ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

今、オススメの案件

Kindle100%ポイント還元本のリスト
キャンペーンやキャッシュレスでポイント錬金術

VISA LINE Payクレジットカードがポイントサイトに初登場!ちょびリッチが最高3700円還元

f:id:showchan82:20200926152354p:plain

オトク、ポイ活界隈の方の中では、すでにかなりの方が保有してそうな気もしますが、VISA LINE Payクレジットカードがポイントサイト案件として初めて登場しました。

ちょびリッチがポイント還元額を増額し、3700円還元にとなりました。次点はECナビでカード作成で3,600円還元で実施中となっております。

ポイントサイトとしての還元がメチャクチャ大きいというわけではありませんが、決済で3%還元(2020年4月まで)という高還元率のクレカをまだ手にしていない方はチャンスといえるかもしれません。

>>ちょびリッチ会員登録はこちら

 VISA LINE Payクレジットカード

具体的なクレジットカードとしてのスペックは以下の記事で紹介しています。

dp-invest.hateblo.jp

実質年会費無料でポイント還元率3%が特筆すべき特徴のクレジットカードです。どこでも3%還元は中々のハイスペです。リクルートカードで1.2%ですからね。

ただし、2021年5月からは1%還元になる予定なので、今から作ると約8か月間特典を享受できるということになります。

 

LINE Pay(チャージ&ペイ)と組み合わせるとずっと3%

LINE Payの支払い方法として同クレカと紐づけして支払いをするチャージ&ペイだと3%還元(プラチナの場合)です。

これは期限設定が無いので2021年5月以降はこっちの方が良いかもしれませんね。でもLINEさんはポイントプログラムをしょっちゅう変更するので、3%がずっと続くかは不透明。

LINEマイカラーがLINEポイントプログラムになってワンコイン投資潰された恨みは忘れてません(トータルとして感謝はしてますよ)

dp-invest.hateblo.jp

とはいえ、3%還元やLINE PayクーポンなどはじめとしてLINE経済圏を活用するなら、現時点ではVISA LINE Payクレジットカードは必須だと思います。

 

ポイントサイト経由の発行がお得

f:id:showchan82:20200926152354p:plain

現在(2020年10月3日時点)はちょびリッチ経由が一番お得。

カード発行で3700円相当のポイント還元となっています。

ECナビのポイントはPeXポイントに交換することができ、PeXポイントはdポイントをはじめ各ポイントに交換することができるので無駄はありません。

VISA LINE Payクレジットカードが気になってはいたけど、発行には至っていないという方はよければこの機会にどうぞ。

>>ちょびリッチ会員登録はこちら

 

その他のポイントサイトの還元状況は以下の通りです。

  • ちょびリッチ:3700円相当
  • ECナビ:3300円相当
  • モッピー:3000円相当
  • ハピタス:3000円相当

>>ECナビ会員登録はこちら

>>モッピー会員登録はこちら

>>ハピタス会員登録はこちら