ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

今、オススメの案件

Kindle100%ポイント還元本のリスト
キャンペーンやキャッシュレスでポイント錬金術

【終了】ハピタスポイントをリアルエステートコインへの交換で増量!増量ポイントでRimple投資できる

f:id:showchan82:20200917095401p:plain

増量キャンペーンは終了しました。2020年10月21日~は1P=1円の等価交換となっております。ご注意ください。

ポイントサイトの「ハピタス」のポイントを、プロパティエージェントが運営する不動産ソーシャルレンディング(クラウドファンディング)の「Rimple」で利用可能なリエルエステートコインに交換するとポイントが50%増量されるキャンペーンが実施されています。

9月20日までは100%増量でしたが、9月21日~10月20日までは50%増量でポイント交換で殖やせます。

1000ポイント(円)単位で交換でき、交換後のポイント(リアルエステートコイン)は1.5倍の1500コイン(円)相当として交換されます。

ポイント交換だけで1.5倍になる爆益案件です。ただし、そのまま出金はできず一度は投資をしなければならないので不動産ソーシャルレンディングの運用リスクはあります。

>>Rimpleへの会員登録はこちら

>>ハピタスの会員登録はこちらから

キャンペーン期間:2020年10月20日まで

 

ポイント価値は増量になるけどそのまま出金はできない

交換された「リアルエステートコイン」はプロパティエージェント社の運営する不動産クラウドファンディングサイトの「Rimple」で利用できます。

運営元のプロパティエージェントは東証一部上場の不動産開発販売を行っている企業です。

投資型クラウドファンディングで一定期間、お金を投資先に貸し付けるようなサービスとなります。一定期間後に投資先から現金+利息を受け取ることができますが、投資先の経営状況などによって一部(または全部)が返金されないリスクがあります。

f:id:showchan82:20200912095050p:plain

Rimpleの投資案件の一例

投資案件例はこんな感じです。

上記の例であれば半年間の投資期間が必要で、半年後に元金と利息(分配金)が返金されるというサービス。この時に現金になって戻ってきます。

投資単位は1口1万円と小額から可能です。 

 

個人投資分は70%の優先出資扱い

特徴的なのは投資分のうち30%がプロパティエージェント社の劣後出資となります。劣後出資というのは返還を受ける際の権利が後になっているというものです。

なので、ファンドからの配分としては優先出資をしている個人投資家に先に払い、残った分が劣後出資しているプロパティエージェント社に戻るというものです。

元本の3割以上を棄損した場合には個人投資家も損失をこうむりますが、それ未満の場合は出資額はしっかり戻ってくることになります。

 

Rimpleへの会員登録とハピタスからのポイント交換

Rimpleへの会員登録は「こちら」からできます。20歳以上であることが条件です。口座開設に費用は全く掛かりませんし年会費もありません。

本人確認書類が2点(または本人確認書類1点+補完書類1点)が必要になります。免許証と健康保険証というように2つの書類が必要です。ちょっと面倒ですが、WEB上で撮影・アップロードできるので書類があればOK。

私は申し込みから3日で口座手続きが完了しました。意外と早いです。

ポイント交換の手続き

会員登録完了後にRimpleのサイト上で手続きをすると24時間有効なコード(トークン)が発番されるので、それをハピタスのサイト上のポイント交換ページで入力します。

f:id:showchan82:20201019083049p:plain

トークンの発行方法

最初は私も分かりませんでしたが、Rimpleのマイページ上で上記の画像の通りにやると発行できます。

交換自体はスムーズで、ハピタス側でのポイント交換から数分でRimpleのサイトでポイント(コイン)が反映されていたので早いです。

 

投資は必須になるけど、十分有効

ハピタスの場合、月間に3万ポイントまで移行できますので、3万ポイントを交換すれば4.5万円分のリアルエステートコインになるわけですね。

ただし、リアルエステートコインはそのままだと換金できず、実際に運用(投資)をしてその運用が終了しないと現金化できません。

案件を見ると半年程度の運用となっているようなので、それが終了するまでは何もできない感じなりますね……。

運用後は所定の運用利益も得られるので悪くはありません。

リスクは大きく2つあります。

一つ目は投資自体できないリスクです。
Rimpleの投資案件は人気が高いようで、申込をしても100%運用できるわけではありません。今のところ、月1回くらいのペースで投資案件が発表されますが抽選に漏れた場合は現金化が遅れます。

二つ目は投資夜損失リスクです。
投資の結果によっては運用益が得られないだけでなく、元本が戻ってこないリスクもあるわけです。前述のように3割分はプロパティエージェント社が劣後出資によるリスクを負ってくれていますが、それ以上の損失が出た場合は投資家負担となります。
こちらのリスクを減らすためには案件を分けていくというのは有効になりそうです。

 

増量キャンペーンは、Rimpe側が広告費として割り切った上での対応なのだと思います。折角ですから美味しくいただきたいものです。

ポイ活で貯めるべきポイントの種類と選び方。ポイントは交換ルートと出口で選ぼう」の記事でもポイント交換はうまく増量を活用すべきと書いたように、こうしたキャンペーンを上手く活用したものです。

ただ、何度も書きますが、交換したコインは一度は投資する必要があるのでリスクゼロ案件ではない点はご理解ください。

 

Rimple's Selection #7に応募してみた

9月中に交換したリアルエステートコインが5万円分あり、ちょうどいいタイミング「Rimple's Selection #7 」という投資案件がでたので全額応募してみました。

形式は抽選でしたが、全額当選しておりました。

満額償還されたら元は25000円分のポイントなので年利回り200%超になります。

f:id:showchan82:20201019083955p:plain

Rimple's Selection #7

結果が出るのは半年後ですね~。ちゃんと戻ってきますように

>>Rimpleへの会員登録はこちら

>>ハピタスの会員登録はこちらから