dポイント投資の攻略ブログ

ポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスなどお得情報発信

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

テルモの株主優待(端株優待)は全株主に優待販売とカレンダー

f:id:showchan82:20200226231726p:plain

1株単位で株を売買できる小額投資(単元未満株取引)に最適な端株優待を紹介していきます。

テルモ(4543)は医療機器や衣料品などを製造販売するメーカーです。ご家庭の体温計や血圧計などはテルモ製という方も多いと思います。

そんなテルモの株主優待は「全株主」を対象としているため100株未満の単元未満株の株主も対象となります。公式ホームページ上でも案内しているので隠れ優待ではありませんが、折角なのでうまく活用しましょう。

 

テルモの株主優待は優待販売とカレンダー

テルモは3月末、9月末をそれぞれ権利確定日としています。その際、全株主に対して以下の優待を行っています。単元未満株(100株未満)の株主も対象となるようです。

3月末株主への優待

  • 自社製品の優待販売
  • 自社オリジナルカレンダー(希望者のみ)

カレンダーについては申し込みが必要です。11月~12月ごろのお届けとなる予定です。6月ごろに届く申し込み用紙の返送が必要です。

9月末株主

  • 自社製品の優待販売
  • テルモメディカルプラネックスの工場見学ご招待(抽選)

プラネックスは、医療技術の創造と普及を目指して設立された施設です。病院や居宅と同等の医療環境を再現した空間で、医療関係者の実践的なトレーニングや、製品開発のためのコラボレーションが行われています。また、国内の医療関係者のみならず、各国の政府関係者や海外の医療関係者など多くの方が訪問し、2002年のオープンからの来訪者は、のべ13万人を超えています。

色々体験もできるみたいですので、興味がある方には良さそうですね。ちなみに場所は神奈川県です。

 

テルモの優待販売はどんな商品がある?

体温計や血圧計などがあります。購入はハガキを送り返すというアナログな方法で支払は代引きです。優待販売に掲載されていた商品の価格についてAmazonなどで調べましたが、さすがに優待価格の方がお安くなっていました。

消耗品のようなものそう多くないので、万人向けか?と言われたら微妙?

去年(2019年)の優待販売では、体温計が少し壊れかけていたのでこの優待で購入しました。かなりお安かったのですが、検温完了時のメロディが大きく驚きました。

少し耳が遠い高齢者向けの商品だったのかもしれません。

kabunusiyutai.com

 

テルモの株を1株買うのにおすすめの証券会社

1株投資をするのであれば、通常の証券会社だと手数料が高すぎて割に合いません。小額投資が前提のネット証券を活用しましょう。

小額投資に向くネット証券は以下の3社があります。

SBIネオモバイル証券 1株投資は一番やりやすい。大部分の銘柄に1株単位で投資可能。Tポイントを使って株式の買い付けも可能。
>>ネオモバの詳細
LINE証券 LINEポイントを使って投資ができる。投資可能な銘柄数が少ないのが難点。
>>LINE証券の詳細
日興フロッギー 500円単位の金額単位で株投資ができるのが魅力。一方で株数単位の投資には不向き。
>>日興フロッギーの詳細

この中で日興フロッギーは単元未満の保有株は名義が投資家にならないので優待がもらえません。なので端株優待投資では対象外。

となると端株優待の投資ならSBIネオモバイル証券かLINE証券が候補になります。テルモはLINE証券でも取り扱いありです。

>>ネオモバ(SBIネオモバイル証券)の申込はこちらから

>>LINE証券の申込はこちら

  

【免責】
※株主優待制度については企業が独自の判断で取りやめをするケースがあります。特に端株優待については告知されずにサイレント修正されることもあるので、あくまでも過去の情報としてご利用ください。

※こちらの記事における「おすすめ」という表現は株主優待の内容・リターンが優れていると思うという意味でのおすすめです。今後同社の株価が上昇することを保証するものではありません。