ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

ビットフライヤー(bitFlyer)のポイ活案件、取引所の売買&5万円維持で1.2万円還元

著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20211201151733p:plain

暗号資産取引所の大手ビットフライヤー(bitFlyer)のポイ活案件が突撃水準になっているので紹介します。

  • 新規口座開設
  • 10万円以上を取引所か販売所で買う
  • ポイント付与までの間、5万円以上の資産額をキープ

これが条件になります。

ポイントサイトでの還元は12,000円相当となっております。ビットフライヤーの案件クリアに必要なコストは1000円前後になると考えられますので、11,000円ほどの利益をだせそうです。

ビットフライヤー(bitFlyer)

暗号資産取引においては国内大手です。

私が初めて暗号資産(当時は仮想通貨と言っていました)を取引したのはこのビットフライヤー社でした。ログインでビットコインがもらえるということでコツコツ貰ってました。

このビットフライヤーのポイ活案件があります。ポイントサイト経由の還元は2022年9月11日現在大手中心に12000円相当還元となっています。

ECナビ
※チャレンジ達成で獲得ポイントUPで+1000円(13000円相当)

ハピタス
※ゴールドランクなら5%交換時に増量

ワラウ
※プラチナランクならTポイントへの交換なら20%増量

ポイントタウン
※ダイヤモンドなら+15%増量

この3つのどれかを利用するのが良いかと思います。ちなみに、いずれのポイントサイトもランク獲得にはポイント獲得が必要なので、今回のビットフライヤー案件を使ってポイント数の条件をクリアするのもアリだと思います。

 

ビットフライヤー案件攻略方法

手軽な流れとしては以下のような形になると思います。

ちなみに、個人口座だけでなく法人口座も対象ということですので、会社されている方は法人で取り組みしてみるのもいいかもしれませんね。

ポイントサイト経由で口座開設

ポイントサイト経由で口座を作ります。

「ビットフライヤー」と検索してください。条件等が書いてあるので必ず皆さんもご自身で内容を確認してくださいね。

アプリ経由になるとダメらしいのでbitFlyerのアプリは事前には入れないようにしましょう。Safariなどのウェブブラウザから口座開設をします。

 

口座開設手続の完了後に入金

口座開設が終わったら入金をします。

今回の案件の条件は10万円以上の買付と総資産額5万円以上の保有です。

  1. 合計で10万円の新規買付をすること
  2. 5万円以上の残高を保有しておくこと

(1)については新規の買い付け総額でOKなので5万円の買い→売り→5万円の買い→売りという流れでもOKです。

そのうえで(2)の5万円以上の残高をキープするということになります。5万円ぴったりだと手数料で5万円を下回ってしまう可能性があるので55000円~60000円くらいを入金すると良いでしょう。

入金をする時は住信SBIネット銀行の口座があればクイック入金が無料でできます。それ以外の銀行だとクイック入金は330円のコストがかかるので、少し時間はかかりますが、振込手数料が無料の銀行から振込送金しましょう。

 

暗号資産(ビットコイン)を取引所で売買する

10万円分の暗号資産を買います。なお、ビットフライヤーには「販売所」「取引所」「Lightning」という3つの取引を行える場がありますが、今回の対象になるのは、販売所か取引所のどちらかになります。

販売所
ビットフライヤーが相手方となり暗号資産を売買できる。手数料(スプレッド)が高めに設定されている。小額から売買可能な点が強み。

取引所
ビットフライヤーが仲介する形で投資家同士で暗号資産を売買する。手数料は安いが最小売買が販売所よりも少し大きい。

というイメージです。なのでコストの安い取引所を使って売買しましょう

合計10万円の買付になるので、になればいいので、5万円ちょっと分を買い→売り→買い→売りとすればOKです。なお、最低売買単位は0.001BTC≒3110円くらい(現在のBTC価格は311万円ちょっと)になるので数量はうまく調整してください。5万円ぴったりよりも少し超えるくらいを狙う方が安全だと思います。

買った後は売却してもう一度すぐに5万円ちょっと分を購入して売却します。

 

理論コストは300円ちょっとくらい

今回のビットフライヤー取引所の取引手数料は0.15%(10万円未満)ですので売り買いの合計で300円くらいが理論コストになります。実際には10万円ちょっとの金額になるでしょうから、もう少しコストはかかるでしょうが500円はかからない水準になるかと思います。

これで12000円還元なら十分突撃水準かと思います。後述する出金時の手数料を考慮しても1万円以上は残りますね。

 

ポイントサイトで承認されるまで「円」で5万円以上の残高をキープ

最後の条件はポイント付与の時点まで5万円以上の総資産額を保有ということになっています。この総資産額には「円」も含まれるそうなのでビットコインは売却した上で5万円をキープしておきましょう。

※ビットコインのままにしていてもOKですが、価格下落で時価(総資産額)が5万円を下回ると対象外になるのでご注意ください。

 

ポイント付与後に出金

出金時には手数料がかかるので、細かく出金するのではなくまとめて出し入れしたいところです。なお3万円以上の出金手数料は三井住友銀行なら440円、それ以外なら770円となります。

 

以上でミッションコンプリートです。ちょっと複雑そうに見えますけど、一つ一つの手続き自体はそう面倒なものではないのでクリアしていきましょ。