ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

みんなの銀行の活用法、オンライン完結のネットバンク!口座開設で1000円+電話料金20%還元

f:id:showchan82:20210528141542j:plain

新しいネットバンクが2021年5月28日に開業しました。その名も「みんなの銀行」です。わが地元の福岡銀行関連のネット銀行です。登場の発表があったときは、じぶん銀行のパクリやんか。と思ってましたが本当に開業しましたね。

スマホ特化型のネットバンクで、デジタルネイティブを対象にしているということもあり、口座開設はオンライン完結(アプリ完結)となっています。AppStoreなどから「みんなの銀行」アプリをダウンロードして、口座開設可能です。

とりあえず、紹介コードを使っての口座開設で1000円もらえるということで、人気がSNSで爆発している案件です(笑)

また、デビットカード利用で20%還元キャンペーンや携帯電話料金支払いで20%還元といったように、キャンペーンにも積極的です。新規開業ならではだと思いますので、おいしく頂戴しちゃいましょう!!

みんなの銀行、口座開設で1000円もらえる

とりあえず口座開設はしてみました。

口座開設時に紹介コードを入力すると残高がもらえます。手順は以下の通りです。

まずはアプリを取得しましょう。アプリは以下のリンクから取得可能です。PCからの口座開設はできません。

>>iOS端末

>>Android端末

  1. アプリ取得
  2. 電話番号登録
  3. メールアドレス登録(コード認証)
  4. 住所等の基本情報入力
  5. 本人確認書類撮影
  6. 本人確認書類ビデオ確認
  7. 暗証番号等の登録
  8. ログイン
  9. 紹介コード入力
  10. 1000円残高付与

ビデオ確認というのはだれかと通話するというのではなく、動画を使って自分の顔と免許証を一緒に移す感じです。eKYCみたいなものかと思います。

ダウンロードから口座開設完了まで10分もかかりませんでした。ただ、現在「ビデオ確認」のところで接続までやや時間がかかっているようです。つながらない場合は気長に放置しておいてください(笑)

招待コードの入力は口座開設完了後の初回ログイン時に入力します。

招待コード:cDpJCmLe

「cDpJCmLe」をコピーする

招待コードは後から入力不可ですので気を付けてください。招待分の残高は翌日に付与されます。

早期終了の可能性も示唆されていましたが、どうやら大丈夫っぽいです。特別今日明日で急がないとダメなキャンペーンではないので、必要な時に作ればよいかと。

1000円は残高なので使い道自由

1000円分の紹介残高は現金扱いなので、使い道は自由です。別の銀行に振り込みしてもいいですし、デビットカード機能を使って決済に使っても大丈夫です。ATMから出金もできます。後述しますが1年無料のプレミアム会員になっておけばATM出金、他行振込も手数料無料です。

後述しますが、口座開設と同時にデビットカード(オンライン/ApplePay)も利用できるようになりますので、Amazonでギフト券1000円分買うってのが楽かもしれませんね。

もらった残高の出金方法

ちなみに、口座開設時の紹介特典は普通預金(Wallet)ではなく、貯蓄預金(Saving)の方に入金されます。Savingのままだと出金できませんので、Walletに移してあげる必要があります。

  1. Savingをタップ
  2. 振替をタップ
  3. 移動先をタップし「Wallet」を選択し、「設定する」をタップ
  4. 金額入れて「移動する」をタップ

これで資金を普通預金に移せます。

ATM出金する場合は「ATM」を選択して手続き。振込で送金する場合は「振込」を選択して手続きをします。なお、出金、送金は手数料がかかりますが、以下で紹介する「プレミアムサービス」に入会すれば無料です。

有料サービスですが初年度無料なのでそのまま無料のまま使えます。

 

携帯電話料金を「みんなの銀行デビット」で支払えば20%還元キャンペーン

f:id:showchan82:20210927164215p:plain

期間:2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)

超ド級キャンペーンです。期間中にみんなの銀行のデビットカードに携帯電話料金の支払いをセットすると毎月の携帯電話料金お支払い額の20%をプレゼントします。
プレゼント額の上限は5,000円/月です。

対象キャリア:NTTドコモ(ahamo含む)、au(povo含む)、SoftBank(LINEMO含む)、UQ mobile

最大3万円還元。上限から考えると月25000円まで行けますね!

  1. 2021年10月1日~2021年10月31日ご利用分 → 2021年12月上旬
  2. 2021年11月1日~2021年11月30日ご利用分 → 2022年1月上旬
  3. 2021年12月1日~2021年12月31日ご利用分 → 2022年2月上旬
  4. 2022年1月1日~2022年1月31日ご利用分  → 2022年3月上旬
  5. 2022年2月1日~2022年2月28日ご利用分  → 2022年4月上旬
  6. 2022年3月1日~2022年3月31日ご利用分  → 2022年5月上旬

なお、デビットカードを使ってケータイ料金を支払う場合には、JCB J/Srecureの設定が必要になります。みんなの銀行アプリのデビットカード設定のところにありますので設定しておきましょう。

>>キャンペーンページはこちら

20%還元の対象になるのはどこまで?キャリア決済は対象になる?ならない?

