dポイント投資の攻略ブログ、後出しジャンケン投資

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。毎日の私のdポイント投資の投資判断の他、dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

dポイント投資のアクティブコースとバランスコースの違い

f:id:showchan82:20180713084320p:plain

dポイント投資は、アクティブコースとバランスコースという二つの運用コースがあります。今回はその二つのコースの違いと、それぞれの特徴をもう少しだけ掘り下げていきたいと思います。

どのような相場状況でどのように投資をするべきか?というところの判断材料になるかと思います。

二つのコースの違いと特徴

アクティブコースは積極的な運用コース、バランスコースは安定的な運用コースとなっています。それぞれの値動きを見ていただくとその違いが分かります。

 

アクティブコース

f:id:showchan82:20180713081827p:plain

 

 

f:id:showchan82:20180713081841p:plain

 

アクティブコースの方が上昇時の上がりが大きい反面、下落時の影響も大きいです。一方でバランスコースは値動きはアクティブとほぼ同じですが、上下がマイルドです。

これは当然といえば当然で、この二つのコースはまったく同じ投資信託に投資をしており、投資配分を変えているだけだからです。

dp-invest.hateblo.jp

上記記事でも紹介している、「 THEOグロース・AIファンド(世界の株式中心)」と「THEOインカム・AIファンド(世界の債券中心)」です。

  • アクティブ(株:債券)=80:20
  • バランス(株:債券)=45:55

 

dp-invest.hateblo.jp

dp-invest.hateblo.jp

 

dポイント投資に適しているのはアクティブコース

基本的に、このブログで紹介しているdポイント投資は値上がりしそうなときだけ買い、値下がりしそうなときは引き出すという投資方法です。

なので、原則的には値動きが大きい、アクティブコースを利用するほうが適しているといえるでしょう。

 

株安、円安の時はバランスコースが上回るケースも

一方で「原則的」と書いたのは例外もあるからです。

dp-invest.hateblo.jp

たとえば、この日はアクティブコースが0.3%のプラスだったのに、バランスコースは0.66%程のプラスとバランスコースの方が成績が良かったです。これは「株安+円安」という珍しい状況が重なったためです。

dポイント投資の価格を決める、「 THEOグロース・AIファンド(世界の株式中心)」と「THEOインカム・AIファンド(世界の債券中心)」はそれぞれ「外国株」「外国債券」への投資と考えて構いません。

なので、dポイント投資は以下の3つの要素で価格が決まるといえます。

  1. 外国株株価
  2. 外国債券価格
  3. 為替レート

 

2018年7月12日のケースでいえば、株安+円安が同時に発生していました。この場合、(1)の外国株株価は下落だけど、(2)円安によって円ベースの価値は上昇となります。

dp-invest.hateblo.jp

(1)と(2)のどちらの影響が大きいかを判断するわけです。

この場合、外国株株価が下落するのであれば、その割合を下げてやればいいんです。具体的には80%を株が占めるアクティブコースから45%のバランスコースにしてやれば、dポイント投資における「株価」の要素が小さくなります。

なんとなく、わかりますかね?

 

さらに言えば、株と債券の価格の関係もあります。一般に株価と債券価格は逆相関(反対方向に動く)の性質があります。

www.saiken-tousi.com

つまり、株価下落時には、債券価格が上昇しやすいわけです。これも世界の債券の比率が高い、バランスコースにとっては有利です。

 

まとめ

通常時は、基本アクティブコースでdポイント投資を「する」「しない」を判断するスタイルでOKです。

ただし、株安・円安のタイミングで投資を考える場合、バランスコースを選択するほうが有利になる可能性があるという事です。

 

 

dポイントを貯めるならポイントタウン

dポイント投資のポイント原資となるdポイントはポイントカードでコツコツ貯めるのでは時間がかかります。おすすめは「ポイントタウン」というポイントサイトです。

広告を利用することでポイントがもらえるサイトで、貯めたポイントはdポイントにも交換することができます。

たとえば、dポイントを貯めるのに必須なdカードもポイント案件として用意されており、カードを作るだけでもポイントが貯まります。

f:id:showchan82:20180710092518p:plain

ポイントタウンは20pt=1円相当なので年会費無料のdカード作成だけでも1600dポイントがもらえる計算になります。

他にもお金を掛けずにポイントがもらえる案件も多いので、dポイント投資の原資獲得のためにおすすめです。

goo.gl

なお、ポイントサイトってそもそも何?怖い。という方は以下の記事も参考になるかと思います。

www.money-navi.net