dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

<7月募集分>個人向け国債への投資でキャッシュバックを活用した収益アップと最新の証券会社キャンペーン

f:id:showchan82:20200113072321p:plain

安全投資手段の一つとして個人投資家が利用できる金融商品が「個人向け国債」です。

円建て運用ならもっとも低リスクで運用できる手段の一つです。10年満期のタイプは変動金利なのでインフレリスクに強いのも特徴です。

そんな個人向け国債への投資については実際に投資をするよりもキャッシュバックを活用した運用がおすすめです。

リスクをとって高いリターンを目指す投資ではなく、確実に銀行預金よりは高いインカム収入を得ることができるという運用法です。数年以内に使う予定があるので株式投資のような積極運用はできないけど、寝かしておくのはもったいない、という資金の活用にどうぞ。

今回はそんな個人向け国債と証券会社のキャッシュバックキャンペーンを活用したポイ活的投資術を紹介していきます。ただ、今の時期だからかわかりませんが、美味しいキャッシュバックが鳴りを潜めているので、ちょっと微妙な感じではあります。

 

個人向け国債とは?

個人投資家向けの国債です。国債は国が返済を約束している債券です。一般的な国債(債券)と違って以下のような特徴があります。

  • 金利には法定下限金利(0.05%)がありマイナス金利にはならない
  • 3年、5年、10年の3タイプの満期があるが、購入から1年経過後ならいつでも解約が可能

まず、国債金利(利回り)については日銀のマイナス金利政策もあり、現状は10年国債利回りはマイナス水準となっています。

ただ、この個人向け国債については、法律によって0.05%という下限金利が決められており、これを下回ることはありません。

参考:初めての国債投資

 

個人向け国債×キャッシュバックキャンペーンがお得

金利(利回り)が0.05%の投資に何の意味がある?という話になると思いますが、個人向け国債については、この利回りよりもキャンペーンを活用することでお得に運用することができます。

証券会社では、個人向け国債の販売時にキャンペーンを行っています。購入金額に対して一定のキャッシュバックを行ってくれるのです。

キャッシュバック率としては投資額の0.2%~0.4%くらいとなるキャンペーンが多いです。

今の銀行の定期預金金利はネットバンクなどの金利が高いところでも0.1%弱程度ということを考えると、このキャッシュバックはかなり高水準です。

キャッシュバックは購入時のみもらえるものですが、1年たてばいつでも解約可能な個人向け国債なら、1年後に即解約をして、再度キャッシュバックキャンペーンを利用して新規に個人向け国債に投資をするという方法をとれば、毎年毎年キャッシュバックを受けることができます。

 0.4%程度のリターンということで、積極運用をする方からすれば物足りないと思います。ただ、私たちがもっている資金というのは必ずしもリスクをとれるものではないはずです。

  • 近々予定している住宅購入の頭金
  • 子どもの進学資金
  • 結婚などのライフイベントのための資金

こうしたお金はリスクをとった運用に適しません。株式投資などで運用して減らしてしまったら予定が大きく狂ってしまうからです。

このような資金を少しでも有利に運用するという手段としては、個人向け国債とキャッシュバックキャンペーンを活用した手段は有効だと思います。

個人向け国債は1年経過後ならいつでも解約できる手軽さが魅力

個人向け国債は1年経過すれば、いつでも解約して現金化できます。

通常の債券は満期前に売却する場合は、そのタイミングの金利状況等によって価格が上下しますが、個人向け国債の場合は、元本保証で解約されます。

ただし、ペナルティとして過去1年分の金利が差し引かれます。なので、1年ジャストで解約した場合は、プラマイゼロで戻ってくるという計算になります。

 なので、キャッシュバックキャンペーンを利用した上で、キャッシュバック分だけもらって1年経過後に売却するというのが実は一番利回りが高くなったりします(笑)

でも、国債って安全なの?

日本国の借金は1100兆円を超えているという状況なのに、国債なんて買っても大丈夫?という質問もあるかもしれません。

もちろんリスクもありますが、それは銀行に定期預金などとしてお金を預けておくのと同等程度以下のリスクと考えて貰って大丈夫です。そもそも国がデフォルトするなら円建て資産だって同様に大きくやられます。

日本国債の安全性を疑うのであれば、円建て資産じゃなくて、金(GOLD)などの現物資産や外貨建て資産を持つしかないです。

 

2020年7月の個人向け国債の販売状況

個人向け国債は常時販売ではありません。毎月販売されていますが、募集期間中に購入する必要があります。

  • 募集期間:2020年7月6日~31日
  • 発行日:2020年8月17日
  • 申込単位:1万円以上

なお、個人向け国債は10年満期、5年満期、3年満期の3タイプがあります。ただ、キャンペーンを利用するなら10年満期タイプがよいでしょう。

<満期年数別の金利>

  • 3年(固定金利):0.05%
  • 5年(固定金利):0.05%
  • 10年(変動金利):0.05%

見事にいずれも下限金利です。この水準だけなら普通に預金しておく方がええよ。って感じですね。

 

個人向け国債のキャンペーン情報

以下は今月分の個人向け国債で購入キャンペーンをやっている証券会社です。

2020年4月から多くの証券会社が個人向け国債に対するキャッシュバックキャンペーンを止めています。新型コロナの影響でしょうか?ちょっと微妙な感じですね。

SBI証券 小額投資に向いている個人向け国債キャンペーン実施

投資額が小額の人に向いています。50万円以上の投資で500円キャッシュバック、100万円以上で1000円キャッシュバックと0.1%分の還元があります。

SBI証券はネット証券の中でも最大手で、資産運用全般に活用できる証券会社です。Tポイントを使って投資信託を購入することもできます。

>>SBI証券公式ホームページ