キャリア決済は原則として対象外になるようです。ただし、キャリア決済に分類されない場合(通常の通話料金と同じ形で請求される場合)は対象になる問いうことです(FAQより)

なお、ドコモの場合、d払い(ネット決済)は少なくとも請求が分かれますので対象外になると考えられます。他の決済については不明なので、試してみていければラッキーという感じでならやってみる価値はあるかもしれません。

なお、ドコモでいうなら「ドコモ料金」「ドコモ光料金」「端末の割賦支払い分」は少なくとも合算されて請求されているのでこれらは20%還元になると考えられます。

注意点!銀行口座から実質的に直落ちで請求が早いのでご注意

本キャンペーンは美味しいのですが、切り替えをした方は少しだけ注意が必要です。それは決済期限が早いということです。

今回はデビットカード(銀行口座の残高からリアルタイムに支払い)という仕組みになっています。なので、決済が早いという点に注意が必要です。

クレカ決済の場合
携帯電話会社からの締め日→携帯電話会社からの請求→カード会社に請求がいく→カード会社の締め日→支払日に銀行口座から引落

デビットカード決済の場合
携帯電話会社からの締め日→携帯電話会社からの請求→即、デビットカード口座(銀行口座)から引落

何が言いたいかというと、9月分を切り替えた方は10月上旬にはすぐ引落が始まっちゃう可能性があるということです。各キャリアごとの目安は以下の通りです。

ドコモ
→翌月8日~12日ごろ

au
→WEB de 請求書記載の発行日により異なる
3日ごろ:4日~9日ごろ
8日ごろ:8日~11日ごろ
12日ごろ:12日~12日ごろ
19日ごろ:18日~21日ごろ

ソフトバンク
→請求締め日により異なる
10日:18日~21日ごろ
20日:28日~31日ごろ
末日:翌8日~11日ごろ

ドコモはややわかりやすいですが、au、ソフトバンクは人によって異なるという仕様となっています。本キャンペーンに参加する方は、事前に携帯電話料金の支払い額+αくらいはみんなの銀行の口座に入れておきましょう

携帯電話料金の引き落としができないと失敗すると20%還元を受けられないだけでなく、携帯電話の機種代金を分割にして携帯料金と一緒に払っている人は、クレジットカードの未払いと同様に信用情報に傷が付くことがあるので本当に注意してね!!

 

みんなの銀行、勢いで作ったけどネットバンクとしてはどうなん?って話

みんなノールックでとりあえず口座作った感はあると思うけど、実際の銀行サービスとしてはどうなのかなってことで調べてみました。

銀行を新しくつくるなら、SNSのような場所がいい。 毎日訪れて、自分らしく過ごせる。 グループでつながったり、好きな情報に出会える。 そんな新しい銀行のカタチを、みんなでつくっていこう。 まずはお金との関係を、シンプルに、 フレンドリーにすることから。 みんなの銀行、はじまります。

 預金を「Wallet(普通預金)」「Box(貯蓄預金)」と呼んでいます。

  • 普通預金金利(Wallet):0.001%
  • 貯蓄預金金利(Box):0.001%

金利は最低レベル。ま、今の時代、預金金利気にする人いないのかもしれませんけど。

入出金はセブン銀行ATMで可能

入手金はセブン銀行ATMを利用してスマホで行います。ATMのQRコードを銀行アプリ(Wallet)画面で読み取ることで操作できます。入金手数料無料、出金手数料は110円(後述するプレミアムサービスで無料化可能)。もちろん、アプリ上から送金(振込)も可能です。

デビットカード機能

アプリ内にデビットカード機能があります。ApplePayなどに連携して利用するほか、カード番号も発行されているのでJCBカードが使えるお店ならネットショッピングも可能です。物理カードは発行されません。

Record機能

Recordはマネーフォワードと業務提携によりみんなの銀行のアプリ上で資産管理ができるようになる機能です。私はそもそも本家のマネーフォワードを利用していますが、その機能をみんなの銀行アプリ上で利用できるようにするというものですね。

複数の金融機関やクレジットカード、電子マネーの残高等を一元管理できます。

なお、連携できるのは「銀行」「クレカ」「電子マネー」だけです。本家のマネーフォワードの方はこれ以外にも「ポイント」や「証券会社」なども連携できるわけなので、本家使う方がいいんじゃないの?って思うんだけど……。

dp-invest.hateblo.jp

マネーフォワードME公式ホームページ

ちなみに、マネーフォワードは無料で始めることができます。本題と少しずれますが、ポイントやマイルなども管理できるのでかなり便利です。

プレミアムサービス(有料)

