ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

ポイント投資の攻略ブログ

AmazonPayでアマギフを使うとお得!Amazon Pay対応ショップでお得にお買い物をするコツを紹介

著者:しょうこちゃん

Amazon PayはAmazonと提携したECショップなどでAmazonの決済機能を利用してお買い物ができるオンライン決済サービスです。

中小企業のECサイトから大手企業のECサイトまで多くのショップで導入されています。こうしたECショップにおいてわざわざ会員登録をしなくてもAmazonのアカウントがあればそれを利用して決済から住所入力(送付先入力)までをやってくれるサービスです。

私もAmazon Payが使えるお店だとAmazon Payを使うことが多いです。便利ですよね。

決済に使えるのはAmazonに登録しているクレジットカードなどですが、それだけでなく、Amazonギフト券も利用することができ、利用額に応じたポイント還元があります。

  • 一般ユーザー:AmazonPay利用額の0.5%還元
  • Amazonプライム会員:同1.0%還元

さらに、2022年11月10日までの期間限定でAmazonプライム会員ならAmazonPay(Amazonギフト券残高払い)が通常1%還元から2%還元に増量されるというキャンペーンも実施中です!!

これによりAmazonPay対応ショップではAmazonギフト券でのお買い物が最適になりました。詳しく紹介していきます。

AmazonPayでAmazonギフト券を使ってECサイトで支払いをすれば0.5%還元、プライム会員は1%還元

AmazonPayは様々なECサイトと連携して、商品注文時にAmazonのIDでログインをすることでAmazon登録の住所を配送先に選べるほか、Amazonに登録している支払い方法を利用することができるサービスです。

ECサイトで面倒な住所や配送先などを登録する必要もなく注文を完結できます。

支払い手段としてはAmazonに登録をしているクレジットカード以外にもAmazonギフト券残高を選ぶことができます。

そしてAmazonギフト券残高を選んで支払いをすると

  • 一般会員:0.5%相当のAmazonギフト券
  • プライム会員:1.0%相当のAmazonギフト券

の還元を後日(原則、購入日の翌々月下旬)に受けとれます。

この還元だけを見るとそう大きくはないですが、Amazonギフト券自体を安く購入することができる手段があるので、実質的に還元の二重取りができるわけです。プライム会員1%還元はかなり大きいです。

 

直接購入するよりそのカードでAmazonギフト券を買ってからAmazonPayで買い物をするとお得

というわけです。

たとえばAmazonPayに対応しているECサイト還元率1%のクレジットカードでお買い物をしているとしましょう。

この時、通常のお買い物であれば

  • いつものクレジットカードで直接購入する→1%還元
  • いつものクレジットカードでAmazonギフト券を購入してAmazonPayでアマギフ購入→1.5%還元

となりわけですね。さらに、これだけでなくAmazonギフト券の購入のやり方次第でもっとお得にお買い物をすることができます。特にAmazonプライム会員であれば最低でも+1.5%の上乗せができます。

うまく活用していきましょう。

 

①Amazonプライム会員ならクレジットチャージで+0.5%、さらにAmazonPayで+1%還元

f:id:showchan82:20210906184638p:plain

対象者:Amazonプライム会員

Amazonプライム会員ならAmazonPayで買い物をすればクレジットカードのポイント還元に+1.5%できます。

  1. プライム会員が5000円以上チャージで0.5%還元
  2. AmazonPayでアマギフを使うと1.0%追加還元

まずは、Amazonギフト券をAmazonのサイトでクレジットチャージするとき、5000円以上を一度にチャージをすると0.5%分のAmazonポイントの還元を受けることができます。要エントリーですので「こちら」からクーポンコードを取得してから下のページから5000円以上のアマギフ購入で対象です。

>>Amazonギフト券(チャージタイプ)

そしてチャージ済みのAmazonギフト券残高を使ってAmazonPAY対応のECサイトで買い物をすればさらに1%分の還元があります。

  • クレジットカードのポイント還元(アマギフ購入)
  • アマギフチャージ時のボーナス
  • AmazonPay利用時のボーナス

と三重取りができるわけですね。

基本的にはポイント還元率の高いクレジットカードを利用するのが良いですね

 

②Amazonギフト券を現金チャージで最大2.5%還元+1%還元

Amazonギフト券の現金チャージキャンペーンは常設キャンペーンとしては終了しています。不定期にキャンペーンが開催されることがあるのでそのタイミングで利用するようにしましょう。

Amazonギフト券(チャージタイプ)」のページから購入し、支払いは方法で「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選ぶと上記の還元を受けることができます。

最高還元なら2.5%分の還元があり、AmazonPayで支払いをすればさらに+1%の還元も受けられますので、AmazonPayでの支払いが3.5%還元になります。

 

③その他、不定期のAmazon関連のキャンペーンを使ってギフト券を貯金しておくのもあり

このほか、キャッシュレス系のキャンペーンなどでAmazonギフト券がお得に購入できるキャンペーンも色々あるので、こうしたキャンペーンでお得に買い物をするというのもアリですね。

 

いずれにしても、AmazonPay対応のネットショップでのお買い物をする時はAmazonギフト券での購入をするのが基本的に有利ということは覚えておくと良いでしょう。

もちろん、当該ECサイトにおいてAmazonPay以外の別のキャンペーンをやっているようなケースもあるでしょうし、そういう場合はそのキャンペーンと比較してお得な方を選択しましょうね。

 

AmazonPayが使えるECサイト

ちなみに、AmazonPayに対応しているECサイトは1万社以上になっているそうです。規模の小さなECサイトはもちろんですが、大規模ECサイトでも導入されています。

私が応援しているハーブティー専門店デザインウィズティーサロンでも導入されています。AmazonPayで購入するとお得なのでぜひ使ってあげてください。
実はAmazonPayは多くのショッピングカートサービスに決済機能を提供しています。今はやりのショッピファイとかだと標準の決済機能がAmazonPayだったりします。ネット決済界のPayPayばりにAmazonPayは多くのECサイトに提供されています。

逆にAmazonPayが使えないのは楽天市場やYahooショッピング、auPAYマーケットのようなライバル関係にあるモールで、独立系のECならかなりの数のショップがAmazonPayを導入しています。

大規模サイトだと以下のようなサイトがありますね。

  • ふるさとチョイス(ふるさと納税大手)
  • ふるなび
  • 出前館
  • 劇団四季
  • JTB
  • るるぶトラベル
  • 三越・伊勢丹
  • ユナイテッドアローズ
  • アディダス
  • BUYMA
  • コジマ
  • サンワダイレクト
  • Anker
  • スポーツオーソリティ
  • 日本郵政(クリックポスト)
  • アンダーアーマー
  • アイリスプラザ
  • T Joy(映画)

大きなところだとこんな感じです。ちなみに、上記のサイト全部でAmazonPayがお得というわけではありません。

その他のキャンペーンなどでAmazonPay以外を利用するほうがポイント還元率が高いというケースもあると思いますが、AmazonPayが使えるならAmazonPayを使っておけばそう大きな問題はないという程度にはお得です。

とはいえ、アマギフ残高はポイ活関連のキャンペーンを頑張っていると残高がどんどんたまっていく……ということも多いと思うのでその消化先としてAmazonPayが使える外部サイトは悪くないと思います。

とくに「ふるなび」なんかはキャンペーンも多くてふるさと納税の結果、最終的に実質的なキャッシュバックとして利用できるのでアマギフ残高の出口として悪くないですね。

dp-invest.hateblo.jp