ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

無題ドキュメント

ポイント投資の攻略ブログ

新電力切り替えを利用したポイ活!わずかな手間で爆益狙える好案件

著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20210406071054j:plain

(追記)
原油高や電力価格高騰の影響などもあり、現在のところ新電力案件はすっかりなりを潜めている状況です。現状だと特におすすめの案件はありません。

 

2016年4月、電力の小売りが完全自由化されており、その自由化にあたり電気の小売り事業を始めた企業を一般に新電力と呼びます。

東京電力、関西電力、私が住む福岡なら九州電力というように、自由化以前から契約をしているならこれらの地域電力会社と契約しているはずですが、この自由化を受けて他の電力会社との契約切り替えも可能になりました。

契約切り替えというと凄く大ごとのように感じる方もいますが、実はメチャクチャ簡単です。自宅の電気メーターがスマートメーター(針がアナログではなくデジタルのやつ)に変わっていればオンラインのみで手続きできます。

切り替えで万単位のポイントがもらえる案件もありますのでうまく活用していきましょう。美味しい案件を紹介していきます。

ちなみに、一般論ですがオール電化住宅の場合、ほとんどの新電力にオール電化住宅向けプランがないので対象外です。また、マンション等で一括受電契約をしている場合は個人で契約の変更ができないので、こちらもダメです。

言い換えればそれ以外の方はほとんどの方が対象になるはずです。コスト負担なく高額還元が狙えるポイ活案件なので上手に活用しましょう。

直近、燃料価格の高騰や円安などの影響もあり、電力会社は厳しい状況で獲得のためのポイント還元などは中々渋い状況になっています。

新電力切り替えで電気代が急騰したって話題があったけど大丈夫?

2021年1月に電気の卸売り市場での取引価格が高騰する事態があり、新電力との契約プランが「市場連動型」の契約をしているケースでは電気代が数倍以上になったケースもあります。

こうした市場連動型のプランは使わないようにするのが良いですね。

しかし、ロシアのウクライナ侵攻からの燃料価格上昇などもあり、一部の新電力では従来の固定価格(+燃料費調整額)だったものが市場価格連動型にプラン自体を変更する新電力も出てきています。

たとえばlooopでんき(2022年12月1日~)や楽天でんき(2022年11月1日~)などですね。

燃料費調整額と比較して市場連動型というのは時として大きく価格が変動することがあります。燃料費調整額が上限撤廃されたからといって電気代が従来の何倍にもなることは考えにくいですが、市場連動型の場合は電力不足が厳しくなると価格が大幅に高騰して場合によって数倍の料金になるようなリスクもあります。

こうした状況を踏まえると今はあまり動かずに様子見をしたほうがいいかもしれません。市場連動プランの電力会社からはよほどうまく使えるケースを除けば脱出しても良いかもしれませんね。

 

電力切り替えにかかるよくある質問

・電力切替って面倒そう……
ネット上で10分くらいで終わります。立会も不要です。変更したい業者に申し込みをするだけで完結。現在利用中の電力会社への連絡も不要とメチャクチャ簡単です。

・電力切替に必要なモノって何?
検針票があればそれだけでOKです。ここに記載されている「お客様コード」「供給地点特定番号」があれば乗り換えが可能です。

・新電力って停電しやすかったりする?
関係ないです。購入元を変更しても、電力の供給自体は同じ送電設備を通じて送られてきます。安定性には変わりありません。

・工事は必要なの?
スマートメーターになっていない場合は工事が必要ですが、大抵変更されているんじゃないでしょうか。旧来のアナログ検針メーターからスマートメーターへの切り替え工事は無料です。

・賃貸マンション、アパートでも変更できる?
できます。大家さんに許可を取る必要もありません。

・投資用の不動産などでも利用できる?
居室は利用者が決めることなので難しいですが、共用部分などは大家さんの管理になりますので、電力会社の変更は可能です。

・どれくらい電気代って安くなるの?
契約するプランによって変わります。一般に地域の電力会社と比べて消費電力量が多い場合、割安なプランが用意されていることが多いです。ほかにも基本料金ゼロプランがある新電力もあったりします。

・新電力に切り替えた後に地域電力会社に契約を戻せる?
はい、戻せます。ただし、最低利用期間が定められているような場合は短期解約は違約金などが発生する可能性があります。かならずチェックしましょう。

・オール電化住宅でも使える?
オール電化での契約OKのところもありますが、案件が少ないです。オール電化住宅を利用している人は、残念ですがポイントサイト案件の利用はあきらめた方が良いと思います。

・全国どこでも大丈夫?
電力会社によって違いがあります。たとえば、九州電力エリアは対象外みたいな感じでエリアによって対応していない新電力もあります。

・契約時やプラン選びで注意すべきことはなに?
携帯電話と同じように契約に「〇年縛り」があるようなケースがあります。こうした場合、短期間で別の電力会社に変更すると違約金が発生するケースがあります。ポイ活で活用する場合は違約金のない案件を活用しましょう。また、冒頭で紹介したように、市場連動型のプランは採用しないほうがよいでしょう。

 

新電力への切り替えで手軽にポイ活しよう

と、前置きが長くなりましたが、新電力切り替えがお得な案件を精査しております。うまく活用していきましょう。

当然ですが、一度に複数の案件を利用することはできません。過去の還元額などもまとめていますので、「今お得な案件」から利用してそれが終わったら次の案件というようにホッピングしていくのがよさそうです。

<いまはお得な電力切り替えポイ活案件はありません>