ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

無題ドキュメント

ポイント投資の攻略ブログ

ヘルスケア情報銀行 FitStatsのキャンペーン情報やお得な登録方法、活用術

著者:しょうこちゃん

ヘルスケア領域の情報銀行サービスとしてFitStats(フィットスタッツ)というサービスがスタートしています。

こちらはヘルスケアアプリを運用しているFiNCと大日本印刷の協業によって開発されたサービスで、生活者(ユーザー)のヘルスケアデータを数値化(スコア化)することができます。この情報を企業に提供することによってさまざまなオファーや特典を受けたりすることができるというサービスになります。

情報銀行サービスとしては「Dprime(三菱UFJ信託)」がすでにサービスを開始ししておりますが、FitStatsはそれをより健康・ヘルスケア分野に特化したサービスだと言えそうです。

FitStatsとはどんなサービスなのか?

大日本印刷(DNP)が提供している情報銀行サービスです。
情報銀行は我々ユーザーが任意で自分自身のデータを情報銀行に渡し、許諾をした企業などに対してその情報を提供。その対価として企業等からの便益を受けるという仕組みのサービスです

FitStatsはその中でもヘルスケア領域に特化したサービスとなっており、FiNCというヘルスケア管理アプリを利用しての歩数など連携して健康状態を共有。さらに、「食事」「運動」「睡眠」「カラダ」「メンタル」の5つの要素についてのアンケート結果などから「ライフスタッツ」としてスコアリングを行います。このスコアが高いほどより健康的という意味ですかね。

また、スコアとは別にFitStatsポイントも用意されており、このポイントはポイント交換によってAmazonギフト券などのギフトとも交換をすることができるようになります。

FitStatsのはじめ方

少しだけ独特な始め方になります。

  1. FiNCというアプリをスマートフォンにダウンロードする
  2. 会員登録をする
  3. FiNCアプリ内にある「FitStats」のバナーをタップ
  4. 再度登録をする
  5. FitStatsを利用開始

なぜこんな作りなのかについては、FiNCというヘルスケアアプリで取得した情報をFitStatsというで扱うため、FiNCアプリ内でサービスを展開する形になっているのだと思います。

なので、登録までの流れがちょっとややこしいですね……

登録はポイントサイト経由がお得

登録はポイントサイト経由がお得です。ポイントサイトではPowl経由が最高還元です。会員登録がまだの方は「Powl会員登録」からの登録がお得です。紹介コードを入れていただける場合は「PAI7OZZLNIC」を入力してください。

ちなみに、ポイント還元は以下の条件を満たす必要があります。

  1. FiNCのアプリを入れるの初めて
  2. 全企業へのデータ提供同意(公開先をすべて)にする
  3. (2)を途中で解除しない

ちなみに、後述する「セルフチェック」で個人についてのアンケートに回答できますが、その情報の開示については任意となっております。

プログラムに参加してFitStatsポイントを貯める

FitStatsでは、アプリDL後に利用できるFitStatsポイントが貯まります。
また、アプリ内の「プログラム」の中には達成でAmazonギフト券などがもらえるようなキャンペーンもやっています。

アプリ>プログラム

内容によっては簡単なものもあるので時々確認しましょう。

健康に関するオファーでポイント獲得(実質ポチポチ)

アプリ>オファー

上記からはFitStatsポイントが貯まる案件に応じることができます。とはいえ、現状だと記事をクリックするだけでポイントが貯まります。

セルフチェック(アンケート)に回答してFitStatsポイント獲得

アプリ>セルフチェック

上記から質問に回答することでポイントを獲得できます。また、回答内容に応じてライフスタッツ(健康スコア)がアップします。

ちなみに、結構な個人情報を入力させられるものもあります。また、こちらで入力した情報については「開示/非開示」を選択できます。後悔したくない情報(特に氏名や住所など)は非公開にしておきましょう。

楽天証券×FiNCのキャンペーン

楽天証券とFiNCの共同キャンペーンとして期間限定(~2023/04/30)までのミッションが実施中です。

少し面倒でミッションの参加は「楽天証券」から行います。
楽天証券へのログインが必要なページにありますので、ログイン後にキャンペーンのバナーならびにリンク(PC版はQRコード)がありますのでそちらから参加してください。全部達成すると60FiNCポイントと100楽天ポイントがもらえます。

ちなみにFiNCポイントは正直いってまったく使えないポイントなので100楽天ポイントの方がいいですね。FitStatsポイントだったら良かったのに……

FitStatsポイントは「エルネ」のポイントと交換可能

獲得したFitStatsポイントについては「マイデータ」からポイントを使って交換をすることができます。交換先はエルネ(大日本印刷運営のポイント交換サイト)があります。Amazonギフト券、ドットマネーなどと交換することができます。

ちなみに、エルネのサイトで直接会員登録しようとすると「メンテナンス中」となります。FiNC(FitStats)のアプリのマイページの「交換する」から会員登録すると普通に登録できます

 

私もまだ利用し始めて半月くらいですが、もう少し使ってみて感想や評価を詳しく追記していきます。