ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

情報銀行のDprimeがサービス開始。シリアルコード入力と連携でAmazonギフト券がもらえる

f:id:showchan82:20210717100559p:plain

情報銀行という言葉を聞いたことがあるでしょうか?重要になっている「個人の情報」について、個人が同意した上で個人情報を提供し、その見返りとして対価を受け取るという仕組みです。

ビッグデータとして情報が活用されるようになって久しい一方で、行き過ぎたテクノロジーによる個人データの保護も声高に叫ばれるようになっています。

そうした中で、個人のデータ活用について契約に基づいてデータを第三者に提供する事業が「情報銀行」です。個人はその情報提供の対価を受け取る前提があります。

仕組み自体は2019年くらい(もっと前?)くらいから検討が行われてきた分野です。これが2021年7月1日にDprime(三菱UFJ信託銀行)としてサービスが始まっています。

※iOS限定のサービスです

 

情報銀行の仕組み

情報信託機能の認定に係る指針に仕組みが記載されていたので引用します。

f:id:showchan82:20210717052410p:plain

個人に関するデータを「情報銀行」に同意付きで提供することで、情報提供先(情報銀行)から便益を受けることができるというわけです。

個人の「情報」を預けることでその「対価」を受け取る仕組みが預金と金利の仕組みのようなものなので情報銀行と呼ばれるわけですね。

 

情報銀行サービス「Dprime」が誕生

少し前置きが長くなりましたが、三菱UFJ銀行が提供するDprimeは情報銀行サービスです。個人情報をあえて提供することで対価(クーポンなど)を受け取ることができます。

  • 行動履歴
  • 資産情報
  • About Me(質問)

を提供することで、企業からのオファーを受けることができます。
オファーを受けるとそれぞれの企業に対して(個人が特定されないような形で)情報が提供されるわけです。

 

 

情報提供の対価として受け取れるものは正直、微妙……

  • 近ツーのワーケーション体験(優待)
  • アシックスのランナーズフェイスカバー(抽選)、シューズ割引購入
  • 千疋屋の桃(500円OFF)

などがオファーに対する便益として登録されていました。いずれにしても決して商品をそのままくれるとか、あるいは現金プレゼントというようなものではなく、抽選ないしは割引クーポンというものが中心でした。

すごくお得というのもはあまりないような気がします。正直微妙です。

シリアルコード入力&利用でAmazonギフト券最大1000円プレゼントキャンペーン

キャンペーンに関する情報です。

Dprimeの新規登録時にシリアルコードの「Dpr2107R」を登録した上でデータの登録と初回オファーの応諾でそれぞれ500円分のAmazonギフト券がもらえます。先着3万名に全プレです。

f:id:showchan82:20210717155423p:plain

すでに登録済みの方もアプリの「シリアルコード」から入力できます。

ちなみにデータ登録はいずれか一つでOKです。プライバシーを守りたい!という人はAbout Meへの回答が一番手軽かと思います。

データ登録はすぐ可能ですが、初回オファーの受注は本人確認完了後となっているため、ちょっと時間がかかりそうです(数日とのこと)。

 

気持ち悪いと思う人もいるかも

これはそうだと思います。

個人が特定されないとは言え、Dprimeで収集する情報の行動履歴、資産情報などはそこそこセンシティブだと思います。この辺の情報を提供することに抵抗を覚える方は利用は控えたほうがいいかもしれません。

それに対してもらえる便益というものも正直言って微妙なところですし(;'∀')

私自身は個人情報について匿名化されている前提であればそれほどの価値はないと考えている人間なので、とりあえず人柱になってきます。