblo.jp

冒頭でも書いたように、クレディセゾンが提供している「永久不滅ポイント運用サービス」については永久不滅ポイントを使って手数料無料で運用ができることに加え、ふやした永久不滅ポイントならポイント交換を駆使することでポイント価値を増量でき運用の魅力度が高いです。

なので、あえてセゾンポケットはやらずに、やるなら永久不滅ポイント運用だけをやる感じでよいのでは?というのが私の基本的な考えです。

 

セゾン投信(直販)で買っているならセゾンカード経由にする方がお得

一方で、直販の投資信託販売サービスの「セゾン投資」を使ってセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドやセゾン資産形成の達人ファンドの積立をやっている人にはお勧めです。

両ファンド、少しコスト高いかなーと思いますが、セゾンバンガードは個人投資家から高く評価されており、毎年のように個人投資家が選ぶファンドランキング(ファンドオブザイヤー)で選出されています。

このセゾンバンガードを積立投資している人はセゾンポケット経由の方が0.1%の還元がある分お得です。

 

セゾンのクレジットカードのキャンペーン目的でやるのもアリ

また、ポイ活的な要素でいえば「キャンペーン利用」「セゾンクラッセ評価」の面で活用できる余地があります。

なお、セゾンカードをお持ちでない方は、紹介経由で作成&利用がお得です。

セゾンアメックス紹介発行はこちら

よろしければご利用ください。

キャンペーン利用

セゾン系のクレジットカードを作った時の「○○万円以上の利用で××円キャッシュバック」といったキャンペーン。セゾンポケットの買い付け額はショッピング扱いになりますので、そのショッピングノルマ達成にセゾンポケット利用は価値があると思います。

場合によっては買付後に即売却すれば金銭的負担は限定的にできます。

セゾンクラッセの評価アップ

また、セゾンカードの利用実績が積みあがることにより、セゾンクラッセ(セゾンの会員向けのスコア計算サービス)でスコアを上げたい方などにとっては良いかもしれません。セゾンクラッセが★6になれば、お買い物のポイント還元が2倍になるほか、誕生日には100P(500円相当のポイント)がもらえるなど特典があります。

積立がどのくらいのスコアアップにつながるかは不透明ですが、プラス方向に作用するのは間違いないはずです。