dポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用してます

おすすめ記事

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

2020年10月23日13時前のポイント投資の追加・引出判断。明日のポイント投資を予想

f:id:showchan82:20201023115540j:plain

dポイント投資や永久不滅ポイント運用はポイント追加と計算・反映の仕組み上、早朝~お昼の14時までの相場変動分を、ちょっとだけ先読みできる投資になっています。

でも、長年続けた後出し投資も今日で終わりです。

2019年6月24日から始まった現行の半後出し、2020年10月23日の変更までのトータルで232.62%という高利回り運用ができました。

dポイント投資を引退はしませんが、運用規模や方針は変えていく方針です。この辺りは本日か土日に更新したいと思います。

一緒にdポイント投資を楽しんでくれた読者の方やツイッターで絡んでくださった皆様にも感謝を!ありがとうございました。

twitter(@showchan82)もやってます。ポイント投資に関する細かい情報やポイント、マネー関連のお得な情報を軸に発信していますので、ぜひフォローください。

目次

クリック(タップ)頂ければお好みの場所にジャンプできます。
dポイント投資と永久不滅ポイント運用はそれぞれ分けて発信しております。

 

NY市場動向と前回のdポイント投資の追加・引出の答え合わせ

まずは前回判断した追加、引出の結果を見ていきましょう。
NY市況と本日17時変動のdポイント投資の結果(最終予想値)です。

  • NYダウ:+0.54%
  • ナスダック:+0.19%
  • ドル円仲値:104.70円(前日:104.64円)

ダウ、ナスダック共に反発

新規失業保険申請件数や中古住宅販売件数が市場予想を上回る数字だったことで相場の雰囲気が良化。追加経済対策についての期待も膨らむ。

最終週は最後の最後まで昼と夜の雰囲気が一変する相場でしたね。取りこぼし残念。

アクティブ 0.26%
バランス 0.07%
新興 -0.05%
コミュニケ 0.42%
生活必需品 -0.01%
ヘルスケア 1.05%
-1.03%
クリエネ -0.29%
米株 0.64%

 

 

本日13時までのdポイント投資の追加、引出の判断

dポイント投資の後出しは本日で最後になります。

なお、追加は可能ですが、引出は月曜日以降になるため新ルール(14時までで翌営業日18時のルール)になります。

そのため、本日追加した場合は最低でも今晩(金曜夜)と月曜夜の2営業日分の変動を受けることになりますのでご注意ください。金曜日で月曜日が日本祝日のケースと同じような動きです。

ただし、本日は13時ごろ~メンテに入るみたいなので、12時台の判断一本勝負になります。

永久不滅ポイント運用についてはあとちょっとだけ後出し投資ができますね。

 

<注意>
以下で計算しているアクティブコース、バランスコースの予測値はdポイント投資が投資しているETFの配分を参考に計算しております。この時間帯はETFは変動していないので、あくまでも「近似する株価指数先物やCFD価格」をベースにしておりますので、多少荒いです。あくまでも参考値としてご活用ください。

<12時00分現在の状況>

構成銘柄 前日比
日本株 -0.16%
NYダウ 0.08%
S&P500 0.17%
NASDAQ100 0.17%
中国 0.20%
台湾 -0.31%
インド 0.05%
イギリス -0.14%
ドイツ -0.11%
米国債先物 0.05%
ドル円 0.01%
dアクティブコース予測値 0.02%
dバランスコース予測値 0.04%
永久不滅ポイント運用予測値 0.03%

うーん、微妙オブ微妙な水準です。今日追加した分は逃げられない追加になるので、一旦仕切り直しのためにも本日は追加しません。

 

今週末でdポイント投資の後出しは終了。dポイント投資をどうする?

10月24日~は新ルールとなり、事実上後出しが使えなくなります。というわけで、これまでdポイント投資で運用してきたポイントの「出口」を考える必要があります。

とりあえず今のようなdポイント投資(ポイント運用)に全力というスタンスは取りませんが、一部は運用を続けます。

記事冒頭でも書きましたが、今日か土日くらいに新生dポイント投資の運用方針についてまとめたいと思います。

運用しないポイントは日興フロッギーを利用して株式に投資します。10月からは日興フロッギーを利用して世界株式や米国株などのETFにも投資できるようになりましたので、運用するならこちらで考えていくのも良さそうです。

>>SMBC日興証券公式ホームページ

dp-invest.hateblo.jp

また、一部は売買して現金化しても良さそうです。日興フロッギーはETFの売り買いをぶつけての現金化ももちろんできますので、必要に応じて利用すると良いと思います。

dp-invest.hateblo.jp

残った分はお試し引換券かな。

 

今後のdポイント投資は、dポイントを貯め込みながら有利に運用していくという流れから、ドコモがばらまきをするキャンペーン等のdポイントをうまくゲットして、そのポイントを自分の本当の資産にしていくフェーズに変わったと判断しています。

>>SMBC日興証券公式ホームページ

 

今後もdポイントを上手に活用して、お得にポイ活、資産運用していきましょう!