ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

ポイント投資の攻略ブログ

2021年末のふるさと納税はふるさとチョイス × メルペイがおトク

著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20211222103225p:plain

2021年末のふるさと納税は『ふるさとチョイス』で『メルペイスマート払い』という支払い方法がおトクです。還元をもっとも効率よく行う場合は1万円までの寄付ということになりますが、上手く利用すれば最大で50%ほどの還元率が期待できます。

これまでにメルペイスマート払いを利用したことがないというが前提になりますが、よかったら活用していきましょう。

ふるさとチョイス公式ホームページ

複数キャンペーンの組み合わせで、ふるさとチョイスがおトクに!!

そもそも、ふるさと納税の仕組みが分からない……という方は先に「ふるさと納税の寄付サイトを比較、ポイント還元で寄付サイトを選ぼう 」の記事をご一読ください。

複数のキャンペーンを組み合わせることができ、ふるさとチョイスでメルペイを使ったふるさと納税が最大50%以上の還元になります。

以下のキャンペーン、メルペイスマート払いを利用したことがない人が対象です。そういう方が以下のキャンペーンの説明を読んでもチンプンカンプンな気がしますが、とりあえず先にキャンペーンを紹介させてください。

具体的なやり方は後述していきます。

①ふるさとチョイスでメルペイスマート払いを利用してお支払いすると最大P1,500がもらえるキャンペーン

期間:2021/12/15 (水) 00:00:00 〜 2022/01/14 (金) 23:59:59

  1. ふるさとチョイスでメルペイスマート払い(翌月払い)を利用して10,000円以上の決済を行うとP500が還元されます
  2. 期間中にメルペイスマート払い(翌月払い)でお支払いし、定額払いに切り替えると10,000円~14,999円の決済でP500、15,000円以上の決済でP1,000が還元されます

この2段構えになります。

  • 1万円までのふるさと納税:1000P
  • 15000円までのふるさと納税:1500P

がもらえるということになります。なお、本キャンペーンを利用できるのは下の条件を満たしている人です。

・本キャンペーン開始以前に、「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定が完了していないこと
・本キャンペーン開始以前メルペイスマート払い(翌月払い)のご利用がないこと

キャンペーンページは「こちら」になります。必ずご一読の上、メルペイの設定をしてくださいね。

②メルペイスマート払いのお買い物で20%ポイント還元(上限P2,000)キャンペーン

期間:2021/12/01(水) 00:00:00 ~ 2021/12/26(日) 23:59:59

本キャンペーンは、期間中にキャンペーンにエントリーし、メルペイスマート払いをご利用すると、決済金額の20%相当分のポイント (上限P2,000) が還元されるキャンペーンです。ポイントは2022年1月31日までに付与されます。

キャンペーンページは「こちら」になります。
このキャンペーンも過去にメルペイスマート払いを利用しているなどの人は対象外になりますのでご注意ください。

③はじめての定額払いで最大P10,000還元キャンペーン

期間:2021/12/15(水) 00:00:00 ~ 2022/01/14(金) 23:59:59

キャンペーン期間中、キャンペーンにエントリーし、初めてメルペイスマート払い (定額払い) をご利用いただくと、定額払いご請求後に清算した元本に対して最大で10,000円相当分のポイントが還元されます

また、清算時に支払う対象商品にかかる定額払い手数料が半年分実質無料となり、今なら期間中に初めて定額払いの申し込みを完了いただくと、P1,000がもらえます。

なお、還元率(○○%還元)は人によって違うようです(-_-;)
メルカリアプリから確認してみてください。

キャンペーンページは「こちら」になります。

 

全部組み合わせると1万円の寄付で

①:1000P
②:2000P
③:???(人により還元率が違う)+1000P

合計で4000P+αです。
???の部分は少なくとも10%以上はあるでしょうから最低でも50%超の還元率にはなりそうです。

 

メルペイスマート払いを利用したことがない人はチャンス

先にキャンペーンだけを説明しましたが、内容が理解できた方は少ないと思います。
理解できた方は多分キャンペーン対象外のはず(笑)

まず、メルペイというのはメルカリのスマホ決済サービスです。メルカリの売上金やポイント、あるいはチャージしたお金を使って決済できるサービスです。リアル店舗はもちろん、今回のふるさとチョイスのようにネット決済でも利用可能です。