また、月額制のプレミアムサービス(600円・1年無料)も用意しています。

f:id:showchan82:20210528135814p:plain

  • デビットカードの還元率1%に(通常0.2%)
  • ATM手数料15回無料
  • 振込手数料10回無料
  • データ更新が好きなタイミングで可能

ポイント還元はもう少し頑張ってほしかったなぁ。デビットは3%還元くらいはやってほしかった。

自動送金とのセットで楽天銀行&新生銀行でポイ活可能

振込手数料が無料なのは「入金(送金)でポイントもらえる銀行」とかに送金する技で使えます。これはいいですね。自動送金の設定もできます。プレミアムサービス利用なら10件までは手数料無料で設定できます。

①楽天銀行

3000円×5回を楽天銀行に仕向けておけば、ハッピープログラムの1~3ポイント×5回=15ポイントと、「国内外の入金・送金・ATMのご利用でもれなくポイントプレゼント」のエントリーで150P獲得できます。合計165Pですね。

②新生銀行

新生ポイントプログラムで、25P×8回=200Pを獲得できます。なおポイントを受け取るための送金額は1回1万円以上である必要があります。

③T NEOBANK

振込により1件あたり30Pのポイントを獲得できます(上限5件、150Pまで)。こちらも活用できるといいですね。

なお、自動送金(振込)は終了月も設定できるので安心です♪プレミアムサービス終了月で設定しておきましょう。

最初にちょっとだけ入金しておいて楽天銀行や新生銀行の無料送金も利用してみんなの銀行に戻すようにしておきましょう。

後述するカバーも使っておけば多少マイナスになっても使えるので安心です。

カバー(Cover)は無金利で5万円借りられる

最後の「カバー」というのは口座貸越で5万円までなら無金利で預金残高を下回ってもみんなの銀行が立替をしてくれるというサービスです。一般的な口座貸越は定期預金がある場合にその残高の一部を貸してくれるものですがカバーは預金残高を超えて貸してくれる点が特徴です(審査あり)。

これは結構面白いと思います。5万円までと小額ではありますが、金利なしで使えます。日々の決済でちょっと現金不足という場合も何とかなるということですね。

じゃあ、5万円だけ借りてそのまま放置すれば……なんて考えも浮かびますが、そもそも月額600円の有料サービスなわけで、それを金利にすれば12%相当ということになりますね(初年度は無料ですが)。

ちなみに、無担保での口座貸越になるので、利用すると個人信用情報機関に融資として登録されると思います。ポイ活等で信用情報を気にしている方はご注意を。

みんなの銀行プレミアムサービスの解約方法

とりあえず1年は無料で使えるので申し込みからの即解約で1年無料を活用させていただく感じですね。

解約はいつでもできます。アプリのWallet>右上の人型>Premium>サブスクリプション管理>サブスクリプションをキャンセルする。から可能です。

なお、「今トライアルをキャンセルしても、○○年〇月〇日までは引き続きサービスをご利用いただけます。」と表示されます。実際キャンセルしてみましたが、振込手数料無料(10回)だったので、1年間は使えます。

 

まとめ、送金手数料無料は使えるしキャンペーンも積極的

取り急ぎこんな感じの銀行です。各種キャンペーンは秀逸。

決して低スぺではないですが、基本サービスとして提供されている部分については特筆すべき項目もないかなーという感じです。キャッチコピーの「お金のSNS」という部分について、現在のみんなの銀行のサービスのどこにSNS的な要素があるのかがちょっとわかりませんでした。どういう点がSNS(ソーシャルネットワークサービス)なんだろうか。わかる方教えてください。

ポイ活的な要素で言えば、プレミアムサービス(1年無料)を使って10回無料送金を、新生銀行なりに「定額自動振込」を設定して送金ポイントを獲得することに利用できます。

私は実際に入金してプレミアムサービスの無料が切れる2022年5月までは送料無料の恩恵を利用していきたいと思います。

また、キャンペーンも積極的です。デビットカード利用で20%還元や、携帯電話料金支払いで20%還元などアカウントがあればメチャクチャお得ですね。やはり新規開業の銀行はスタートダッシュのキャンペーンがおいしいです。

  • 2021年5月:口座開設キャンペーン
  • 2021年7月~8月:デビットカード20%還元キャンペーン(終了)
  • 2021年10月~翌3月:携帯電話料金20%還元キャンペーン

>>iOS端末アプリDL

>>Android端末アプリDL

招待コード:cDpJCmLe

「cDpJCmLe」をコピーする
 

BaaS(Banking as a Service)を利用した支店展開も

BaaS(Banking as a Service)を利用した支店展開を行うようです。これは銀行サービスの基本を提供して別の事業会社が金融サービスを行えるようにするというものですね。みんなの銀行では第1号として「pixiv支店(2021年9月30日~)」を展開しています。

特筆すべき特徴はないっぽいですが(;´・ω・)
バーチャルデビットカードがかわいらしい絵になります。