dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

ポイント投資の収益と税金 ポイント投資の種類別の利益と税金の考え方

f:id:showchan82:20180712093757j:plain

 

dポイント投資をはじめとしたポイント投資で儲けた人向けの記事です。

ポイント投資での儲けに対する税金はどうなるの?って話です。まず、このdポイント投資はポイントで運用されています。

そしてそのポイントは利益確定(引き出し)をするとポイントとして戻ってきます。

仮に10万dポイントを投資(追加)して、それが11万dポイントを出金(引出)したとすると1万ポイント増えたことになりますよね?この1万ポイント分は税金として課税されるのか?という話です。

ポイント運用・ポイント投資に対する課税はどうなっている?

ポイント投資で利益が積みあがっていくと心配になるものの一つが「税金」なのかもしれません。この利益に対して税金はかかるのかなぁ?というものですね。

私は税理士ではないので個別具体事案に対する回答は差し控えますが、あくまでも一般論やタックスアンサーの内容から、こう考えておけばいいんじゃないの?という点を紹介していきます。

 

ポイント投資には大きく二つのタイプがある

ポイント投資には大きく二種類のタイプがあります。

ポイントをポイントのまま運用するタイプと、ポイントを1ポイント=〇円として換算した上で実際に株や投資信託を購入するというタイプです。

それぞれの特徴は以下の通りです。

  ポイント投資 ポイント運用
区分の違い ポイントを現金化して株や投資信託を直接購入する。 ポイントのまま疑似運用する
証券会社の口座開設 必要 不要
売却時(精算時)の扱い 現金で戻ってくる 投資したポイントのまま戻る
税金の扱い 投資をした金融資産ごとによって扱いが異なる。株や投資信託なら20%の申告分離課税 一時所得として課税される。年間50万円の特別控除額があるため、これ以下の場合は実質的に非課税
投資家保護 投資をした金融資産ごとによって扱いが異なる。株や投資信託の場合、「分別管理」によって保護され、さらに「日本投資者保護基金」による保護もある ポイント運用サービスによって扱いが異なる。それぞれの規約次第で法的な保護はない

 

ポイント投資

  • Tポイント投資(SBI証券、SBIネオモバイル証券)
  • 楽天ポイント投資(楽天証券)
  • 日興フロッギー(SMBC日興証券)

ポイント運用

  • dポイント投資
  • 永久不滅ポイント運用

 みたいな感じになります。

ちなみに、こちらで紹介をするのは、ポイント投資によって増えた利益の扱いについてです。

そのポイント投資をするための原資(ポイント自体)を増やしたことに対する税金の解説ではありません。ショッピングやポイント交換等で殖やしたポイントの税金については以下の記事を先にご一読ください。

dp-invest.hateblo.jp

ポイント投資の税金の取り扱い

まずは、1ポイント=1円というように現金として扱うタイプのポイント投資の税金です。Tポイント投資や日興フロッギーを利用したdポイント投資ですね。こちらは普通に株を購入したのと同じ扱いになります。

その儲けは株や投信の税金として「譲渡所得(申告分離課税)」の対象となり、利益の20%(+復興特別所得税が別途0.315%)となります。配当金や収益分配金も同様に扱われます。

なお、儲け部分は「売却価格-取得価格」で計算され、20.315%が課税されます。これは売却時に申告となります(特別口座で口座開設をしていれば申告不要とすることもできます)。

取得原価となる部分のポイントの課税はどうなる?

一方で、ポイント投資をしたポイント自体が使用時に課税されるべきポイントであった場合、その使用した分は「一時所得」として他の一時所得と合算し年間50万円を超えた場合には課税されることになります。

こちらはポイントを利用した年単位でみます。ただし、多くのケースで年50万円を超えるポイント利用をされる方は少数だと思います。

また、取得したポイントはすべて課税対象になるわけではありません。「タックスアンサー」によるとポイントカード還元、クレジットカード還元のような形で得たポイントは値引き扱いなので非課税とされるそうです。

 

ポイント運用の税金の取り扱い

一方で通常のdポイント投資やセゾンカードの永久不滅ポイント運用などの扱いはどうなるのでしょうか?

dポイント投資の場合は、投資とは言っても企業(ドコモ)が提供しているサービスを利用することで付与されたポイントと考えてよいでしょう。

となるとポイント運用による利益部分は「一時所得」相当と考えるのが妥当でしょう。

一時所得はその年の利益から特別控除の最大50万円を差し引いた金額が他の所得と合算されて計算されます。

ポイント運用の税金はどのタイミングで課税される?

ポイント獲得に対する税金の考え方の基本」の記事でも紹介していますが、一時所得として得たポイントが課税されるタイミングは「使用時」というタックスアンサーがあります。

つまり、ポイント運用による利益はそれを実際に利用するとき(年)が課税されるタイミングとなります。

ポイント以外にも一時所得がある場合には、その分は合算する必要があります。代表的なものとしては以下のようなものがあります。

  • 懸賞や福引などの当選品(賞金など)
  • 競馬や競輪、オートレースなどの払戻金
  • 生命保険の満期一時金
  • 損害保険の満期返戻金
  • 遺失物の取得による報労金
  • 立ち退き料の受取

言い換えると、タイミングをうまく調整して年間の一時所得を50万円未満とするように調整すれば、ポイント運用に税金はかからないということになります。

 

ポイント投資の税金は分かりにくい?

ざっくりとまとめます。

日興フロッギーやTポイント投資などでポイントを使って投資をする場合は、普通に株を買うのと同じように課税される(利益・配当分の20.315%)。

一方でdポイント投資などのポイント運用は基本的には課税されず、利用するときに課税される(年50万円以下なら非課税)

となりますね。そう考えるとポイント投資に対する税制としては、dポイント投資のようなポイント運用の方が有利な感じですね。

【ご注意】
個別事案に対する回答はできません。ご不明な点がある場合は税務署または税理士にご相談ください。