dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

<2020年2月29日まで>LINE Pay 20%還元クーポン!Payトクマラソン開始

f:id:showchan82:20200219153757j:plain

LINE Payのお得な決済キャンペーンです。複数のお店でLINE Payを使った買い回りをすることで最大20%分還元を受けられます。

楽天のお買い物マラソンやドコモのd曜日のように複数ショップでの買い回りが条件となっています。ただし、ネット決済ではなく街のお店が対象です。

ちょっと変則的ですし総還元額が小さめではありますが、余裕がある人はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

キャンペーン詳細情報

dp-invest.hateblo.jp

期間:2020年1月18日~29日まで

※キャンペーン期間中でもクーポン獲得対象者が合計10万名様に到達した場合、本キャンペーンは終了します。

対象となる店舗で5店舗以上のお買い物をすると20%オフとなるクーポンが付与されます。クーポン付与は後日還元上限は1000円まで(5000円までのお買い物が上限)となります。

なお、買い回りの対象となる店舗は以下の通りです。

  • セイコーマート
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • AINZ&TULPE
  • ウエルシア
  • 杏林堂
  • ココカラファイン
  • サツドラ
  • サンドラッグ
  • ツルハドラッグ
  • Tomod’s
  • マツモトキヨシ
  • 松屋
  • リンガーハット
  • OKストア
  • サミット
  • ライフ

 これらのお店で5店舗以上の購入が必要です。

 

これだけして1000円の還元は割に合わない?

買い回りは別々の企業(加盟店)である必要があります。ローソン○×店とローソン×〇店で買い物しても1店舗扱いです。

普通に考えたら面倒な割にクーポンの還元額が小さくてちょい割に合いませんかね。

※お支払い金額は問いません。

とあるように、金額はいくらでもいいみたいなので、コンビニやドラッグストアで10円、20円の商品を買っても対象にはなるようですので、そんな感じで5店舗のマラソンを完走してもよいのでしょうけど……。

LINEポイントやLINE Payボーナスを利用したお支払いも達成加盟店数のカウントの対象になります。

という事みたいですが、LINEポイントで決済をすると、マイカラーのポイント還元の対象にならず勿体ないです(グリーンなら2%還元)。

LINEポイントについては「LINEポイントをLINE証券を使って現金化する方法」でも紹介しているようにLINEポイントを一旦、LINE証券に入金した上で、それをLINE Pay残高に払い出すというひと手間を加えて得をしましょう。

>>LINE証券公式ホームページ