dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

<2020年版>dポイント スーパー還元プログラムを攻略。d払いとiDで最大7%dポイント還元

f:id:showchan82:20190415172521p:plain

NTTドコモは、ドコモのスマホ決済サービスの「d払い」と電子マネーの「iD(アイディー)」において、お買い物金額の最大7%をdポイント還元(期間・用途限定)する常設プログラムを開始します。

通常のd払い、iD払いで受け取れるポイントとは別に最大7%のキャンペーンです。うまく利用すればお得に活用できそうです。

>>公式キャンペーンページはこちらです

 

スーパー還元プログラムとは?

「d払い」と「iD(アイディー)」のお買い物のポイント還元が上乗せされるキャンペーンとなります。

内容的には、楽天ポイントが楽天市場でやっているSPU(スーパーポイントアッププログラム)をリアル決済に持ち出してきたような感じですね。

ドコモ(ドコモ経済圏)に依存すれば依存するほど、ポイント還元で得ができるようなサービスです。

ポイントアップの対象となる項目は以下の通りです。

スーパー還元プログラムのポイント倍率上昇の内訳

スーパー還元プログラムのポイント倍率上昇の内訳
  • dポイントクラブのステージ:プラチナ以上で+1%
  • dカードでドコモの携帯、光インターネットの代金支払い:+1%
  • dマーケットの利用:+2%
  • いちおしパックの契約:+1%
  • DAZN for docomoの契約:+1%
  • Disney DELUXEの契約:+1%

これで合計7%となります。

これらの特典が通常の支払いによるポイントとは「別に」付与されます。

なので、たとえばローソンでiD決済をした場合

  • dポイント分:1%
  • iD決済還元:1%
  • iD決済で請求時3%オフ:3%
  • スーパー還元プログラム:最大7%
  • 合計:最大12%還元

といった形になります。

dカードなどに付帯している「iD(アイディー)」または「d払い(街のお店)」が対象となります。

 

還元プログラムの対象となる決済手段

  • iD(電子マネー)決済
  • d払い

この二つです。

iD(電子マネー)決済

iD(電子マネー)はなんでもよいわけではなく、「dカード、dカード GOLD、dカードプリペイド」に紐づけされたiDである必要があります。dカードでiD払いをするほか、dカードをApple Payに登録してApple Pay(iD)で支払うのもOKです。

d払い(街のお店限定)

d払いはアプリ決済、ネット決済の両方で利用できますが、スーパー還元プログラムの対象になるのは街のお店での決済だけです。

ただし、2019年11月10日以降はd払いの決済方法はクレジットカード払いの場合「dカード(またはdカード GOLD)」または「dカードプリペイド」である必要があります。

ただ、dカードはドコモユーザーなら必携といっていいクレジットカードなので、ぜひ作っておきましょう。

>>dカード一般カード公式ホームページ

>>dカード GOLD公式ホームページ

 

スーパー還元プログラムの条件と攻略法

おそらく今後もドコモが力を入れたいサービス系の利用者を増やすために活用していくと思います。今後もいろいろ増えていくんじゃないかと思っています。

条件別にみていきましょう。

 

dポイントクラブのステージ:プラチナ以上で+1%

これはドコモを使い続けるしかないですね。プラチナは15年以上のドコモ契約があれば、達成できます。

過去6か月間に1万dポイントの獲得でもOKですが、キャンペーン等のポイントは対象外なので、dカード(クレジットカード)でよほどの金額を決済しないと達成は難しいでしょう。

 

dカードでドコモの携帯、光インターネットの代金支払い:+1%

ドコモやドコモ光の料金をdカード払いにすれば+1%となります。

ドコモユーザーはdカードGOLDにすることでdポイントが10%還元となりますが、これはカード保有だけでOKでカード決済は条件になっていません。

むしろdカードでドコモ料金を払ってもdカードとしてのポイント還元はされないという設計になっているので、ドコモ料金はdカード以外で決裁する方が多いのが現状です。

money-lifehack.com

その対策をスーパー還元プログラムでやる感じでしょうか。決済金額との兼ね合い次第になりそうですが、ドコモ料金をdカード払いにするというのも一つの手ですね。

ちなみに、一般的なクレジットカードのポイント還元率を1%とするのであれば、iD決済、d払いで月間にドコモの利用料金よりもお買い物するなら電話料金をdカード払いにするのがお得です。

