dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

Amazonでのd払い決済のやり方、設定方法、注意点を紹介

Amazonはドコモとかなり親密な関係になっており、Amazonでのお買い物をする時にドコモのスマホ決済サービスの「d払い」を利用することでポイント還元キャンペーンを定期的に実施しております。

毎月、初めてのd払いでポイントアップキャンペーンをするだけでなく、2019年12月からはドコモのギガホ・ギガライト契約者はAmaoznでのd払いいつでも+5%還元が始まっています(詳細は「こちら」)。

ぜひともうまく活用したいキャンペーンです。

今回はそんなAmazonでのd払いを利用する上での設定方法や決済のやり方を紹介したいと思います。

Amazonでd払いが可能に、決済でポイントも貯まるし、ポイントも使える

2018年12月1日からAmazonでd払いが利用可能になりました。100円利用につき1ポイントが貯まります(※ドコモユーザー限定)。

Amazonでのd払いは他のd払い可能な通販サイトと違う点があります。それは「クレジットカード払い」が利用できなという事です。

  • 電話料金合算払い
  • dポイント払い(期間・用途限定dポイントも利用可能)

電話料金合算払いとなりますので、実質的にドコモユーザーでないとAmazonでのd払いは利用できません。

また、貯めているdポイントを使っての決済もできますが、ポイント利用で決裁した場合、ポイント決済分は付与対象外となりますので、ご注意ください。

 

Amazonでのd払いの登録方法

まずは、Amazonのアカウントにd払いを紐づけする必要があります。

まずは「Amazonアカウントページ」から、以下の手順で設定をします。

  1. アカウントサービス
  2. お支払方法の管理
  3. お支払方法の追加
  4. 携帯決済
  5. docomoを選択
  6. dアカウントを入力(ドコモのサイトに遷移)
  7. SPモードパスワード入力
  8. 完了

この流れでAmazonのアカウントにd払いを登録することができます。なお、docomoを選択する際に「個人用」「仕事用」「家族用」「子供用(息子)」「子供用(娘)」「その他の家族用」「その他」といった登録ができますが、どれを選択しても構いません。

このことからもわかりますが、一つのAmazonアカウントに「複数のd払い」を登録することもできます

複数回線をお持ちの方はそれぞれでd払いを登録可能です。

 

Amazonでのd払いの利用方法

続いて決済です。こちらは簡単で、普通にAmazonで買いたいモノを買い物かごに入れて、決済をするときに、「docomo」を選択するだけです。

「支払方法」の項目から変更することができます。

 

Amazonのd払いでdポイント決済をする方法

Amazonのd払いでdポイントを使ったお買い物が可能です。ただし、Amazon上で直接指定をすることはできず、ドコモ側(d払い側)でポイント充当の設定をしておく必要があります。

こちら」からログインしていただき、dポイント払い(あるいはドコモ口座払い)をする設定にしてやる必要があります。

d払いのポイント充当方法

d払いのポイント充当方法

 

上の画面でdポイントをすべて利用する/しないという設定ができます。

なお、最初にも書きましたが、d払いでポイント充当するとポイント還元の対象になりませんのでご注意ください。

dポイントの消化についてはAmazonではなく、別の方法で考えましょう。

dp-invest.hateblo.jp

dポイントの消化方法としては上記の記事でもお得な利用方法を紹介しています。Amazonで使うよりも別の方法の方がお得です。

 

Amazonでのd払い決済と決済日の注意点

さて、Amazonでd払いを利用するという方の多くは、d払いのキャンペーンを活用する予定で利用する方が大半かと思います。そんな時に注意したいのが以下の点です。

d払いの決済日=Amazonの商品発送日

これです。

特にキャンペーンの利用日時に指定があるというような場合は要注意となります。決済日=お買い物をした日ではないのです。

Amazonは比較的迅速な商品発送をやりますが、商品によっては数日、あるいは1週間ほど発送まで時間がかかってしまうような商品もあります。

そうした場合、決済日がずれ込んでしまうわけです。

ポイント還元キャンペーンのセール日に期限がある場合は注意したいところです。

このブログについてのお問い合わせはこちらをご覧ください。