そして、『メルペイスマート払い』というのは後払いのサービスです。このメルペイスマート払いは2種類あります。

メルペイスマート払い(翌月払い)
メルペイで買ったお買い物を翌月中に返済するとい
う後払いサービスです。これが基本系です。翌月中に支払いをすれば手数料等(金利)はかかりません。

メルペイスマート払い(定額払い)
こちらは、買い物をした分を「定額払い」といって翌月以降一定額ずつ返済していくというタイプの返済手段です。毎月の返済額を決めて翌月以降にそれを返していくというもので、クレジットカードでいう「リボ払い」と同じようなものです。こちらは金利が発生します。メルペイスマート払い(翌月払い)で購入した買い物を「定額払い」に切り替えることで変更できます。

基本的に「定額払い」は使うべきじゃない

大前提として定額払いは金利が発生することになりますし、悪名高い「リボ払い」と同じような仕組みで動いているものなのでおすすめできません。

ただし、今回のキャンペーンのように還元額が大きい場合は別です。使うだけ使ってキャンペーンの条件を達成したら即時返済すればポイント分だけトクできます。

3つのキャンペーンで50%超の還元が期待、具体的手順を紹介

先ほど紹介した①~③のキャンペーンを考えると以下のようなふるさと納税(ふるさとチョイス利用)がお得になります。

具体的な手順は以下のようにやりましょう。

メルカリをまだ使ったことがない人

AppStore、GooglePlayから「メルカリ」と検索してメルカリアプリを入れましょう。インストールしたら会員登録をしておきます。これで利用可能になります。

ちなみに会員登録の際に紹介コードとして「KASQKZ」を入れていただくと500P(メルペイで利用可能)がもらえます。

キャンペーンにエントリー

②と③は要エントリーのキャンペーンです。メルカリアプリの「お知らせ」欄からキャンペーンが確認できると思うのでエントリーしておきましょう。

メルペイスマート払い(翌月払い)の審査に申し込む

メルペイスマート払いは審査が必要です。少し時間がかかる可能性があるので早めに審査を申し込みましょう。審査はメルカリアプリの「メルペイ」タブから可能です。

審査通過後はメルペイの支払い方法を「メルペイスマート払い」に変更しておきましょう。なお、利用上限額は自由に設定できますので、ふるさと納税で利用したい金額(1万円)にしておきましょう。

ふるさとチョイスでふるさと納税をする

ようやく準備は完了です。

ふるさとチョイス公式ホームページ

「ふるさとチョイス」のホームページに行ってふるさと納税したい商品を探しましょう。そして、寄附をするときに「メルペイ」を選択して支払いを完了させましょう。

その上で支払いをしたメルペイスマート払い(翌月払い)となっている、ふるさとチョイスの支払いを「定額払い」に変更します。

これで①~③のキャンペーンをすべてクリアしたことになります。

あとは、翌月(1月)以降に、この支払を返済すれば終わりです。定額払いにしているので複数月に分かれての返済となります。③のキャンペーンで6回までの手数料は無料になりますが、あとくされなくするために早めに清算しておきましょう。

清算は残高清算が一番楽です。

 

結構(かなり)複雑、よくわからないならあえてやらないのも手

自分で記事にしておきながら言うのもなんですが、かなり複雑で分かりにくいです。とはいえ、ふるさと納税で50%以上のポイント還元を見込むことができるというのは結構大きいです。

やってみる価値はあると思います。

ただ、メルペイスマート払い(定額)は基本的にはリボ払いです。キャンペーン終了後は利用すると高額な手数料(金利)が発生する仕組みになっています。この辺りについては「メルペイスマート払い(定額)が登場、実質リボ払いのヤベーやつ」の記事でも詳しく説明しています。

ふるさとチョイス公式ホームページ

また、最後になりましたが内容がよくわからないならあえて参加しないというのもアリです。メルペイ×ふるさとチョイス以外にもお得なふるさと納税寄付サイトはありますので、もう少し単純なルールで参加できるふるさと納税サイトを利用するのもアリだと思います。

dp-invest.hateblo.jp