ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

PayPayボーナス運用とは何か? ペイペイで投資体験ができるポイント投資の仕組みを解説

f:id:showchan82:20200416180335p:plain

PayPayボーナス運用というポイント運用(疑似的にポイントを投資してポイントが増減するサービス)を始めました。

スマホ決済サービスのPayPayにはチャージした内容によって3つの種類があります。

  • PayPayマネー(銀行口座からチャージ)
  • PayPayマネーライト(クレジットカードからチャージ)
  • PayPayボーナス(PayPayの決済ポイントやキャンペーンのポイント)

で、PayPayボーナス運用は、このうち「PayPayボーナス」を利用してポイント運用が可能なサービスとなっています。PayPayマネー、PayPayマネーライトは利用できません

PayPayマネー、マネーライトが使えないため、チャージした残高は使えず、あくまでもPayPayの決済で得られたポイントを使った運用となります。

PayPayボーナス運用を始めるには?

PayPayアプリから行うことができます。なお、投資サービスになりますが、あくまでもポイントを使った疑似投資なので証券口座などは不要です。誰でもPayPayボーナス残高があればすぐに始められます。

まだ、PayPayの登録(アプリ)がお済でない方は以下からダウンロード可能です。

iOS端末用

Android端末用

 

PayPayボーナス運用のしくみ

スマホ決済サービスを行っているPayPay証券会社(旧:One Tap Buy)とPayPayが提携して始めています。ポイントのままの疑似運用サービスなのでdポイント投資と同じように、証券口座は不要です。

1円相当の残高から運用可能となっています。

  • チャレンジコース
  • スタンダードコース

この二つから選択できます。それぞれ米国ETF(株価)と連動するようです。

チャレンジコースは「DIREXION S&P 500 3X(SPXL)」、スタンダードコースは「SPDR S&P500 ETF(SPY)」と連動します。

どちらも米国の株価指数であるS&P500に連動するETFはチャレンジコースは値幅3倍のハイリスク・ハイリターンタイプ、スタンダードコースは等倍連動となります。

リアルタイムで投資/引出が可能です。売買にかかる手数料は無料となっています。

  • PayPayアプリのホームから「ボーナス運用」を選択
  • 規約同意
  • コースを選択
  • 運用ポイントの入力
  • 完了

こんな感じです。PayPayボーナス残高があれば数分で運用がはじめられちゃいます。始めたら後は、実際の株価の動きによって運用しているポイントが変動していきます。

 PayPay証券が提供しているサービスですが、証券口座の開設などは不要です。いつでもだれでも始めることができます。

PayPayボーナス運用における投資のルール、仕組み

まずは、PayPayボーナス運用のポイント運用サービスの基本的な仕組みを理解していきましょう。

運用ポイントは実際の株価に従って変動する

PayPayボーナス運用は疑似的なポイント運用サービスです。投資したPayPayボーナスは実際の株価の動きに応じて変動していきます。

株価が上がればポイント残高が増え、下がれば減少します。当然ですが、得をすることもあれば損をすることもあります。このあたりは普通の株式投資と同じです。

大きな特徴は米国株の取引時間外であっても投資ができるという点です。

本来、米国株の取引時間は米国東部時間の9時30分~16時です。日本時間に直すと以下のタイミングです。

  • 23時30分~6時(冬時間中)
  • 22時30分~5時(サマータイム中)

なので、通常の米国株はこの時間帯に取引ができます。
ただ、PayPayボーナス運用はこの時間帯の取引だけでなく、それ以外の時間帯も取引できます。実際、米国市場があいていない時間帯でもPayPayボーナス運用の残高は変動します。

取引時間外は独自の計算方法で価格を提示しており、月曜日朝~土曜日の朝まで24時間変動しています(土日は変動停止しているようです)。

PayPayボーナス運用の売買手数料は無料

売買手数料・コストは無料です。ポイント追加、即引出という手順を踏みましたが、ポイントは全く減りません。

本家(運用元)のPayPay証券ではスプレッドコストがかかる仕様のようにですが、PayPayボーナス運用の場合、このコストはかからない設定になっているので、米国株の売買サービスとしては魅力的ですね。

分配金は出ないので注意(要、権利落ち対策)