 

dマーケットの利用:+2%

前月中(都度課金の場合)または前月末(月額課金の場合)に対象サービスを利用していれば+2%になります。還元率が大きいのでぜひ達成したいところですね。

対象サービス:dショッピング、dゲーム、dデリバリー、dブック、d fashion、dトラベル、dミュージック、dジョブ、dカーシェア、dTV、dTVチャンネル、dマガジン、dヒッツ、dフォト、dアニメストア、dグルメ、dヘルスケア、dキッズ、dエンジョイパス、ひかりTV for docomo

dショッピングやdデリバリ―の都度利用でも前月に一回以上使っていればOKなので達成しやすいと思います。

 

いちおしパックの契約:+1%

ドコモのいろいろなサービスがパックになったサービスです。月額500円の有料サービスです。

「初回限定プレゼントクーポン」「毎日抽選プレゼント」「必ずもらえる毎日おトクな割引クーポン」や、スマホ紛失・故障時にdポイントがもらえる「あんしんパックサポート特典」などたくさんの特典があるだけではなく、有料アプリ・コンテンツが使い放題のスゴ得コンテンツ(月額380円)、役立つ情報が配信されるmy daiz(月額100円)、クラウド容量オプション プラス50GB(月額400円)が合計880円のところを、380円割引の月額500円でおトクにご利用になれます。

スーパー還元プログラムで+1%を考えると月間で50,000円以上の決済があるなら会費を含めても利用したほうが得ってことになりますね。

 

DAZN for docomoの契約:+1%

月額980円のスポーツ動画サービスです。

月額980円で国内外130以上、年間10,000試合以上のスポーツ映像が見放題。 サッカー(明治安田生命Jリーグなど)、野球(プロ野球、MLBなど)、バスケットボール(Bリーグ)、バレーボール(Vリーグなど)、モータースポーツ(F1など)を含む多彩なスポーツ映像をさまざまなデバイスでお楽しみになれます。

興味がある人は検討してもいいかもです。スーパー還元プログラムだけで得をしようと思ったら月間98,000円以上の決済が必要です。

 

Disney DELUXEの契約:+1%

月額700円のディズニー系の動画やコンテンツ配信サービスとなっています。

ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの動画やデジタルコンテンツが楽しめるサービスです。映画やディズニーチャンネルなどがセットになっています。

ディズニーは今後、デジタルコンテンツ配信に力を入れていくと発表しているので、ディズニー好きな方にはいいかもしれません。

スーパー還元プログラムで元を取るには月間70,000円以上の決済が必要になります。

 

無理して月額サービスを使う必要はないが、上手に活用したい

月額課金系のサービスをポイントアップのために、あえて利用するにはちょっとハードルが高いですね。

ステージ特典やdマーケットの利用によるプラス部分はともかくとして、今回の「dポイント スーパー還元プログラム」の対象サービスの中には月額500円~980円ほどの定額課金サービスが候補に対象サービスに挙がっています。

これらの月額サービスを、スーパー還元プログラム優待を目的に加入するというのは、なかなかペイできないのではないかと思います。

もっとも、有料サービス自体に魅力を感じて加入するというのであれば、また別の話ですけどね。

また、決済額が5万円、10万円と高額になるなら、ポイントのためにやってみるのもいいかもしれません(そんな人、めったにいないと思いますが)。

 

 

d払いはキャンペーンと併用で大量ポイント獲得

一方で、d払いは「いつでもどこでもd払い」などのキャンペーンを多く行っており、このdポイントスーパー還元プログラムと併用可能となっています。

キャッシュレス決済(d払い)をフル活用する方であれば、このdポイントスーパー還元プログラムは強い味方となります。

たとえば、「○○のお店でd払いすると10%還元」のキャンペーン時、dポイントスーパー還元プログラムの最大+7%も併用できます。合計で17%還元にまでパワーアップします。

超お得。

 

iDはdポイント大量保有者との相性がいい

もう一つのiD決済についてはdポイント(通常ポイント)をたくさん貯めている方と相性抜群です。

dカード(クレジットカード)ユーザーは保有しているdポイントを「iDキャッシュバック」と交換することができます。ここで交換したiDキャッシュバックは、iD決済をすると充当されます。

重要な点は、iDキャッシュバックでお買い物をすると「買い物に対するポイントが貯まる」という点です。

通常、dポイントはポイント利用してもポイントが貯まらないので、iDキャッシュバック経由にすると、dカード(クレカ)の基本ポイント+dポイントスーパーポイント還元分が付与されます。

dポイントの使い道としてはメチャクチャお得です。

詳しくは「iDキャッシュバック」のページもご覧ください。

 

 

このブログについてのお問い合わせはこちらをご覧ください。