dポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用してます

おすすめ記事

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

2020年10月24日~dポイント投資、三度改悪す。これからのdポイント投資はどうする?

f:id:showchan82:20201015100056j:plain

dポイント投資の改悪が発表されました。これで三度目です。

1回目:2018年12月17日~
追加1日あたりに上限がついた(それでもほぼ100%勝利可能)。上限を増やすにはTHEO+ドコモを契約すれば2000P→1万Pに増枠。
ただ、この方法も複垢を活用しまくれば実質的に勝ち続けることは可能だった。この時はアカウントを何十、何百と作る人がいたとかいなかったとか……

2回目:2019年6月24日~
即時追加ができなくなり、半後出しになり、夜間分の投資リスクが発生するようになった。1日の追加は99900ポイントまで戻ったけど、100%勝てるポイント投資じゃなくなり、一定の予想(予測)で投資するようになった。
その後、2020年5月13日にアプデ。追加の回数制限が撤廃されて18時前のコーススイッチもできるようになり、dポイント投資がさらに勝ちやすくなった(これは改悪じゃなくて改善だった)。

3回目:2020年10月24日~
今回ですね。3度目です。
これまでは14時前追加→当日18時反映だったものが、翌日18時反映になりました。かなりインパクトのある内容で、大改悪です。

 

これまでタイムマシーンで戻って投資できたものが、逆に良く分からない明日の価格で投資する羽目になる

これまで(改悪前)までは、14時の締め切り前の追加ならNY市場クローズとの時間差の関係上、実質的にその日の朝6時の時点の株価で投資をすることができました。

一方で、14時締め切り、翌日18時追加の場合、14時の時点でその日の夜のNY市場の終値という見えない金額に対して投資をする必要があります。

そして、売却をする場合も同様に、今晩の結果ではなく明日の晩の結果次第という事になってしまいます。

それなら別にdポイント投資である必要はないです。

普通に日本株や米国株に連動するETFでも買えばいい感じ。こっちならリアルタイムで売買できる分、判断もしやすいし逃げるのも簡単です。

そのため、改悪後のdポイント投資は、短期で投資判断をするものではなく、中長期でポイントを入れっぱなしにしておくタイプのポイント運用になりそうです。

 

コースチェンジがどうなるか?

可能性として5月13日のアプデで追加された「コースチェンジは18時まで当日反映」という機能が継続するかどうかです。

これが継続するのであれば、アクティブコースとバランスコースを入れ替える判断が可能で、おそらく現状のdポイント投資と同じように普通に投資をするよりも有利な状況を作り出すことができます。

ただし、赤線を入れているように、すべて固定と書かれていますので、正直難しいだろうなと考えています。

f:id:showchan82:20201015093848p:plain

新コース変更スケジュール

まあ、普通に考えたらダメってことだよね……

 

今後、dポイント投資はどうするべき?ポイントの運用から本当の投資に

改悪後も様子見はしますが、コース変更も翌日扱いならdポイント投資として続ける価値は低いと思います。

株式会社ドコモ様に至りましては、2018年5月16日からdポイント投資というサービスをを通じて、dポイントをたくさん稼がせていただきました。まずは御礼申し上げます。

そして、今後のdポイント投資については、dポイントを貯め込みながら有利に運用していくという流れから、ドコモがばらまきをするキャンペーン等のdポイントをうまくゲットして、そのポイントを自分の本当の資産にしていくフェーズに変わったと判断しています。

私はポイント投資家として「ポイ活&資産運用」の組み合わせに大きな力があると思っています。dポイント投資は確かに有利でしたし、儲かりましたが、出口については少し心配なところがありました。

が、逆に勝てるdポイント投資(ポイント運用)がなくなったことで、本当の意味でのポイントを資産にするという流れを作ることができそうです。

まずはともあれ日興フロッギー(SMBC日興証券)ですね。
増やしたポイントを少しずつ現物資産にしていきます。また、dポイント投資(ポイント運用)は使えなくなっても、d払いやdポイント関連のキャンペーンは続くでしょうから、そうしたキャンペーンの獲得ポイントも資産化していきます。

フロッギーなら100円単位(100ポイント単位)で株を買っていけるので、少しずつ買い増しをして単元株にしていくという過程も楽しめそうです。

株投資はどうしてもいや……という方は、売買を通じて現金化することもできるので、その他の目的に利用するのも一つです。

>>SMBC日興証券公式ホームページ(日興フロッギー)

dp-invest.hateblo.jp

ちなみに、dポイントの有効期限は4年(48カ月)です。

急いでdポイントを使って投資をする必要もないのでじっくりでも構いません。

期限内に使い切れないよ~。というようなポイント長者の方は一度dポイント投資(ポイント運用)に入れれば期限がリセットされますので、それを活用して延命するのもありだと思います。

 

また、dポイントはdカード(クレジットカード)保有が前提となりますが、iDキャッシュバックとの交換や交換レート50%になりますが、JALマイルとも交換できますので、こうした使い道も一つだと思います。

今日現在のところはこんな感じでしょうか。