dポイント投資の攻略ブログ、後出しジャンケン投資

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。毎日の私のdポイント投資の投資判断の他、dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

dポイント投資の収益と税金 ポイント投資の儲けは課税されるのか?

f:id:showchan82:20180712093757j:plain

 

dポイント投資のお役立ち記事です。

ポイント投資での儲けに対する税金はどうなるの?って話です。まず、このdポイント投資はポイントで運用されています。

そしてそのポイントは利益確定(引き出し)をするとポイントとして戻ってきます。

仮に10万dポイントを投資(追加)して、それが11万dポイントを出金(引出)したとすると1万ポイント増えたことになりますよね?この1万ポイント分は税金として課税されるのか?という話です。

 

ポイントに対する課税はどうなっている?

ポイントに対する税金は本ブログ(ANAマイルブログ)でも一度取り上げました。

miler.hatenadiary.jp

上記記事はマイルですが、ポイントも同じことです。dポイント投資の場合は、投資とは言っても企業(ドコモ)が提供しているサービスを利用することで付与されたポイントと考えてよいでしょう。

となるとポイントは「一時所得」相当と考えるのが妥当です。

ポイントやマイルは一時所得(法人からの贈与により取得する金品)と判断できるので、それに従った形での申告が必要になると考えられるが、一時所得には年間50万円の控除額があるので、申告が必要になる人はほとんどいないのではないか?
引用元:クレジットカードで貯めたポイントやマイルと税金。ポイントやマイルも課税される?

 

言い換えれば、年間50万円以上の利益をポイント投資などによって獲得してしまった場合には確定申告が必要になるという事になります。

年50万という水準の利益をdポイント投資であげるのはかなりハードルが高いと思われますので、多くの方にとっては、あまり気にする必要はないと思います。

 

一方で、ポイントサイトなどでポイントを大量に獲得しているケースでは課税についても考える必要があると思います。

 

ポイント大富豪な方でdポイント投資も活用しているという方は、お気を付けになったほうがいいかもしれませんね。