dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

<最新版>dポイント スーパー還元プログラムを攻略。d払いとiDで最大7%dポイント還元

f:id:showchan82:20190415172521p:plain

NTTドコモは、ドコモのスマホ決済サービスの「d払い」と電子マネーの「iD(アイディー)」において、お買い物金額の最大7%をdポイント還元(期間・用途限定)する常設プログラムを開始します。

通常のd払い、iD払いで受け取れるポイントとは別に最大7%のキャンペーンです。うまく利用すればお得に活用できそうです。

この「dポイントスーパー還元プログラム」は、他のd払い関連のキャンペーンと併用ができるのがほとんどなので、街のお店でのショッピングに強い力を発揮します。

2020年5月10日から制度内容がリニューアルされています。

>>公式キャンペーンページはこちらです

 

dポイント スーパー還元プログラムとは?

街のお店での「d払い」と「iD(アイディー)」のお買い物のポイント還元が上乗せされるキャンペーンとなります。

内容的には、楽天ポイントが楽天市場でやっているSPU(スーパーポイントアッププログラム)をリアル決済に持ち出してきたような感じですね。

ドコモ(ドコモ経済圏)に依存すれば依存するほど、ポイント還元で得ができるようなサービスです。

ポイントアップの対象となる項目は以下の通りで、条件を満たすほどポイント還元率がアップしていきます。

f:id:showchan82:20200511140910p:plain

dポイントスーパー還元プログラムの還元率UP条件(2020年5月10日以降)
  1. dポイントクラブのステージ:プラチナ以上で+1%
  2. dカードGOLDでドコモの携帯、光インターネットの代金支払い:+1%
  3. dポイントを貯めた回数:50回以上で+0.5%、100回以上で+1.0%
  4. ネットでのお買い物(d払い、ドコモ払い、spモードコンテンツ決済、dマーケット):2万円以上で+1%、5万円以上で+2%
  5. dカード請求額:10万円以上で+1%、20万円以上で+2%

こんな感じで、合計で+7%となります。

通常のポイント還元に上乗せされる、また他のキャンペーンとも併用可能

dポイントスーパー還元プログラムは「プラス7%(最大)」なので、通常のd払い(iD)のポイント還元に上乗せされる形となります。たとえば、ネットのお店(d払い)の場合1%のポイント還元がありますので、dポイントスーパー還元プログラムを利用すれば最大で8%還元となるわけです。

たとえばローソンでiD決済をしたとすると以下のような還元となります。

  • dポイントカード提示基本ポイント:1%
  • iD決済還元:1%
  • iD決済で請求時3%オフ:3%(ローソン限定特典)
  • スーパー還元プログラム:最大7%
  • 合計:最大12%還元

といった形になります。

特に、d払いは様々なキャンペーンを行うことが多いので、d払いの利用がおすすめです。

 

還元プログラムの対象となる決済手段の違いと利用方法

dポイントスーパー還元プログラムの対象となるのは、dカード(クレジットカード)に紐づけされている「iD(アイディー)」と「d払い(街のお店での決済に限る)」となっています。

  • iD(電子マネー)決済
  • d払い

iD(電子マネー)決済

iD(電子マネー)はなんでもよいわけではなく、「dカード、dカード GOLD」に紐づけされたiDである必要があります。dカードでiD払いをするほか、dカードをApple Payに登録してApple Pay(iD)で支払うのもOKです。

なお、店頭(街のお店)での支払いに限ります。iDのネット決済は対象外となります。

d払い(街のお店限定)

d払いはアプリ決済、ネット決済の両方で利用できますが、スーパー還元プログラムの対象になるのは街のお店での決済だけです。ネット通販は対象外です。

ただし、d払いの決済手段がクレジットカード払いの場合「dカード(またはdカード GOLD)」である必要があります。かつては「dカードプリペイド」もOKでしたが現在はプリペイドは対象外です。ご注意ください。

dカードはドコモユーザーなら必携といっていいクレジットカードなので、ぜひ作っておきましょう。

>>dカード一般カード公式ホームページ

>>dカード GOLD公式ホームページ

 

