dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

松井証券ポイント(クレジットカード)で投資信託に自動投資できる、MATSUI SECURITIES CARDが登場

f:id:showchan82:20190220111839p:plain

ネット証券大手の「松井証券」がMATSUI SECURITIES CARDというクレジットカードを発行しています。

ジャックスカード発行でポイント還元率は1%の実質年会費無料(初年度無料&年1度利用があれば翌年も無料)です。

カード利用で貯まるポイント派「松井証券ポイント」となっており、貯めたポイントはAmazonギフト券などとも交換できますが、松井証券で投資信託の買い付けにも使えるようになっています。

自動投資の設定もでき、松井証券ポイントでポイント投資が可能となります。

 

MATSUI SECURITIES CARD

松井証券がジャックスカードと連携して発行しているクレジットカードとなります。

  • 年会費:無料※
  • 国際ブランド:mastercard
  • ポイント還元:100円につき1ポイント(1%)
  • 国内旅行傷害保険(最高1000万円)が付帯

となっています。悪くないですね。年会費は無料ですが、2年目以降は年に1度もカード利用がない場合は1250円+税の年会費がかかります。

 

松井証券ポイントで投資できる投資信託

  • ひふみプラス
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

この3つですね。ひふみプラスは、ひふみ投信のネット証券版(非直販モデル)ですね。レオスキャピタルの人気ファンドです。

money-lifehack.com

eMAXISスリムは低コストインデックスファンドです。先進国株式とバランスファンドの2つがあります。

チョイスされている投資信託は比較的良いファンドだと思います。中長期投資でもおすすめできます。

 

ポイント投資としての利用価値はどう?

あくまでも貯めた松井証券ポイントで投資信託を買うスタイルになりますので、dポイント投資のように必勝法があるわけではありません。

一方で、MATSUI SECURITIES CARDを作ってカードでお買い物をすれば自動的に1%分が自動投資されるという仕組み自体は結構面白いと思います。

ただ、ちょっと面倒なのは「松井証券」の口座開設も一緒にする必要があるってところですね。

www.stock-securities.com

証券口座の開設はマイナンバー(個人番号)が必要になるのでマインバナーカード(または通知カード)が必要になります。

松井証券口座開設後にMATSUI SECURITIES CARDの申込という形になりますのでちょっと時間もかかります。デメリットはそんなかんじでしょうか。

ポイントの失効」がニュースになっていますが、クレジットカードはあまり使わないという人はポイントが自動的に投資されて失効するリスクがないMATSUI SECURITIES CARDは面白いかもしれません。

  • 松井証券口座開設で200松井証券ポイント&取引に応じて最大5万ポイント
  • MATSUI SECURITIES CARD入会で1000松井証券ポイント
  • 入会後のお買い物金額に応じてキャッシュバック

というキャンペーンもやっています。

>>MATSUI SECURITIES CARD公式ホームページ

 

なお、同じクレジットカードのポイントを使った投資スキームとして「楽天カード楽天証券」を使った方法もあります。こちらの場合はさらに進んでおり、クレカ(楽天カード)で投資信託を直接買うことまでできます(さらにポイント付与)。

dp-invest.hateblo.jp

こんな風に今後も色々なポイント投資の形が出てくるんでしょうね。