ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

ポイント投資の攻略ブログ

9月はPayPayポイント運用で2%還元キャンペーン 99P連打や月曜変動再開を利用してさらにお得に攻略

本ページにはプロモーションが含まれております
著者:しょうこちゃん

PayPayポイント運用が2023年9月にちょっとお得なキャンペーンを実施します。対象者限定で9月にPayPayポイント運用にポイントを追加すると2%相当のPayPayポイントが還元されるというものです。

期間は2023年9月1日~30日まで。ただし、対象者の指定がありますので条件を満たしていることの確認が必要です。また、適用除外となる要件もあるため、それをしないように注意も必要です。

さて、それでは本キャンペーンを美味しくいただくための攻略方法を紹介します。

PayPayポイント運用追加で2%還元キャンペーンの基本

公式キャンペーンページ」にも書かれているので必ずご自身でもご一読ください。以下は私が要点と注意点をまとめたものです。

キャンペーン対象者

まずは本キャンペーンの対象者です。

  1. PayPayポイント運用をしたことがない人
  2. 2023年8月中に1ポイントも追加しなかった人

この二つのいずれかを満たしている人が対象になります。なお(2)は追加が条件で引き出しだけしかしていない人は対象です。出し入れの記録は「PayPayアプリ>ポイント運用>運用履歴」から確認できます。

キャンペーンの基本内容

キャンペーン期間中(2023年9月中)にポイント運用で、追加したポイントの合計額に応じて2%分のPayPayポイントを付与。PayPayポイント運用では100P以上を一度に追加すると1%分の手数料が取られてしまいますので、1%分のコストがかかります。つまり、実質的には1%還元のキャンペーンとなります。

  1. 上限5000P(逆算すると25万PayPayポイントまで)
  2. 10月末ごろ特典を付与
  3. 9月中に引き出しを1Pでもしてしまうと対象外

(3)は怖いところですね。すでに運用額がある人は注意しましょう。
ちなみに、PayPayポイント運用では2023年9月15日~19日にかけて「権利落ち」が発生します。本キャンペーンの対象だけど、すでにPayPayポイント運用で運用をしている人は今回の権利落ち回避はあきらめるか、本キャンペーンにそもそも参加しないという選択が必要になります。

参考:PayPayポイント運用の権利落ち回避

PayPayポイント運用の2%還元キャンペーンの攻略方法

基本的にリスクを減らすのであれば9月30日(土)に追加をして10月1日に引き出しをするのが戦略となります。

今回のキャンペーン最終日はおあつらえ向きに土曜日です。PayPayポイント運用は土日祝日は変動しませんので、変動終了時間(30日6時以降)に追加して1日に引き出しをすればそれでクリアとなります。

その上で追加的にポイントを獲得することができるかもしれない、2つの攻略方法があります。

  1. 99P連打で1%の手数料をケチる
  2. チャレンジコース(逆チャレンジコース)で追加し10月2日の変動開始時の差分もゲットする

99P連打で1%の手数料をケチる

PayPayポイント運用は100P以上の追加だと1%の手数料がかかりますが、99P以下の場合はかかりません。これを利用して99P追加を連打していけば額面通り2%還元になります。

非常に手間がかかる作業になるので追加するポイントが少なめの人向けですかね。上限の25万ポイントを99P連打でやるなら2526回の作業が必要になります。あんまりやりすぎるとPayPay側から攻撃的な使い方としてペナルティを受ける可能性もあるので、数回程度の追加を除き個人的には非推奨です。

チャレンジコース(逆チャレンジコース)で追加し10月2日の変動開始時の差分もゲットする

土日が絡む話なので、「毎週月曜日朝7時のギャップを利用したPayPayポイント運用攻略」を併用できます。

  1. 土曜日の23時59分までに最大25万ポイントを「チャレンジコース」または「逆チャレンジコース」に追加をする
  2. 10月2日 (月曜日)の変動開始前にサンデーダウなどを確認して月曜日の変動再開時のギャップを予測する
  3. プラス方向になりそうなら7時以降に引き出し、マイナス方向になりそうなら6時59分までに引き出し

こうすれば、うまくいけば+αのポイントも獲得できます。仮に0.5%位でも動けばMAXで1000Pくらい獲得できます。

25万PayPayポイントをどう稼ぐ?

はい。大きな課題だと思います。参加できるなら上限貰いたいところです。dポイント10%増量もあったばかりなので、あまり弾が用意できない人も多いかもしれませんね。

PayPayポイントと交換可能なポイント

  • Tポイント
  • LINEポイント
  • ソフトバンクポイント
  • さとふる舞ポイント
  • moppy(ポイントサイト)
  • アメフリ(ポイントサイト)
  • ワラウ(ポイントサイト)
  • Vitalityコイン(住友生命)
  • SmileSTAND
  • MENICOIN
  • トラックポイントラリーアプリ
  • HELPO
  • CLUB TOHOガス
  • ポモチ
  • 関西電力はぴeポイント

これらがあります。交換元としてはTポイントやLINEポイントがあるので、これらのポイントを貯めている人は交換してみるのもありですね。
ただし、PayPayポイント→Tポイントの交換はできないため一方通行です。

ポイントサイトのポイントではモッピーアメフリワラウがありますのでこれらのポイントサイトにポイントがある人はいいかもしれません。ただ、1%増量程度ではちょっともったいないかもです。

ちなみに、ハピタス、ポイントインカム、PeXからも交換できますが、これらはPayPayマネーライトであるため今回のキャンペーンの対象にはなりません。ご注意ください。

えらべるPayのポイントを交換する

TikTok Liteでやっている紹介キャンペーンでもらったえらべるPayの残高はPayPayポイントと交換可能となっています。キャンペーンにチャレンジをして交換可能なポイントがある人はPayPayポイント交換も一つの手かもしれません。

参考:えらべるPayでは何と交換するのが一番お得? おすすめの交換先を分析

参考:TikTok Liteの新規キャンペーン攻略 新規登録3500円もらえる

ちなみにTiktok Liteをまだやっていない人はこれからでも3500円相当のえらべるPay(PayPayポイント)がもらえます。ポイント獲得まで10日かかりますが、今ならまだ間に合います。TikTokLiteのキャンペーンは注意事項が多いので必ず上記の攻略記事をご一読の上取り組むことをお勧めします。