dポイント投資の攻略ブログ

ポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスなどお得情報発信

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

PontaポイントのJALマイル交換が20%レートアップ(8/31まで)。dポイントもお得に交換可能

f:id:showchan82:20200702053519p:plain

2020年7月1日~8月31日までの2か月間、PontaポイントをJALマイルに交換するのがお得になります。通常は100ポイント→50JALマイルですが、この期間中は100ポイント→60マイルへの交換となります。

JALマイラーの方には朗報ですね。ちなみにブログ読者の方はdポイントを貯めている方も多いと思いますが、dポイントはPontaポイントにも交換できます。

一方でこのポイント交換は2020年9月30日に終了することが決まっています。

Pontaポイントもdポイントも持っている方は、dポイント投資目的に「Ponta→dポイント」を考えている方も多いかもしれませんが、dポイントの出口を考えるのであれば、このキャンペーンを利用してJALマイルに交換するという手も一つかもしれません。

JALマイルに限らず、マイルはうまく利用すればポイント価値を大きく高めてくれます。ただ、ほとんど飛行機に乗らないという方にとってのマイルの価値は1マイル=1円程度なので交換する必要はありません。

 

PontaポイントからのJALマイル交換レート20%アップ

f:id:showchan82:20200702052653p:plain

  • キャンペーン期間: 2020年7月1日(水)~2020年8月31日(月)
  • エントリー:不要

なお、20%アップ分は2020年9月末ごろに通常交換マイルとは別に付与される形となります。

JMB×Pontaの登録が必要です。PontaポイントからJALマイルへの交換は数日で終わります。ANAマイルと比較して高レートで貯めるルートが少ないJALマイルなのでお得度ありますね。

 

dポイントはPontaポイントに交換してJALマイルにするのがお得に

dポイントもPontaポイントと同様に100ポイント→50JALマイルと交換することができます。ただ、本キャンペーン中は直接よりもPontaにポイント交換してからJALマイルに交換するほうが少しお得になります。

ただし、dポイント→Pontaポイントは年1万ポイントまで(1会員あたり)と交換数に制約があるのと、5000ポイントの交換あたり250ポイントの手数料がかかります。

  • 5250dポイント→5000Pontaポイント→3000JALマイル

となるわけです。それでも交換レートは57.14%なので、直接交換する50%よりは高くなります。

なお、dポイントからPontaポイントへの交換には1か月ほどかかるのでJALマイルに交換したい方はお早めに。

dポイント→Pontaポイントは2020年9月30日に交換終了へ

本記事とは直接関係ありませんが、ポイント交換ができなくなります。

au WALLETポイントと統合とした共通ポイントのPontaです。これによって共通ポイントでありながらKDDI系となったわけで、それに伴ってかドコモのdポイントとの相互ポイント交換は終了となります。

ポイント交換終了は2020年9月30日です。まぁ、そりゃそうだよね。って感じの変更です。

共通ポイントと言いながらも各ポイントは携帯事業者による住み分けになってしまいましたね。

  • dポイント・・・ドコモ
  • Pontaポイント・・・KDDI
  • Tポイント・・・ソフトバンク
  • 楽天ポイント・・・楽天モバイル

これまではPontaポイント→dポイント→dポイント投資 or 日興フロッギーといったポイント投資に活用できていましたが使えなくなります。

一方でPontaポイント投資は「StockPoint for CONNECT」へ

一方でポイント投資という観点からはPontaポイント投資が「StockPoint for CONNECT」となりパワーアップします。大和証券のスマホ証券であるCONNECTと提携する形になって、Pontaポイントを使ったポイント投資ができるようになります。

私も、CONNECTの口座開設手続き中で、どんなサービスになるのかを確認したらレビューします。