ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

ポイント投資の攻略ブログ

クレカでリボ払いはヤバイ。何も考えずに使うと借金増殖マシーンになる

本ページにはプロモーションが含まれております
著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20200323061955p:plain

クレジットカードの利用においてリボ払いはダメ!という内容はご存知の方も多いと思います。一方で、その主張は本来届くべき人に届いていないという現実もあるようです。

クレカの支払い方法の中でもリボ払い(正式名称はリボルビング払い)という決済方法は魔法の決済方法です。欲しいものや必要なモノが今手元にお金がなくても、月々僅かの負担額で手に入れることができるからです。

たとえば、今のペースで貯金をしても買えるのは半年後、1年後というような商品でもリボ払いを利用すれば月々数千円~の負担で購入できてしまいます。

その一方で、リボ払いという決済手段は地獄の一丁目です。もし、この決済を利用した場合、借金地獄に足を踏み入れていることを自覚する必要があります。

そのくらい危険です。

 

なぜリボ払いは危険なのか?

リボ払いは毎月一定額を支払っていけばOKというクレカの決済方法です。たとえば、10万円のお買い物をしたとしても、月々5000円+手数料(金利)の支払いをしていくイメージです。

さらに、追加でお買い物をしたとしても月々の支払いは5000円でOKなので、月々の支払いがラクラクというのが売り文句です。

確かに支払い自体は楽なのですが、リボ払いは結局後払いをする借金にすぎないわけです。で、月々の支払いがラクラクというのは、単に返済をしていないだけです。

借金の残高自体は残っているわけなので、残高に対する手数料(金利)がガッポリ取られることになります。

  • 月々の返済額が少なすぎるので残高が減らない
  • 金利(手数料)は高め(低くても年利10%程度、高ければ年利15%ほど)

こうなるため、リボ払いというのは、金利分をカード会社にむしり取られる決済手段となっているわけなんです。

さらに、リボ払いを日常的に使うことで、借金地獄まっしぐらへの地獄ルートが

完成します。

 

利用額>月々の支払額で借金増殖マシーンになる

借金というのはたとえ少額であっても借金の元本を減らしていけば借金総額は少しずつですが減っていきます。

ただ、リボ払いの怖いところは返済で総額が減るどころか総額が膨れ上がっていくケースが多いということです。

たとえば、月々の返済額が5000円というリボ払いを組んでいたとします。この人が毎月2万円のカード利用をする場合、毎月の元金返済を上回る勢いでリボ払いの未返済残高が増えることはわかりますよね。

毎月1.5万円ずつ残高が積みあがっていきます。1年後には18万円、2年後には36万円、3年後には54万円という大きな借金に成長しいていくわけです。月々の利用額が2万円程度という小額でもこうなるわけですから、カードで何でも支払っているようだと、あっという間に借金は積みあがります。

で、よくあるケースは、カードが利用できなくなってなんでかな?と思ったら借金残高がリボ払いの上限に達しており、3桁万円の残高があることがわかって絶望するといった話を聞きます。

特に後述する「自動リボサービス」などに登録をしてリボ払いであることに気づかずに使い続けて借金が積みあがってしまった……というような人もいます。

 

残高50万円を5000円のリボ払いで返済するとどうなる?

※利率15%、元金均等返済

この場合、おおよそ総返済額81.4万円(利息は31.4万円)、返済期間は8年となります。当然ですが、このシミュレーションは今後買い物をしない前提です。

なお、月々の返済額を増やせば、それだけ借金の元本部分の返済が早く進むため支払う利息は大きく減ります。

  • 1万円:返済総額:65.8万円
  • 3万円:返済総額:55.4万円
  • 5万円:返済総額:53.3万円

なので、すでにリボ残高があるという人はなるべく早く返すことが重要です。

 

リボ払いを誘発する罠が多すぎる

また、問題点としてはリボ払いを誘発する罠が多すぎる点もあります。

そりゃ、カード会社としてはユーザーがリボ払いで借金を積み上げてもらえば、その分だけ高額な金利収入が得られるわけですので、どしどしリボ払いをしてもらいたいのはわかりますが、知識のない人が食い物にされる感があります。

  • リボ払い専用クレジットカード
  • 自動リボサービス

のようにリボ払いをさせるためのクレカやサービスもあります。

こうしたカードやサービスを利用するとカードの決済によるポイント還元率が大きくアップする、ポイントがもらえるといったような特典もあって、うまく活用できればお得です。

ただし、たとえばお買い物のポイント還元率が1%UPしたとしても、それを普通にリボ払いでしていたら年率で10~15%ほどの金利を取られるわけですので圧倒的に損をします。

あくまでも、こうしたリボ系を活用して得をしている人は“手数料(金利)を支払わない、あるいは最小限に抑えて特典分だけを受け取る”ということをしているわけです。

普通にリボ払いを使ったら間違いなく損をします。