dポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用してます

おすすめ記事

日興フロッギー&dポイント投資の活用術
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

ポイ活で資産運用!ポイ活投資生活を極めよう
ポイ活と投資は最高に相性が良いです。組み合わせで得しましょ

【楽天ポイント消化】楽天ポイントは楽天カード決済代金に充当するべき理由と金額調整

f:id:showchan82:20201212161133j:plain

楽天ポイントを貯めている人で、貯めた楽天ポイントをもっとも効率的に利用する方法は何か?と問われた時の答えがこれです。

「毎月12日~の楽天カードの決済代金にポイントで充当する」

すでに当然のように利用している方も多いかもしれませんが、なぜこの方法が最もオトクになるのかを具体的な数字で紹介していきたいと思います。

そもそも、楽天カードの決済代金をポイント充当するってどういう意味?

正式には「ポイントで支払いサービス」と言い、楽天カードの前月利用分の精算額に貯めている楽天ポイントを充てる事ができるサービスです。

利用期間:毎月12日~最長24日まで

利用できるポイントは楽天ポイント(通常ポイント)です。1回に充当可能なポイントは50ポイント~3万ポイント(ダイヤモンド会員は50万ポイント)、月間に5回まで利用可能で、充当可能なポイントは10万ポイント(ダイヤモンド会員は50万ポイント)が上限となっています。

>>楽天カード(ポイントで支払いサービス)はこちら(要ログイン)

あと、e-NAVI(楽天カードの管理サイト)にログインしたついでに「クリックしてポイント」も一緒にクリアしておきましょう。ポチポチするだけでポイントがもらえます。

何件くらいあるかはその時々ですが毎回10件以上はポチポチできているはず。わざわざそのためだけにログインするのは時間効率悪すぎですので、ポイントで支払いを利用したときに一緒にポチる感じでよいでしょう。

>>楽天カード(クリックしてポイント)はこちら(要ログイン)

f:id:showchan82:20201212160148p:plain

クリックしてポイントもついでにやれば十数円くらい利益

こちらもうまく利用しましょう。ま、数円単位の収入ですけど(笑)

 

楽天ポイントを楽天カードに充当することで得する理由

仮にあなたが楽天ポイントを5000P保有しているとしましょう。この5000Pを使う時に楽天ポイントを使うのと、楽天ポイントを使わずに一旦、楽天カードで支払いその支払い分を後からポイント充当するのとでどう違うのかを見ていきましょう。

楽天市場でのお買い物でポイント利用するのとポイント充当するのとの比較

お買い物に利用した場合の還元率の違いを見ていきます。

5000円相当のお買い物をした場合

もし、楽天ポイント(通常ポイント)をお買い物の時にそのまま使っているという人は悔い改めてください(笑)

「楽天市場でのお買い物に5000Pをそのまま使った場合」と「一旦、楽天カードで決済をした上で、その上で楽天カードに5000P分を充当した場合」を比較したのが下記の表になります。

  楽天ポイントで利用した場合 楽天カードで決済し後でポイント充当
通常ポイント(1%) 50P 50P
楽天カード決済ポイント 0P 50P
楽天カードSPU分 0P 50P
楽天プレミアム以上のSPU+α分 0P 100P
0か5の付く日に買い物した場合 0P 100P
合計 50P(1%還元) 350P(7%還元)

見ていただくとわかるように、もらえるポイントに大きな差が出てきます。

楽天カードの決済ポイントは引き落とし額ではなく「決済額」が計算元になっているためです。どうみてもポイント充当の方がオトクですね。

楽天市場でのお買い物にポイントを使うのであれば、ポイントをそのまま使うのではなく、一旦楽天カード経由で買い物をした上で後からポイント充当するほうをお勧めします。

楽天証券で投資信託にポイント充当するのとを比較

続いては、楽天市場で使うのではないケースです。

ポイ活&投資に大活躍するのが、楽天カード×楽天証券の組み合わせで投資信託を楽天カードで買ってポイント獲得するという技です。まだやっていない方は、投資に興味がなかったとしても年6000円相当が儲かる案件なのでぜひやりましょう。

