ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

三菱UFJ銀行でPontaポイントが貯まる銀行ポイ活。投信関連のポイント還元はポイ活投資におすすめ

f:id:showchan82:20210127154719p:plain

三菱UFJ銀行のインターネット口座である「三菱UFJダイレクト」では、共通ポイントのPontaポイントと提携し、ポイントサービスを始めることになりました。

どうせ、しょっぱい感じなんだろうなぁ……と思っていましたが意外と中身は良いです。ポイ活と投資を組み合わせるには使い勝手がよさそうです。

投信関連のポイ活投資では「クレジットカードでの投信積み立て」が人気ですが、三菱UFJ銀行も決して悪くないかもです。

そのためだけに口座を作る意味はそこまでないかもしれませんが、そこそこお得感はありそうな感じです。個人的には結構期待してます。

 

三菱UFJダイレクトのPontaポイントサービス

以下の取引でPontaポイントがたまります。

  • 三菱UFJダイレクトにログイン:5ポイント/月
  • 口座振替:10P/月1回まで
  • 三菱UFJデビットの利用:10P/月1回まで
  • クレジットカードの引き落とし:10P/月1回まで
  • 運用商品残高50万円以上:50P
  • 投信また外貨積立(1万円ごと):30P(上限300P/月)
  • 住宅ローン契約:50P

となっています。

比較的手軽な条件でポイントがもらえるのがいいですね。ログインはともかく、クレジットカードや口座振替などがあれば10Pというのはそこそこよさそうです。

f:id:showchan82:20210127154932p:plain

通帳発行しない口座にしておけば振込手数料も1回無料でコンビニATMも1回無料なのでとりあえず、お金の移動も可能です。

なお、Pontaポイントの番号登録は「こちら(三菱UFJ銀行公式ホームページ)」から可能です。

 

投資信託のポイントサービスはオトク

投資信託関連では残高50万円で50ポイント、積立1万円ごとに30ポイントという特典があります。これはそこそこですね。

原則、銀行で投資信託なんて買うべきじゃない派なのですが、ポイント還元は立派です。オンラインバンキングで購入できる投資信託についてはeMAXIS Slimを始めとした、低コストインデックスファンドもそろっています。

f:id:showchan82:20210906222430p:plain

毎月ほぼ放置で365Pが稼げる

細かいポイントも含めて、毎月これだけのポイントが稼げればまずまずじゃないでしょうか。ほぼ放置でイケますし。月々だと小さいかもですが、年間4380円です。悪くないと思います。

ちなみに、Pontaポイントは「auPAYマーケット限定ポイント」に交換すれば1.5倍に増量できます。増量分は、お買い物の他、ふるさと納税、ホテル予約などに使えるので利用価値は十分です。

投信保有の残高ポイントは高還元でネット証券の2倍以上(条件限定)

まず、残高50万円以上で50ポイントというのは還元にすれば0.01%です。年利に換算すすれば0.12%相当になります。投資信託の保有残高に対してポイントを与えるネット証券もありますが、高レートで知られる楽天証券の場合で0.048%です。

この2倍以上の水準ということで、悪くありません。50万円の運用で年600Pの還元になります。

ただ、100万円、200万円と増えても還元は増えないので、50万円ちょっとを上限にしておく感じですかね。相場の増減も含めてちょっと余裕をもった運用設定にしておけば良いと思います。

毎月積み立てで0.3%相当のポイント還元も額が大きければ有効

もう一つは毎月の積立で積立額の0.3%相当(1万円につき30P)がたまります。これは「楽天証券×楽天カード」の1%還元と比べると還元率は低いです。ただし、月10万円まで投資できる(クレカ積立は5万円上限)という点は大きな強みです。

  • 楽天証券×楽天カード:1%還元
  • tusumiki証券×エポスカード:0.1%~0.5%(エポスゴールドは特典あり)
  • SBI証券×三井住友カード:0.5%~2.0%

上記の証券会社×クレカ積立の方が率自体は高くなりますが、投資金額が2倍まで行けるので、受け取れるポイントの絶対額は大きいです。

ちなみに、投信の積立&ポイ活は「どれをやる?」という話ではなく資金的余力があれば利益になりそうなものは全部やるのが正解です。毎月積立をする余力がないという場合でも「即売り」をすれば現金余力はできるはずなので変動リスクの大きさよりも受け取れるポイントの方が大きいならやった方が儲かるかrです。

なお、三菱UFJ銀行では、クレカ積立ポイ活で人気の国内債券ファンドも取り扱いがあります。

f:id:showchan82:20210127155727p:plain

なぜ、人気なのかというと「購入からの即売り」でポイント分だけ賢く頂くということが可能になるからです。

下記記事でも分析していますが、国内債券型ファンドの一日当たりの平均的な変動率は「0.002%」、リスク(標準偏差)は「0.117%」です。もらえるポイントの0.3%を下回っていますね。もちろん、100%利益が出るわことを保証できるわけじゃないですけど、確率的には勝てる勝負になります。

dp-invest.hateblo.jp

さらに、獲得したPontaポイントは1ポイント=1円以上で使える

こちらで貯めることができるPontaポイントは1ポイント1円として利用できます。

運用目線でいえばauカブコム証券は投資信託の購入にもポイント利用ができます。このほか、最も有効活用するというのであれば、auPAYマーケットでのお買い物でしょう。Pontaポイントを1ポイント→1.5円分の限定ポイントとして利用可能です。

dp-invest.hateblo.jp

ポイント効率を大きくアップできますので、Pontaをうまく利用していきましょう。ポイントは上手に交換して増量してお得に活用する!これぞポイ活の醍醐味ですね!

 Pontaポイントは現金化も可能

個人的には上記のauペイマ限定ポイントにして使う方がお得だと思いますが、現金化したいという方はauPAYにポイントチャージをしてauじぶん銀行に戻すという方法を使えば100%のレートでPontaポイントは現金化もできます。  

三菱UFJ銀行に限らず、銀行系のポイ活はお得に活用しよう

なお、同行に限らず、銀行系、証券系はいろいろなポイント獲得要素があります。お得に上手に活用していきましょう。

以下は代表例です。

銀行の自動振込を利用したポイ活↓

dp-invest.hateblo.jp

銀行の口座振替ポイントを利用したポイ活↓

dp-invest.hateblo.jp

クレジットカードの投信積立投資を利用したポイ活

dp-invest.hateblo.jp

お得に銀行、証券でポイ活して、そのポイントを活用して資産形成にブーストをかける、そんなポイ活投資をみんなで実践していきましょう。