dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

dポイントカードがApple Payに対応!iPhoneやAppleWatchの設定方法と注意点

f:id:showchan82:20200219090518p:plain

ドコモのdポイントカードがiPhoneやAppleWatchなどのApple Walletに対応しました。Apple Payの対象店舗ではタッチをすることで、dポイントカードの提示としてポイントを貯める/使うことができるようになります。

対応としてはようやく……という印象。これでiPhoneやAppleWatchを使った決済でも、わざわざdポイントカードを別に提示する必要が無くなります。

AppleWalletへのdポイントカードの設定方法

dポイントクラブのアプリから初期設定が可能です。

アプリを開いて、右上の「dポイントカード」をタップして下に出てくるバナーをスライドさせ、「Apple Wallletにdポイントカードを設定」というボタンがありますのでそちらをタップして手続きをしてください。

追加するとWallet上にdポイントカードが提示されます。

 

会計時にdポイントを貯める方法(Apple Pay決済で提示)

これまで、iPhoneやAppleWatchでdポイントカード加盟店で決済をするときには

  • dポイントカードの提示
  • ApplePayでの決済

という二つの作業が必要でした、せっかくスマホ一つで決済ができるのに、ポイントを貯めるためにはカードを出したり、別のアプリを開いてバーコードを読み取ってもらう必要があったわけです。

これが、ApplePayにdポイントカードを入れることができることでひと手間でOKです。

たとえば、ローソンでお会計をするときはApplePayで支払いを宣言すれば、タッチすることでポイントカードの読み取りと決済の両方を行うことができます。

ワンアクションでポイントカード提示と決済ができるのはいいですね。

なお、ローソンのように複数のポイントカード(dポイントとPonta)に対応しており、ApplePayに両方登録してある場合はどちらのポイントを貯めるかをレジ画面で選択できます。

レジで「iDで」「QUICPAYで」という言い方はNG、「ApplePayで」といいましょう

iPhoneで決済をするとき、それぞれWalletから支払いに使いたい決済手段を選び、「iDで」あるいは「QUICPAYで」というように決済名で言われている方も多いかもしれません。

ただ、ポイントカード読み取りをするには、これらではダメで「ApplePayで!」と伝える必要があります。セルフレジを利用するような場合でも、同様にApplePayを選択してください。

dカードを使うなら設定でメインカードにしておく

ApplePayでの決済をするときは決済するカードを選択するのではなく、「メインカード」として指定されている決済手段で支払いがされます。

dポイントユーザーであれば、dカード(あるいはdカードGOLD)で支払いたいという方が多いと思います。

この場合は設定でメインカードを「dカード」にしておきましょう。

  1. 設定を開く
  2. WalletとApplePayをタップ
  3. 支払い設定のところの「メインカード」を選択
  4. カード選択画面で「dカード」を選ぶ

これでOKです。

 

導入記念でローソンでキャンペーン(エントリー不要)

f:id:showchan82:20200219091444p:plain

期間:2020年2月18日~4月17日

ローソンでApplePayに設定したdポイントカードのキャンペーンが開催されます。ApplePayでdポイントカードの読み取りと支払いを同時行うと、ポイントが7倍(7%)となるキャンペーンが行われます。

これはポイントカード分になります。ちなみに、決済手段(メインカード)にdカードを設定しておくとさらにお得です。

  • 1%還元(クレジットポイント)
  • ローソンdカード決済で3%オフ(クレジット請求時)

も付与されます。ポイントカード提示分も含めると11%還元ということになりますね。

>>dカード公式ホームページはこちら

>>dカードGOLD公式ホームページはこちら

 

キャンペーン期間も長めですし、練習がてら活用してみましょう。