一方、S&P500にポイント投資できるのであれば悪くないのですが、気になるのはやっぱり分配金がどうなるか?です。

PayPayボーナス運用で疑似投資をしている、「DIREXION S&P 500 3X(SPXL)」、「SPDR S&P500 ETF(SPY)」はどちらも「分配金」が出ます。この分配金はPayPayボーナス運用では反映されません。

そのため、分配金が出ない分だけ損をします。ただし、これは権利落ち日という分配金が確定する日だけ運用しないという選択をとることで回避できます。

なお、SPYの場合は、「毎年3月、6月、9月および12月の各第3金曜日」となっておりますので、そのタイミングは運用しない(残高から抜いておく)ことをお勧めします。

dp-invest.hateblo.jp

ポイント運用サービスの権利落ちについては上記の記事を参考にしてください。

 PayPayボーナスの利用制限

  • 1日(24時間)に追加できるのは50万円まで
  • 1か月(過去30日)に最大200万円までしか追加ができない(買い物も含む)

となっています。まとまったペイペイボーナス運用をしようと思ったときはこの制限が大きく影響するかもしれません。が、普通にやる分ならあまり気にする必要はないかもしれません。

 

PayPayボーナス運用のスタンダードコースとチャレンジコースの違いと使い分け

用意されている「スタンダードコース」「チャレンジコース」の違いを詳しく紹介したいと思います。

スタンダードコースはS&P500という米国の株価指数に直接連動する運用方法となります。一方でチャレンジコースはそれの3倍の値動きをするように作られているETFです。

雑に言うとチャレンジコースはリスク3倍の運用手段です。上昇をすればその分だけ利益も出ますが、下落するとその分だけ損失も大きくなります。ハイリスクハイリターン志向の商品です。

今のように上昇基調の相場では強いのですが、ボックス相場(同じくらいの水準で上下を繰り返す相場)や下落相場には弱いです。基本的は「ここ一番」のタイミングで短期投資に利用するべき商品だと思っています。

 

PayPayボーナス運用攻略法は何かある?

私が確認した限りですが日本の土日は動かないようです(祝日は動く)。土曜日の5時台は変動、月曜日の7時以降に変動を確認。なので、金曜日のNYの引け後に株価が大きくプラス方向に動きそうな時に投資するという手は有効です。

 土日で大きく相場が動くことはあまりですが、「サンデーダウ(ウィークエンドダウ)」大きく動いたときはPayPayボーナス運用の指標とできます。これを利用してプチ攻略が可能です。

また、米国株取引時間中と時間外の価格の差を利用して米国株取引時間直前にちょっとした攻略タイムがあります。

詳しくは「PayPayボーナス運用の攻略法。月曜日の後出し投資と米市場開場前のアービトラージ投資」の記事でまとめています。

また、それぞれの攻略法についての具体的な予測値については以下の記事で更新しております。

毎週月曜日朝7時のギャップを利用したPayPayボーナス運用攻略
毎週月曜日朝6時ごろ更新

平日22時30分のチャレンジコースのアビトラ攻略の予測値と結果
平日更新。夕方と22時前後に更新
※米国市場の休場日は除く

 

PayPayボーナス運用はおすすめ?

PayPayをしっかり利用しているヘビーユーザーじゃないとそもそもポイント(PayPayボーナス)を貯めることができないという点は弱いです。

ずっと追加したままならいいですが、出し入れを前提にすると、PayPayでの決済時に優先消費されるので気を付けないといけません。

一方で手数料無料で米国株投資ができるという点は魅力と言えば魅力でしょう。

ちなみに、私もPayPayボーナスはゼロポイントだったのでPayPayボーナスが貯まるという「QuickPoint」というサービスでポイントをちょっとだけもらいました。

PayPayボーナスがないけどPayPayボーナス運用を試してみたいという方はどうでしょうか?「こちら」から登録いただくと、新規会員登録時にスクラッチが2枚(通常は1枚)もらえるそうです。

運営会社はソフトウェアのダウロードサービスの「Vector」を運営しているベクター社です。PayPayと何の関係が?と思いましたが、ソフトバンク・ヤフーの子会社なんですね、知りませんでした。