ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

Kyash Cardの活用法と注意点 キャンペーンやクレカ決済の中継として活躍するプリペイドカード

著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20220307151422p:plain

ブランドプリペイドカードのKyash Cardが3Dセキュアに対応し、セキュリティを強化しました。この強化を受けて、我らがドコモのスマホ決済サービスの「d払い」のお支払方法としてKyash Cardが選べるようになりました。

d払いにKyash Cardを設定することによりポイントの3重取り、4重取りが可能になります。d払いのキャンペーン系との併用ができない点に注意は必要ですが、場面場面によってはかなり有効になりそうです。

また、ポイント獲得の面だけではなく、多くのカードからチャージ可能なことを利用してクレジットカードのキャンペーンにおける決済額修行などにも活用可能です。不定期にやるキャンペーンもあるのでとりあえず作っておいて損はないと思います。

>>Kyashのアカウントを作成する

【キャンペーン情報】新規登録&JCBカードから5000円以上チャージで1000円還元

キャンペーン期間:2022年6月28日(火)10:00 ~ 2022年7月31日(日)23:59

期間中にKyashを新規登録(アプリインストール&アカウント作成)&KyashにJCBブランドのクレジットカードで5000円以上をチャージすると、1000円分のポイント還元(実質20%増量)のキャンペーンが始まっています。

こちらのキャンペーンは新規限定なので既存ユーザーは残念ながら対象外となります。

 

【初めての方】Kyash Cardとは?Kyashのサービスを説明します

事前にチャージした範囲でクレジットカードとしてお買い物ができるVISAプリペイドカードです。VISAプリペイドなのでクレジットカードのように審査はありません。

  • Kyash Card
  • Kyash Card lite
  • Kyash Card virtual

の3種類があります。

  KyashCard KyashCard Lite KyasCard Virtual
発行手数料 900円 300円 無料
年会費 無料 無料 無料
ポイント還元率
(銀行チャージ分)
1.0%
月間1200Pまで
※12万円利用まで
0.5%
月間600Pまで
※12万円利用まで
※要、本人確認
0.5%
月間600Pまで
※12万円利用まで
※要、本人確認
ポイント還元率
(クレカチャージ分)

0.2%
月間100Pまで
※5万円利用まで

0.2%
月間100Pまで
※5万円利用まで
0.2%
月間100Pまで
※5万円利用まで
リアルカード ×
3Dセキュア × ×
Apple Pay、Google Pay 〇 (QUICPay)
Visaのタッチ決済 × ×
ネット決済
国内実店舗決済 ×
海外実店舗決済 × ×
本人確認 必須 任意 任意
1回あたりの決済上限 30万円 10万円(3万円) 10万円(3万円)
1カ月あたりの決済上限 100万円 15万円(12万円) 15万円(12万円)
チャージ上限(マネー)
※銀行チャージ分
1000万円 1000万円 1000万円
チャージ上限(バリュー)
※クレカチャージ分
100万円 100万円 100万円

作っておくべきはKyash Cardです。クレジットカードと同じようなカードが届きます。発行費用として900円が必要になりますが、年会費等は不要です。

KyashCard Liteは3Dセキュアに対応していないため、KyashCardの強みである他のスマホ決済サービス等へのチャージ等で利用できず力を発揮できないのでメリットは弱め。

900円払うのはなぁ……というのであれば、無料で作れるVirtualで様子見というのもアリかもしれません。

2022年5月28日~30日までの3日間限定ですが、KyashCard Liteの手数料が無料になるキャンペーンが実施されています。

>>Kyashのアカウントを作成する

 

KyashへのチャージはVisa、JCB、Amexから可能

Kyashへの残高チャージはVisaブランドのみの対応でしたが、2022年6月28日からJCBブランドからのチャージにも対応、2022年7月5日からAmexブランドからのチャージにも対応します。

 

ポイント還元率は下がってしまった……

従来はクレカチャージで1%還元という強みがありましたが、2021年2月10日よりクレカチャージ経由の残高を使った時の還元率が0.2%にまで低下してしまい、従来までの大きなメリットが失われてしまいました。

単体で活用するメリットはほとんどなくなってしまったと言って良いでしょう。

f:id:showchan82:20210128135743p:plain

クレカチャージ分=Kyashバリュー

他のクレカやキャッシュレスと組み合わせて+0.2%分がもらえるカードになってしまいました。

じゃあ、使う意味はないの?と言われるとそんなことはありません、以下で紹介するように活用の幅はしっかりとあります。キャッシュレスの「中継役」として縁の下の力持ち的な活躍を見せてくれます。

 

実は持っているだけでもお得。時々残高プレゼント

理由やタイミングはわかりませんが、Kyashは時々、期限付きの残高をプレゼントしてくれます。残高は普通に使えますし、使う先がなければアマゾンギフト券などを買うという逃げ道もあるので、ホントうれしいです。

 

キャンペーンだけ参加する

また、Kyashは不定期に還元キャンペーンなどを実施してくれます。中にはお得なキャンペーンもあります。キャンペーンがあるときは、この記事でも紹介していきます。

Kyashはキャンペーン期間が短く、発表を受けてからカードを作っても間に合わないことが多いので、次に備えて早めに作っておくのもアリですね。

 

Kyash Cardの活用法

いくつかメリットがありますので上手に活用していきましょう。

  • ポイントの多重取り
  • クレカ決済修行に活用する
  • とりあえずアカウント作ってポイントもらう(笑)
  • キャンペーンだけ参加する

とこんな感じ

ポイントの多重取り

冒頭にも書いたように3Dセキュアに対応したことで、他のキャッシュレス(d払いやPayPay、TOYOTA Wallet)などにチャージができるようになりました。

  • クレジットカード→KayshCard
  • KyashCard→TOYOTA WALLET(など)
  • TOYOTA WALLETで決済

とすることで、それぞれの段階でポイントを獲得できる三重取りができるのが強みです。たとえばTOYOTA WALLETの場合だと以下のような還元になります。

  • クレジットチャージ分:1.0%
  • Kyash還元分:0.2%
  • TOYOTA Wallet還元:1.0%

合計2.2%還元

といった運用ができますね。

こうした手段により他のクレジットカードの還元率を高めることができるのがKyashの良いところです。出口が多いというわけですね。

ちなみに、チャージ元のクレジットカードとしては「リクルートカード(1.2%還元)」が今のところよさそうですね。

決済修行のクレジットカードの還元率アップに使える

他にあげるとすれば、修行用のクレカとかの決済ですかね。

たとえば三井住友カードNLゴールドは年100万円利用で1%還元率アップ+翌年以降もずっと年会費無料の特典があります。

生でそのまま100万円利用するより、Kyash経由でTOYOTA Walletで支払いをすればKyash分の0.2%はオマケとして付与された上、TOYOTA Walletの1%が上乗せされて1.5%の還元率のクレカになります。三井住友カードNLゴールドの100万円の+1%も入れたら2.5%還元です。これは大きい。

また、利用額の調整にも使えます。Kyashは指定額をクレジットカードから「チャージ」できますので○○万円決済したいというようなときに活用できます。

クレジットカードの入会キャンペーンなどでKyash経由でチャージをすれば決済額を作り出すための「中継」として役立ちます。

dp-invest.hateblo.jp

上手く活用しましょう。

>>Kyashのアカウントを作成する