解説は下の記事で。

dp-invest.hateblo.jp

少し話がずれましたが、楽天証券では投資信託を購入するときにポイントで投資をすることもできます。実際に楽天ポイントを使って投信を購入しているという方も多いと思います。

実はこの場合も、ポイントを使って投資信託を買うのと楽天カードを使って投資信託を買うのとでは、カード払いの方がオトクです。

楽天証券では楽天カードを使った時の積立でも1%分のポイントがたまります。

たとえば、5万円分の投資信託を買うとして「楽天カードで購入」「楽天ポイントで購入」という場合を比較します。

お分かりかもしれませんが、楽天カードで買えば1%分のポイントが付与されます。一方でポイント充当の場合はゼロです。そして、楽天カードの支払金額にはポイントが充当できます。言い換えると、投信を買った5万円分に対して充当できるわけですから、実質的に5万円の投資信託を49500円で購入したというように考えることもできるわけです。

 

ちなみに楽天市場のSPUに「500円以上を1P以上使って投資信託を買うと楽天市場のポイント還元が毎月+1%」という特典があるので、私は月初に1回だけ1P利用で投資信託を買っています(積立投資信託の設定時に1ポイント以上利用する設定にしておいてもOKです)。

もっとも、楽天カードで投資信託を購入できるのは月5万円までなので、もっとたくさん投信を買いたいという場合は話が変わってきますね。実質的にポイントを現金化できるわけですし。

街のお店でのポイント利用や楽天ペイでの利用もおすすめしない

基本的にどちらもポイント利用でもポイント還元はあります。

ただし、楽天カードが使えるお店であれば、楽天カードで決済したうえで後でポイント充当をする方がポイント還元率自体は高くなります。

ただし、後述しますが楽天ポイントの内、期間限定ポイントについては楽天カードへの充当ができませんので、期間限定ポイント分については街のお店でのポイント充当も悪くありません。

期間限定ポイントの残高は楽天ポイントカードアプリなどで「期間限定ポイント」として表示されているポイント額になります。

 

 

注意点、あくまでも使えるのは楽天ポイント(通常ポイント)

とはいえ、楽天カードの決済代金に充当できるポイントは楽天の通常ポイントだけです。楽天の様々なキャンペーンで手に入る楽天ポイント(期間限定ポイント)や楽天キャッシュなどを充当することはできません。

楽天市場で貯まるポイントのうち「通常ポイント」は正直言って少し貯めにくいところがあります。SPUやお買い物マラソンなどのキャンペーンなどで貯まる大量ポイントは「期間限定ポイント」なのでこれには使えないんですね。

期間限定ポイントについては楽天市場でのお買い物に使うか、町のお店で楽天ポイント払いでお買い物に使いましょう。なお、楽天市場内で利用するのであれば、毎月18日の「いちばの日」でお買い物に利用するのがよいと思います。

ちなみに、すこし余談とはなりますが楽天スーパーDEALの方でもらえるポイントは基本ポイントとして還元されます。なので、同じポイント還元になりそうなら値引きされるよりもDEALでのポイントバックの方がお得度が高まります!覚えておきましょう。

 

楽天ポイント経済圏で楽天カードは必須

こんな感じです。楽天ポイント経済圏において楽天カードはポイント獲得面だけでなく、楽天ポイントの消化においても強い力を発揮することになります。

楽天ポイント経済圏を活用するなら絶対に作っておくべきカードです。

>>楽天カードの公式サイトはこちら

ちなみに、カード作成で5000P(毎月1回不定期実施のキャンペーン期間中なら7000P~8000P)がもらえます。また、そのタイミングでポイントサイト経由で楽天カードを作成すれば1万円以上のポイント還元になります。

待てる人はそのタイミングを待つのも手だと思います。詳しくは以下の記事で(随時更新!)

dp-invest.hateblo.jp