スーパー還元プログラムの条件と還元率UPの攻略法

おそらく今後もドコモが力を入れたいサービス系の利用者を増やすために活用していくと思います。今後もいろいろ増えていくんじゃないかと思っています。

条件別にみていきましょう。

dポイントクラブのステージ:プラチナ以上で+1%

これはドコモを使い続けるしかないですね。プラチナは15年以上のドコモ契約があれば、達成できます。

過去6か月間に1万dポイントの獲得でもOKですが、キャンペーン等のポイントは対象外なので、dカード(クレジットカード)でよほどの金額を決済しないと達成は難しいでしょう。ドコモの長期ユーザー向けの特典ですね。

dカードでドコモの携帯、光インターネット(ドコモ光)の代金支払い:+1%

ドコモやドコモ光の料金をdカード払いにすれば+1%となります。

少しややこしいのですが、dカードGOLD(dカード)を保有していても携帯料金の支払いはdカードにしていないユーザーも少なくありません。

理由は下記の記事に詳しく書かれていますが、dカードでドコモ料金を支払ってもクレジットカードのポイントが付与されないからです。dカードGOLDの10%ポイント還元はあくまでも「保有特典」であって決済に対するポイント還元ではないのです。

参考記事:ドコモの携帯電話料金をdカード(dカードGOLD)で支払ってはいけない理由

なので、dカードGOLDは持つけど、ドコモ料金はdカード以外のポイント還元率が高いクレカで支払うほうがお得なんですね。

この「dカードでドコモの携帯、光インターネット(ドコモ光)の代金支払いをすれば+1%」というものはその穴埋め的な感じになります。

ちなみに、ドコモは本件以外でもdカードで携帯料金を支払う事で得になる施策として「dカードお支払割」もやっています。

ギガホ・ギガライトユーザー限定。ドコモ料金をdカードで支払う事で月額170円分料金が割引されます。

ギガホ・ギガライトとして契約しているのであれば、ドコモ料金はdカードで支払いをするほうがお得になるかと思います。

dカードを持っていない方はこの機会に作っておきましょう。

>>dカード公式ホームページ

>>dカードGOLD公式ホームページはこちら

dポイントを貯めた回数:50回以上で+0.5%、100回以上で+1.0%

dポイントを貯める回数に応じてポイント還元がUPします。50回以上、100回以上とハードルはかなり高め。

攻略法としてはAmazon×Kindleを活用するのがおすすめです。「AmazonのKindle100%ポイント還元本リストと商品をd払いで購入して得する方法」では、Amazonポイントが100%還元されるKindle本を紹介しています(毎日更新中)。

全額ポイントバックなので損はしません。むしろ、Amazonポイントが100%還元されるだけでなく、d払いによるdポイントが還元されるので逆に儲かります。1冊購入=ポイント付与になるので、Kindle本を100冊買えば、+1%もらえます。

ネットでのお買い物(d払い、ドコモ払い、spモードコンテンツ決済、dマーケット):2万円以上で+1%、5万円以上で+2%

このハードルも実は上記のAmazonでカバーできます。

1冊500円のAmazon本を100冊購入すれば、5万円決済となります。Amazonはd払いで購入できますので、これだけで達成できます。

dカード請求額:10万円以上で+1%、20万円以上で+2%

最後はdカードの請求額です。ハードルは高め。

前述のAmazonを利用したお買い物(d払い)はドコモの携帯料金合算でしか決済できません。なのでドコモのケータイ料金を「dカード払い」にしておけば、その分は決済額に上乗せできます。

ただ、それだけでは足りないので+αを考えないとダメですね。

 

5月10日以降、うまくやれば+7%は目指しやすくなったが、内容的には微妙に

5月10日の変更前は月額サービスの利用が還元率アップの中心でした。

それが変更後は主に「決済回数・金額」を中心にポイント還元率が決まるようになりました。Amazonでの方法を紹介したように上手くやれば比較的簡単に還元率アップが可能です。

一方で大きく改悪となったのがポイント還元の上限です。

15000円までのお買い物が還元上限となりますので、まとまった金額(決済額)でお買い物をしている人には正直言って恩恵が低いです。

なので、ポイント還元率UPのために無理をして決済するほどではないと思います。

あくまでも自然に利用するかちょっとだけ工夫した結果の範囲で活用するくらいがちょうどよいと思います。