ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

【終了】メルカリShopsの利用で最大50%還元キャンペーン開始。Airタグやゲームも買える

著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20211007182306p:plain

メルカリアプリから利用できるようになったメルカリShops。
メルカリShopsは個人対個人の取引ではなく、個人対お店(小規模店舗)をイメージしてアプリ上で取引できるサービスです。クリエイターの方のハンドメイド商品や農家の方が作った農作物などが想定されているようです。

そんなメルカリSHOPで最大50%ポイント還元になるキャンペーンが始まっています。買い回りが必要ですが、還元が大きくお得度があります。良い商品があればいい感じで使えそうです。

メルカリShopsの利用で最大50%還元キャンペーン

キャンペーンページは「こちら」です。

キャンペーン期間:2021年10月7日10時~20日23時59分まで

メルカリSHOP(通常のメルカリではありません、ショップタブで検索した結果の商品が対象です)で商品を購入して評価をすると最大50%還元のポイント還元が行われます。

利用するにはメルカリへの登録が必要です。まだ、メルカリのアカウントを持っていない方は登録時に招待コードを入力いただくと500Pがお互いもらえます。よろしければ、私の招待コードをご利用くださいませ。

招待コード:KASQKZ

KASQKZ」をコピーする

メルカリアプリはAppStoreやGooglePlayからダウンロードできます。

メルカリShops%還元の還元率計算

なお、還元率は購入後に評価をした順番で判断されます。

  • 1店舗目:20%還元
  • 2店舗目:30%還元
  • 3店舗目:40%還元
  • 4店舗目:50%還元

こうなります。ステップアップするのではなく、1店舗目で買ったものは20%ポイント還元で、2店舗目は30%というように商品によって還元率が変わります。ただし、それぞれの上限は1000Pになります。なので購入できる上限額はそれぞれ以下のようになります。

  • 1店舗目:20%還元(5000円)
  • 2店舗目:30%還元(3334円)
  • 3店舗目:40%還元(2500円)
  • 4店舗目:50%還元(1000円)

ちなみに、1店舗目、2店舗目という順番は「評価を行った順番」でカウントされるようなので、コントロールは容易そうです。ただし、最後に書きますが組み合わせを考えるはちょっとひと手間です。

メルカリShopsにはどんな商品があるの?

メチャクチャです(笑)
最初に書いたように個人クリエイター系の商品が多いのかなと思いきや、普通に個人のメルカリと変わらないような商品が並んでいます。

AirTagのようなApple製品もありますし、ゲームソフトなんかもあります。この辺りは個人が買ったものをそのまま転売しているようなイメージだと思います。 これでいいの?と思うところもありますが、メルカリ側がOKならそれでいいんでしょう。私たち消費者としてはそれらを20%~50%還元で購入できるわけですから無問題です。

美味しく頂きましょう。

 

購入順番をコントロールして最適化する方法と組み合わせ

前述のように還元額は5000円、3334円、2500円、1000円という還元上限がありますので、それに合わせて商品を選ぶようにすればいいと思います。

とはいえ、そんな簡単にはいかないと思います。不用品買ってもしょうがないですから金額はバラバラになるかと思います。

たとえば、3000円、6000円、800円、2000円という商品を買ったとしましょう。このとき、適当に評価するのではなく、順番をコントロールしましょう。

  • 3000円(600P還元)
  • 6000円(1000P還元)
  • 800円(320P還元)
  • 2000円(1000P還元)
  • 合計:2920P還元

これを以下のようにします。

  • 6000円(1000P還元)
  • 800円(240P還元)
  • 3000円(1000P還元)
  • 2000円(1000P還元)
  • 合計:3240P還元

とすればもらえるポイントが増えますね。とはいえ、高い順に並べていけば必ず最適というわけではなかったりします。なぜなら、可能な限り1000P上限という還元を取っていきたいからです。上記例では800円を2件目の30%還元で捨て石にすることで3件目、4件目の還元を高めているわけです。

ちなみに、この組み合わせでの最低額は2520P還元になります。最低額と最高額の組み合わせのポイント還元の差は720P(円)相当ですから馬鹿にはできませんね(;´・ω・)

ちなみに、組み合わせの件数は最大で24件です。このくらいならエクセルを併用すれば手作業でもやれないことはなという感じですかね。

(追記)
買い物の組み合わせによる順番の計算をあつめる人@再生中様(@atumeruhito)が作ってくださいました。「こちら」の記事でスプレッドシートを公開されています。