ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランクを簡単にUPさせる方法

f:id:showchan82:20210326170048j:plain

大手ネット銀行の「住信SBIネット銀行」は自社の利用者向けに「スマートプログラム」という会員プログラムを用意しております。

このスマートプログラムの会員ランクがUPすることによりATM手数料や振込手数料の無料化などの特典が受けられます。

今回はそんな住信SBIネット銀行のスマートプログラムの会員ランクをなるべく少ない揚力でUPさせるための方法を紹介していきます。

この方法を活用することで、「 給与振込を活用!銀行の自動入金・自動送金(振込)を活用した完全自動のポイ活術 」などでも活用することができます。

 

スマートプログラムの基本ルール

※2021年4月1日以降

スマートプログラムはランク1~4まであり、何も条件を満たせない場合はランク1となります。ランク2、ランク3、ランク4と上がっていくにしたがってATM手数料や振込手数料の無料回数が増えていくことになります。

ATM手数料

  • ランク1:2回無料
  • ランク2:5回無料
  • ランク3:10回無料
  • ランク4:20回無料

他行振込手数料(自行間は制限なく無料)

  • ランク1:1回無料
  • ランク2:5回無料
  • ランク3:10回無料
  • ランク4:20回無料

リニューアルにより無料の回数が増えています。

まずはランク別にみていきましょう。それぞれ所定の条件を1つ以上満たせばそのランクになります。

ランク2を達成するための条件と攻略法

  • スマート認証NEOを設定している

これだけです。2021年3月までは色々条件ありましたが、4月以降はこれだけでランク2になれます。

※スマート認証NEOは住信SBIネット銀行のスマホアプリで設定可能な認証ツールです。PC等で銀行取引をする際にスマホ側での認証も必要にするセキュリティツールです。利用は当然無料です。

ランク3を達成するための条件と攻略法

ランク3以降もスマート認証NEOの設定は必須

  1. 預金残高300万円以上
  2. ロボアド利用残高100万円以上
  3. 住宅ローン利用中
  4. 指定取引Aを「3件」以上達成

上記の「いずれか」の達成が必要です。一番手軽なのは(4)の指定条件3つ達成です。その条件というのは下記の通り。

  • 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  • 仕組預金の月末残高あり
  • SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  • BIG・toto購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上
  • 純金積立の月末時点でご契約あり
  • 給与、賞与または年金の月内ご入金あり
  • 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり
  • カードローンの月末残高あり(50万円以上ならカウント2つ分)
  • デビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント)
  • ミライノ カード(クレジットカード)の引き落としがある(1ランク~2ランクアップ)
  • JAL Global WALLETのチャージがある(1万円:1点、3万円:2点)

手軽なのは太字にしている項目です。これで3つ達成です。

  • 外貨預金の月末残高あり
  • SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  • 純金積立月末時点でご契約あり

必要な資金は1100円ちょっとです。具体的なクリア方法は以下の通りです。

外貨預金(普通・定期)の月末残高あり 外貨預金の残高額に指定はありませんので、1ドルだけ外貨預金すれば1取引達成になります。米ドルなら100円ちょっと位ですね。
SBIハイブリッド預金の月末残高あり SBIハイブリッド預金というのは同じグループ証券会社のSBI証券の株取引口座と連動する住信SBIネット銀行の口座です。SBI証券に口座があれば1円も掛けず口座を作ることができます。1円だけでいいので入れておけばよいです。
純金積立月末時点でご契約あり 住信SBIネット銀行では月額1000円~純金積立が可能です。
ただ、「契約アリ」が条件です。一度積立をしてその後積立停止をしていても契約有になりますので、一度運用して止めておきましょう。それだけでOKです。

3つを満たすには住信SBIネット銀行の口座だけでなくSBI証券の口座も必要という点が面倒なところですが、口座開設は無料ですし、SBI証券自体がネット証券としてもハイスペなので口座を持っていて損はないと思います。

>>SBI証券の口座開設はこちら

ランク4を達成するための条件と攻略法

ランク4もスマート認証NEOの設定は必須

  1. 外貨預金と仕組預金の残高合計が500万円以上
  2. 外貨預金と仕組預金の残高合計が300万円以上で、住宅ローンを利用中
  3. 指定条件Bのカード保有

こちらも上記いずれかで達成となります。これも(3)が楽ちんです。指定のカードというのは以下の4枚のいずれかです。

  • ミライノカードGOLD
  • ミライノカードPLATINUM
  • ミライノカードTravelers Gold
  • ミライノデビットPLATINUM

※クレジットカードは引き落とし口座を住信SBIネット銀行にしておく必要があります。

 一番ローコストなのはミライノカードGOLDの利用です。年会費は3,300円(税込)で上記カードの中では低コストです。

うーん、年会費がかかるのか……という方もご安心ください。無料化する方法があります。

ミライノカード(GOLD)は実はJCBカード発行のクレジットカードで、JCBカードが提供している「スマリボ特典」を利用できます。スマリボというのは「自動リボサービス」となります。自動リボ自体は非常に危険なサービスなのでお勧めしませんが、ミライノカードGOLDを「死蔵カード(持っておくだけのクレカ)」と割り切るなら利用価値があります。

スマリボ特典はスマリボに登録した上で1年に1回以上のカード利用があれば年会費の割引きが受けられます。その割引はゴールドカードの年会費が5500円未満の場合無料というものです。ミライノカードGOLDは年会費3300円ですので、「無料」とすることができます。

一応、年1回以上の利用が条件になります。1万円超の買い物をするとリボ手数料が発生するので、利用するのは1万円以下にするようにしましょう。

おすすめは「Amazonギフトカード(コード)」です。100円のような小額でも決済できます。これならリボ手数料も発生しません。 

 >>ミライノカードGOLDの詳細はこちら

 

住信SBIネット銀行を上手に活用しよう

住信SBIネット銀行、スマートプログラム導入前はだれでも月3回まで振込手数料無料というサービスでしたが、今ではランク制を採用して、よりたくさん使ってくれる人に無料回数をたくさんプレゼントするというスタンスになっています。

これは住信SBIネット銀行に限った話ではなく、銀行全体がこんな感じの流れになってきているように思います。

住信SBIネット銀行という銀行はSBIグループのネットバンクとして可もなく不可もなくな感じのバランスの取れたサービスを展開してくれています。

そうでない方もこちらの記事で紹介したように上手く取引条件やカードを活用すればランク3(コンビニATM手数料が月7回無料&他行振込手数料7回無料)、ランク4(コンビニATM手数料が月15回無料&他行振込手数料15回無料)を達成可能です。

これだけ無料回数が利用出来たら、決済用の銀行としてかなりお得に活用できるはずです。

dp-invest.hateblo.jp

普段の決済(振込)はもちろん、冒頭でも紹介した「銀行振込を活用したポイ活テクニック」でも大いに力を発揮してくれるはずです。お得に上手に活用していきましょう。