dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

日興フロッギー+docomoがスタート!dポイントで株式投資ができる。現金化もOK

f:id:showchan82:20200324163758p:plain

SMBC日興証券とNTTドコモはdポイントで株式投資ができる新サービス「日興フロッギー+docomo」のサービスを開始します。

現在のドコモが提供するdポイント投資はあくまでも「ポイントのまま運用するサービス」ですが、日興フロッギー+docomoはdポイントを使って現物株投資ができるサービスとなります。

仕組み的にはTポイントで投資ができる「ネオモバ(SBIネオモバイル証券)」と同じ感じになりますね。

dポイントを貯めている方にとってはポイントの現金化にも利用できるので非常にメリットが大きいように思います。利用するにはSMBC日興証券の口座が必要で、口座開設後にdアカウントと連携することで利用できるようになりました。

控えめに言って最高です。dポイントユーザー、ドコモユーザーなら間違いなく活用するべきです。

>>SMBC日興証券公式ホームページ

 

 dポイントを使って株式投資ができるようになる

サービスとしてはSMBC日興証券が提供している「日興フロッギー」というサービスを使って株式投資ができます。100円単位の「金額指定」で株を買付することができる点が特徴です。

dp-invest.hateblo.jp

>>SMBC日興証券公式ホームページ

さらに、2020年3月24日からは「dアカウント」と連携することでdポイントを使って株式投資をすることができるという点にあります。

 

1ポイント=1円として投資可能 期間・用途限定ポイントもOK

dポイントを使って株式を購入可能です。同社(SMBC日興証券)では、ポイント活動(ポイ活)ならぬポイ株という呼び方をしています。

要綱的には以下のようになっています。ちなみに「キンカブ」というのはSMBC日興証券の金額指定取引の事で、日興フロッギーでの株取引はすべて「キンカブ」となります。

項目 内容
サービス概要 キンカブ(金額・株数指定指定取引)取引の買付金額に1pt、1円としてご利用可能
対象のお客様 ダイレクトコースでdアカウント連携をされたお客様
対象ポイント ・dポイント
・dポイント(期間・用途限定)
ポイント利用単位 100ptから100pt単位で利用可能
ポイント利用上限 1注文あたり30,000ptが上限
対象取引 日興フロッギーのキンカブ取引
対象銘柄 キンカブ取扱銘柄

 一番大きいのは「期間・用途限定dポイント」すら利用可能という点ですね。

いや、これメチャクチャすごいでしょ。ドコモはd払いをはじめとしたキャンペーンでdポイントをバラマキしているものの、還元されるポイントは「期間・用途限定ポイント」であることが多いので、その使い道には苦慮することもありました。

これを投資に使えるのであれば、実質的に「買って売る」をすることでdポイントを現金化することが極めて容易になります。

この他、以下のような特典もあります。

  • 月間約定代金500円につき1ポイント付与
  • 日興フロッギーの記事閲覧で1記事あたり3ポイント付与

 

dポイント×日興フロッギーの始め方

手続きは簡単です。SMBC日興証券のダイレクト口座(ネット取引専用口座)を開設した上で、dアカウント(ドコモのアカウント)と連携するだけです。

なお、連携するともれなく200ポイントももらえます。

そして連携後は日興フロッギーで株式を注文する際の決済方法のところで、「使用dポイント」を決めるだけです。

f:id:showchan82:20200324165234p:plain

日興フロッギーの買付ページでポイント利用を選択

これだけです。すでにSMBC日興証券に口座をお持ちの方はすぐに始められますね。まだの方は「こちら」からすぐに口座開設できます。

 

dポイントを使ってきっかり投資できる

通常株式は株数単位で投資するものですが、SMBC日興証券の日興フロッギーは100円以上の金額単位で株式投資ができます。

同じポイントを使って株を買えるサービスとしては「楽天証券」や「SBIネオモバイル証券」がありますが、いずれも株数単位なので必要な金額(ポイント数)は株価に依存します。株価の変動で必要なポイント数が分かれるわけです。

一方で日興フロッギーの場合、金額単位なので、たとえば1247ポイントが余っていれば金額分しっかり投資をすることができます。

期間・用途限定ポイントも使えるので、限定ポイントだけを投資に使うといったことも可能です。

 

dポイントの現金化にも使える

日興フロッギーは買付手数料は100万円以下なら無料となっています。
売却時の手数料は日興フロッギーの中で売却すれば0.5%必要になりますが、このコストでOKです。

投資をしてすぐに売却をすれば現金化も使うことができます。株価が変わらない前提だと99.5%の換金率という事になります。

実際には売却時に0.2%分のポイント還元があるので理論値は997%還元。日経ETFと日経インバースETFを同額購入して売れば一番変動少なく現金化できます。

詳しくは「日興フロッギーでのポイント現金化にオススメの株の買い方と売り方」でまとめています。

 

dポイント投資と併用して上手く活用していきたい

もともとSMBC日興証券はdポイント関連のキャンペーンをやっていたので、親密な関係にはありましたが、ここまでのサービス展開になるとは思いませんでした、

しかし、ポイントとお金の境界線はますます低くなりましたね。ドコモ的には圧倒的なキャッシュ流出になりそうなんですけど、大丈夫なのかな??

私たちは活用させてもらうだけですけど。

 

通常のdポイント投資とどっちがお得?

既存のdポイント投資は、攻略法にも書いているように、普通に投資をするよりも勝率良く投資ができると考えています。運用面だけなら、既存のdポイント投資が有利だと思います。

一方でSMBC日興証券のdポイント投資は、従来のdポイント投資やd払い、dポイントカードなどのキャンペーンで殖やしたポイントの「出口」として最適です。特に期間・用途限定ポイントも使えるのは非常に大きいです。

dポイントカードやd払いのキャンペーン等で貯まる+10%還元などのキャンペーン分のポイントは期間・用途限定ポイントですので、その消化としてもおすすめです。

すでにdポイント投資を始めている人はうまく併用して使っていきたい感じです。上手く活用しましょう。

>>SMBC日興証券公式ホームページ