dポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用してます

おすすめ記事

日興フロッギーでdポイント投資を実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

ポイ活で資産運用!ポイ活投資生活を極めよう
ポイ活と投資は最高に相性が良いです。組み合わせで得しましょ

大和証券系のCONNECT(コネクト)を実際に試した口コミ!小額投資やポイント運用が可能

f:id:showchan82:20200526065204p:plain

大和証券グループ本社の100%子会社として2020年7月初旬に「CONNECT(コネクト)」という証券会社がサービスを開始しています。

  • スマートフォンで完結する使い勝手の良い取引環境
  • 資産形成層および若年層が使いやすいアプリケーションデザイン
  • シンプルな商品ラインナップ
  • 業界最低水準の手数料
  • ゲーミフィケーションの活用

f:id:showchan82:20200526070947p:plain

ということです。

Pontaポイントを利用して株式に疑似的に投資をすることができるサービスとしてStockPoint for CONNECTというサービスも運用しています。

こちらでは証券会社としての「CONNECT」とポイント運用サービスの「StockPoint for CONNECT」について紹介していきます。

>>CONNECTの口座開設はこちら

 

CONNECTとは?

まず、CONNECTは大和証券系のネット証券(証券会社)となります。

口座開設をすることでスマホアプリを通じて株式への投資ができます。最近はこうしたスマホ向けのネット証券サービスが増えています。ネオモバ(SBIネオモバイル証券)LINE証券などと系統は同じですね。

小額投資が基本で、ネオモバと同じように1株単位の株式売買(単元未満株)として「ひな株」というサービスを用意しています。

また、ポイント運用サービスである「StockPoint」と連携しており、StockPoint for CONNECTというポイントを使って株式を疑似投資できるサービスとつながっており、ポイント運用で運用している株式ポイントが1株分以上になればCONNECTで本物の株式として交換することもできます。

 

StockPoint for CONNECTはポイント運用できるけど注意点あり

StockPoint for CONNECTはポイントを使って株式に疑似投資できるサービスです。こちらのサービス自体はCONNECTに口座がなくても利用することができるようになっています。

会員登録は簡単で、共通ポイントのPontaポイントなどを利用して株式に疑似投資できます。

ちなみに、StockPointというサービス自体はもともと株式の疑似投資サービスとして展開されており、StockPoint for CONNECTはそのエンジンをそのまま利用してCONNECTユーザー向けに開放しているようなイメージです。

ポイントを投資すると実際の株価に連動してポイントが増減します。そして保有する株式ポイントが1株分を超えた場合、ひな株としてCONNECTの証券口座に移動させることもできます。

ちなみにPontaポイントで投資をすることができるのですが、Pontaポイントのまま運用されるわけではなくPontaポイントを「キャッシュポイント」というものに交換して投資をします。

そしてそのキャッシュポイントをつかって、株式に疑似投資します。疑似投資したポイントは「銘柄ポイント」と呼ばれて実際の株価の変動と同じように動きます。

Pontaポイントなど⇔キャッシュポイント⇔銘柄ポイント

という感じになります。キャッシュポイントはPontaポイントにも戻すことができますが、戻すときは1.01キャッシュポイント→1Pontaポイントとわずかですが価値が減価してしまいます。

ポイント運用のままだと配当金がもらえないのは注意

また、ポイント運用については配当金が出ない(ポイント運用に考慮されない)という問題があります。配当金がでない(でも本当の株価を参照するので配当落ちで株価下落する)ので長期投資に向かないと仕様になっています。

配当落ち
配当金の受取権利の確定日の翌日に、配当金相当額の株価下落が起こること。

なので、基本的には株式に交換できる水準まで銘柄ポイントが貯まったら、ポイントのまま運用するのではなく、早めにCONNECTに株式として入庫するのがおすすめです。

 

CONNCETの証券会社としてのスペック

ここまではポイント運用サービスとしての紹介をしてきましたた、証券会社としてのCONNECTのサービスを少し掘り下げていきましょう。

基本的にはスマホ証券と呼ばれる、スマホアプリを利用して株取引をするサービスを提供しています。ネオモバ(SBIネオモバイル証券)やLINE証券、OneTapBuyなどと似たような感じですね。

積極的に株式を売買していくというニーズではなく、手軽に株取引をしたいという人、株初心者向けの証券会社といえます。

IPO投資ができるようになったのは大きな強み

人気の高いIPO投資への応募も可能になっています。CONNECTは大手証券会社である大和証券系ですので関与するIPOの数も多そうです。

CONNECT自体が幹事証券としてIPOの募集を行ってはおりませんが、大和証券グループという事で大和証券が幹事証券の場合の委託をうけての配分があるようです。2020年12月からIPOがありましたが、12月だけで10社の申込ができました。

当選した場合のIPO株の売却手数料。通常は0.33%なのですが、CONNECTは月に10回まで売買手数料が無料となるクーポンを提供してくれますので売却時も手数料をかけずにIPO株の売却(売却)が可能です。

1株投資ができるひな株はやや手数料高めだが単元株はクーポン有

1株単位で株式を売買できます。ただし手数料(スプレッド)は0.5%と設定されており、やや高めな気がします。

  • SBIネオモバイル証券:月間50万円までは実質20円
  • LINE証券:日中(0.2~0.4%)、夜間(1.0%)

となります。ちょっとコスト高??ただし、単元未満株取引でもNISAでの取引に対応しています。

また、CONNECTでは毎月10枚の単元株取引(100株単位の株取引)の手数料無料クーポンを提供してくれます。10回分の通常取引は手数料無料で取引できます。

CONNECTはおすすめ?おすすめじゃない?

全体的に見れば、ネオモバやLINE証券のように小額投資に特化したというよりは、小額投資やポイント運用も可能な証券会社という扱いに近いイメージです。

大和証券系の強みを活かしたIPO投資は魅力的ですし、ポイント運用についてもキャンペーンに積極的なようですから、うまく乗っかっていきたいところです。

ただし、ポイント運用のまま(銘柄ポイントのまま)だと権利落ち問題があるので1株以上になったらCONNECTに移して株式化することをおすすめします。

>>CONNECTの口座開設はこちら