ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

dカードの活用術 dポイントやd払いがお得なクレジットカード、スタバもお得

著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20180927120602p:plain

dカードはドコモの年会費無料のクレジットカードです。ドコモユーザーでない方でも保有することができます。

dポイントカードと一体になっており、お買い物でモリモリとdポイントを貯めることができます。dポイント投資を行うための原資をコツコツ貯めるのであればdカードは必須のクレジットカードだといえるでしょう。

今回はそんなdカードをお買い物で活用してdポイントをガッツリと貯める方法を紹介していきたいと思います。

>>dカード公式ホームページ

dカード(一般カード)とdカードGOLDの二種類のカード 違いはどこ?

dカード(クレジットカード)は大きく2枚のカードがあります。

  • dカード(一般カード・年会費無料)
  • dカードGOLD(ゴールドカード・年会費11000円)

通常カードとゴールドカードです。

かつてdカードは年会費が原則無料(年1回の利用がなければ年会費発生)のカードでしたが、2019年より年会費が完全無料のクレジットカードにパワーアップしました。

この2枚のカードの違いを比較すると以下のようになります。

  dカード(一般)

dカードGOLD

年会費 無料 11000円
ポイント還元率
(ショッピング)
1% 1%
還元ポイント dポイント dポイント
ドコモ利用者への特典 ケータイ補償:1年間(1万円)
ahamo利用者はパケット+1GB(要カード支払)
ドコモ利用額の+9%ポイント還元
ドコモ光利用額の+9%ポイント還元
ahamo:利用者はショッピング10%還元(300pt上限)
ahamo: パケット+5GB(要カード支払)
ケータイ補償:3年間(10万円)
空港ラウンジ ×
審査基準(入会基準) 18歳以上(高校生除く) 20歳以上で安定した収入のある方

大きな違いとなるのが、ドコモ利用者(ahamo利用者)向けの特典の部分ですね。ポイント還元などdカードGOLDはかなり充実しています。

言い換えると、ドコモやahamoを使っている方以外はdカードGOLDと一般カードの差はさほど大きくないということになりますね。ドコモやahamoのユーザーであればdカードGOLDも検討する価値はありますが、そうでない方はdカードGOLDを検討する必要はなく、dカード(一般カード)を作るか?作らないか?という判断でよいと思います。

ドコモユーザーの方は「dカードGOLDの特典と注意点を徹底検証。ドコモ、ahamoユーザーのdカードGOLDは本当にお得?」でdカードGOLDの特典等も含めてdカードのメリット、デメリットを検証しているのでこちらをどうぞ。

 

dカード(一般カード)のメリットと大きな特徴

それでは、dカード(一般カード)の特徴や特典を見ていきたいと思います。

  • カードでの買い物で1%分のdポイント(100円あたり1ポイント)
  • dカード特約店やdポイントカード加盟店ならお買い物ポイントも付与
  • d払いでのお買い物でポイント還元

カードでの買い物で1%分のdポイント(100円あたり1ポイント)

まず、dカードのクレジットカードでのお買い物はポイント還元率1%となっています。100円のお買い物につき1ポイントがもらえる計算となります。

1%というレートはクレジットカード全体の中では高めです。偏差値だと60くらいはある感じの成績です。もっと高いカードもないわけではないのですが、無条件で、どのお店での利用でも1%というのは優秀な数字(還元率)と評価できます。

 

dカード特約店やdポイントカード加盟店ならお買い物ポイントも付与

さらに、dカードの特約店であれば通常のdカードのポイント還元(1%)に加えて、特約店(高島屋、三越伊勢丹、タワーレコード、紀伊国屋書店、洋服の青山、エネオス、スターバックスなど)ならポイントが更に加算されます。

スタバとかよく行く人はeGift購入で7%(1%+6%)と大きなポイント還元になるので結構お勧めだったりします。

また、共通ポイントカードとしてのdポイントカードの加盟店の支払いであれば、カード提示ポイントももらえます(ローソン、マクドナルド、高島屋、ジョーシン)。

dポイントカードは2022年6月からステージ制からランク制に移行しており、過去3カ月にためたdポイントによってポイントカードの還元が変動します。☆3以上だと2倍になるので共通ポイントカードとしては実はかなり強いです。

参考:dポイントクラブの新特典を攻略

 

d払いでのお買い物でポイント還元

d払いはドコモが提供しているモバイル決済、オンライン決済、スマホ決済サービスです。2022年からd払いの支払いをクレジットカードで行う際、他社クレカだとd払いのポイント還元が対象外になる仕様となりました。

結果として、d払いを活用するのであればdカードは持っておいた方が良いです。

ドコモ、ahamoユーザーの方はd払いを「電話料金合算」とすることで他社クレカでもポイント還元対象にできますが、非ドコモな方はdカードを持たないとポイントの二重取りができません。

<dカード>

・d払い基本ポイント(0.5%)
・dカードクレカポイント(1.0%)

<他社カード>

・d払い基本ポイント(なし)
・他社クレカのポイント(???)

となるわけです。d払いの各種キャンペーンを活用する場合は支払先としてdカードがあると良いでしょう。

 

dカードを作ろう

というわけで、dポイントを貯めるための様々な方法があるdカードを作ってdポイント投資の原資づくりに活用しましょう。

dカード入会とエントリー、利用でポイント還元の入会特典キャンペーンも用意されています。

>>dカード公式ホームページ