ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

三井住友カードゴールドNLが誕生!1度きりの100万円利用で以降は年会費無料、SBI証券もお得なクレカに

f:id:showchan82:20210701103832p:plain

三井住友カードNL(ナンバーレス)に新たにゴールドカードがラインナップとして加わります。年会費は通常のゴールドの11,000円の半額となる5,500円。

最大の特徴は年間100万円の利用をすれば翌年以降の年会費が無料になるということです。また、100万円利用ごとに10000ポイント(1%相当)のポイント還元もプラスとなります。

さらに「SBI証券での投信積立のポイント還元が1%還元(通常0.5%)」という特典もうれしいです。うまく使えば爆益カードになること間違いなしです。

とはいえ、100万円決済を1度達成しなければならないというのはそこそこハードルが高いです。誰も彼もが向いている案件とは言えません。

三井住友カードゴールドNLについて詳しく調べていきます。

三井住友カードゴールドNLの基本スペック

まずは、基本スペックです。

  • 年会費:5,500円(9月末までの発行で初年度無料
    ※一度でも年間100万円以上の利用をすれば翌年以降は年会費が無料になります。
  • 国際ブランド:Visa/Mastercard
  • 家族カード:無料
  • 基本ポイント還元:0.5%(200円につき1ポイント)
    ・コンビニ3社、マクドナルドはタッチ決済で最大+2.5%
    ・選べるお店のポイント還元+0.5%
    ・年100万円の利用で1万ポイントプレゼント
  • 積立投資のポイントUP:1%還元(通常は0.5%)
  • 付帯保険:2000万円の国内外傷害保険/年300万円のショッピング保険
  • 空港ラウンジ:あり
  • 資格:原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

ポイント還元率自体は標準的の0.5%と高くないです。選んだ3つのお店でポイントが+0.5%になりますが、それでもポイント還元は1%で特段高い水準とはなりません(選べるお店は通常NLでも利用可能な特典)。

マクドナルドとコンビニ3社(セブンイレブン、ローソン、ファミマ)でのタッチ決済がオトクなのは通常NLと同じです。

なので、本カードの大きな特徴は「初年度無料」「年会費無料ゴールド修行ができること」と「SBI証券のクレカ投信積立の還元率が1%になること」の3つです。

ちなみに、クレジットカードの申込対象(資格)については「本人に継続収入」とありますので、専業主婦の方や学生さん、無職の方は申込NGとなっています。

メリット①年会費無料ゴールド修行ができる

一度だけでいいので年間のカード利用額が100万を達成すれば、以降の年会費が無料になります。年会費無料ゴールドにできるわけです。

こうしたカードはたとえば、「エポスゴールド(インビテーション経由)」や「イオンゴールド(同、インビ経由)」などが挙げられます。

特にエポスゴールドについては、「エポスカード×tsumiki証券とエポス修行」でも紹介しているようにtsumiki証券との組み合わせが最高に相性が良いので活用している方も多いのではないでしょうか。まだの方はぜひどうぞ。

年100万円の決済を1回だけクリアすれば、以降はずっと年会費無料で保持できるわけですから、決済額が多い人は比較的簡単です。

判定期間:入会月~11か月後末

なお、100万円の決済には以下は含まれません。

  • 年会費(クレジットカード、ETCカード、PiTaPaカード)
  • 三井住友カードつみたて投資(SBI証券)
  • キャッシングリボ
  • 海外キャッシュサービス
  • その他ローンの返済金
  • リボ払い・分割払い手数料
  • 交通系含む電子マネーへのチャージ
  • 弊社発行プリペイドカードへのチャージ
  • スマートフォンアプリ「Vポイント」へのチャージ
  • 国民年金保険料、提携会社からの収納事務を委託された一部の保険料

純粋なお買い物で使えってことになりますね。プリペイドカードへのチャージが「弊社発行」とあるので、三井住友カード以外のプリカならOKという可能性もありますね。三井住友カード発行のプリカはdカードプリペイドやTOYOTA WALLETとかですかね。これらは確実にNG。

逆にauPAYや6gram、KyashなどにチャージはOKと考えられます。

私は本カードの決済修行においては「三井住友ゴールドNL→Kyash→ToyotaWallet」で使っています。ちなみに、auPAY方向で修行をしたい人は「mastercardブランド」で発行するようにしましょう。

dp-invest.hateblo.jp

また、保険料はダメってありますが、税金についてはOKな模様です。住民税などの税金を自身で払われている方にとっては朗報ですね。

メリット②SBI証券のクレカ投信積立の還元率が1%になる

これが大きいですね。というか、本カードを作る人の大部分はこれが目的ではないかと思います。通常の三井住友カードの場合は0.5%還元ですが、ゴールドNLの場合は1%還元になります。

SBI証券でのクレカでの投信積立は月5万円が上限なので年60万円までの投資ができます。

dp-invest.hateblo.jp

  • 0.5%還元:3000ポイント
  • 1.0%還元:6000ポイント

と年間で3000円相当の差が生まれることになります。通常の年会費(5,500円)が生じるのであればメリットはありませんが、年会費が以降無料にできるのであれば年3000円の差はかなり大きくなります。

 

年会費無料&投信積立でゴールドクレカに

とまぁ、年会費無料とSBI証券でのクレカ投信積立のポイント還元UPの合わせ技が本カードの最大のメリットであるといえます。

その他にも100万円利用で1万Vポイント還元などの特典もありますが、投信積立分は対象外なので翌年以降もクリアするメリットは薄い感じです。

初年度に100万円決済を決め込んで、あとはSBI証券でコツコツポイ活投資を続けるのが最良なのかなと思います。

 

ポイントサイト案件

9月30日現在だと最高還元は「ECナビ」で7,200円還元です。やるなら今日まで、やらないなら他のキャンペーン等が始まるまで当面スルーですかね。

ECナビ会員登録はこちら

<ポイントサイト条件>
WEB申し込み後、30日以内のカード発行でポイント獲得対象。他三井住友カードの券種をお持ちの方でも、追加カードとして「三井住友カード ゴールド(NL)」のお申込みが初めての場合は対象となります。

言い換えると、ノーマルNLをお持ちの方がゴールドNLにアップグレードする場合は対象外です。ノーマルNLとゴールドNLは二枚持ちOKです。

発行には「通常発行」と「即時発行」の二つがあり、どちらでもOKです。ただし、即時発行は過去一定期間内に同社カードの発行歴があると使えないことがあります。その場合は通常発行をご利用ください。