ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

今、オススメの案件

Kindle100%ポイント還元本のリスト
キャンペーンやキャッシュレスでポイント錬金術

PayPayボーナス運用とPayPay決済の上限とキャンペーンの注意点

f:id:showchan82:20211202165216p:plain

PayPayボーナス運用をしている人の中には私がやっている「月曜攻略」や「アビトラ攻略」などを使って頻繁に残高を出し入れしている人がいるかもしれません。PayPayボーナス運用でそうした出し入れをしている人が注意するべき大きな問題は、月間の利用上限です。

今回はPayPayボーナス運用をしている人が注意するべき、PayPayの決済キャンペーンとの「併用」についてです。お得な決済キャンペーンが実施されるタイミングでは、PayPayボーナス運用のやりすぎには注意をした方がいいかもしれません。

PayPayを使った決済には実は上限(制限)があり、PayPayボーナス運用も含まれる

PayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayボーナス)を使った決済は過去24時間に50万円まで、過去30日間に200万円までという制限があります。

この上限を超えた場合にはPayPay残高を利用した支払いができなくなります。正直、普通の使い方をする分においてこの上限を気にする必要はほとんどないでしょう。

ですが、PayPayボーナス運用をしている人は意外とアッサリとこの水準を超えてしまう可能性があります。

PayPayボーナス運用の「追加」は決済扱いとなる

PayPayボーナス運用における「追加」はPayPay残高を利用した買い物と同じ扱いになるようです。つまり、ボーナス運用に10万円を追加した場合、10万円の買い物をしたのと同じことになります。

PayPayボーナス運用はリアルタイムでいつでも出し入れが可能です。それを利用し短期間にPayPayボーナス残高を出し入れすると利用額が膨らみます。

たとえば、10万円の残高を10回出し入れすると100万円利用したのと同じことになるわけです。これは痛いです。

相場観で売買している方はもちろんですし、私がやっている「月曜攻略」や「アビトラ攻略」をしている人も、タイミングに合わせて出し入れをすることが多いでしょうから、運用している金額によっては30日200万円の制限がかかってしまう恐れがある人もいらっしゃるかと思います。

30日のPayPay上限の計算方法

この上限をPayPayアプリ等で確認することはできません。自分で計算する必要があります。

PayPayボーナス運用で利用した分については「PayPayアプリ>ボーナス運用>運用履歴」から確認することができます。利用額となるのは「追加」をした分です。アプリだと「緑色で示されている金額部分」です。

この金額を合計していけばボーナス運用で追加した金額を計算することができます。

月単位でリセットされるのではなく、過去30日の利用額で計算されます。

 

PayPayの決済キャンペーンが目白押しのタイミングはボーナス運用は少し控えるのも一つ

PayPayは時々大き目の決済キャンぺーンをやることがあります。
独自のキャンペーンや自治体とタッグを組んでやるキャンペーンなど様々です。中にはとっても美味しいものもありますね。

dp-invest.hateblo.jp

そういう時に、PayPayボーナス運用で枠を使い切ってしまって買い物ができない……なんてことになると最悪です。そのような状況下では少しPayPayボーナス運用での運用額を減らしてみたり、月曜攻略やアビトラ攻略で参加する基準を少し厳しくするなどして、各自でご対応いただければと思います。