ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

2022年8月 dポイントへのポイント交換10%増量キャンペーン お得な交換ルートや注意点のまとめ

著者:しょうこちゃん

毎年年末にやっていたdポイントへの交換増量キャンペーンですが、意外なタイミングで実施となりました。今回は10%増量となりました。すこしずつ渋くなっているdポイントの増量キャンペーンですが、参加者も年々増えているでしょうからこれは仕方がないところですかね。

年末もやるのか?その時は15%増量なのか?という先のことは誰にもわかりません。dポイントは現金化できるので実質10%ポイントの価値を増やせるというのは十分にオトクなので、当然私は参加します!!

dポイント10%増量キャンペーン

  • エントリー期間:2022年7月29日~8月21日
  • キャンペーン期間(交換期間):2022年8月1日~8月21日

まず、何はともあれエントリーしておきましょう。

2022年8月21日(日)までにdポイントカードの利用者情報登録が必要となります。これは毎回のルールです。前回参加した方は特に気にしなくて良いです。初めての方は念のため「こちら」から確認しておきましょう。

 

今回のdポイント増量キャンペーンの乗り方

対象のポイントが少ないですけど、PeXやドットマネーが増量対象のサイトになっていますので、ポイント交換を通じてdポイント交換ができますね。
その他のポイント交換やよりお得に今回のキャンペーンを活用するコツをまとめています。とりあえず今日は速報で後日修正を加えます。

 

JRキューポ経由のポイント交換ルートは強い

dポイント交換増量に関してはJRキューポのルートが強いですね。JQカードセゾンと永久不滅ポイントが貯まるクレジットカードが必要になりますが、この2枚があれば、JRキューポ→永久不滅ポイント→dポイントという交換ルートが出来上がります。

JRキューポには以下のポイントが交換できます。

  • Tポイント
  • エポスポイント(JQエポスが必要)
  • WAONPOINT(イオンSUGOCAが必要)
  • 西部ガス
  • JRHMポイント(1000P→960P)
  • 福岡銀行myCoiin
  • Gポイント

特に共通ポイントの「Tポイント」から交換できるのは強いです。Tポイントは他のポイントサイトでも増量交換キャンペーンをやることが多いのでTポイント交換で増量したポイントを再びdポイント交換で増量するという増量の二段構えが可能です。

 

Gポイント経由なら「JRキューポ」か「リクルートポイント経由」で交換可能

同じポイント交換サイトでも「Gポイント」は増量対象になっていません。
ただし、Gポイントを貯めている人は前項のJRキューポに交換をするか、「リクルートポイント」に交換をすればGポイントで貯めているポイントも増量交換することができます。

なお、Gポイントはポイント交換をする際に「手数料」が発生するケースがあるのがネックです。この手数料はGポイントをの対象サービスを利用すれば無料(キャッシュバック)することができます。

一番手軽な方法は「スルガ銀行Dバンク支店Gポイントクラブ」を利用した銀行ポイ活(口座振替ポイントなど)ですね。これを使っていれば毎月Gポイントが入るのでGポイントの手数料を無料化できます。詳しくは「口座振替でポイントが貯まる銀行の活用でポイ活」の記事をご覧ください。

 

ポイントサイトからの交換は「増量」を活用しよう「上限」にも注意

dポイントへのポイント交換の原資はポイントサイトのポイントという方が多いと思います。そういう場合は可能な限りその他の増量も併用出来たらよりおいしく扱えると思います。

ポイントサイト 増量キャンペーン・交換の注意点
ハピタス 月の交換上限は30000Pとなっています。
8/7までTポイント交換で+4%
(8/2で早期終了)
ハピタスはゴールドランクになっていれば単純な交換だけでもポイントが増えるからお得ですね。
>>ハピタス
モッピー ポイントサイトのモッピーはドットマネーへの交換&Tポイント交換で5%増量をやっています。これを利用すれば5%増量&10%増量になります。ちょっと道のり長いので早めにやる必要がありますね。 モッピー→ドットマネー→Tポイント→JRキューポ→永久不滅→dポイント
※広告利用5000Pが必要なようです……

広告利用が無い人はGポイントギフト(+3%)を利用してGポイントルートからdポイントにする方が良いですね。
※1日の交換上限は1万Pまで
>>モッピー
ワラウ ポイントサイトのワラウでは7/14~、「プラチナ」ランクになるとワラウポイント→Tポイントが20%ぞうりょうになります。これをJRキューポ経由でdポイントに流せば、20%増量×10%増量(1.2×1.1=1.32)の32%増量となります。 美味しいけど、これも交換期限がややシビアです。
>>ワラウ
ECナビ 常設キャンペーンとしてECナビでサービス広告を2回以上利用するとTポイントが4%増量となるキャンペーンをやっています。
交換元のポイントはPeXポイントになります。サービス利用については無料アプリなどを2回インストールするなどでクリアできますよ。
>>ECナビ

 

ポイント交換の日数には注意

「ポイント交換」はほぼリアルタイムで行われることもあれば、数日ほどの時間がかかる場合があります。今回のキャンペーンに関係しそうなポイント交換のおおよその日程は以下の通りです。

  • Tポイント→JRキューポ:3日ほど
  • JRキューポ→永久不滅:2~3日ほど
  • 永久不滅→dポイント:即時
  • Gポイント→JRキューポ:2~3日ほど
  • JRキューポ→Gポイント:7日ほど
  • Gポイント→リクルートポイント:2日ほど

たとえば、ポイントサイトのポイントをTポイントに交換してそれを永久不滅ポイントに交換してdポイントにする場合

  1. ポイントサイト→Tポイント:1日程度
  2. Tポイント→JRキューポ:3日ほど
  3. JRキューポ→永久不滅:2~3日ほど
  4. 永久不滅→dポイント:即時

という交換が必要で最短でも1週間くらいは必要になります。交換は手動なのでもう少し余裕を持った交換スケジュールを組む必要があります。今回はお盆もあって、お盆期間中は通常の交換が行われないこともありますし……。

ポイント交換を駆使するなら8月第1週くらいまでには動いておきたいですね。

 

永久不滅ポイント運用は売却まで日数がかかるので早めの売却を

私なんかは年末のdポイント増量のために、交換用のポイントを「永久不滅ポイント運用」に回しています。

永久不滅ポイントは永久不滅ポイント運用で運用している人も多いかもしれません。ギリギリまで運用していると売却&運用ポイントを通常の永久不滅ポイントに戻すのに時間がかかって間に合わないなんてことになる可能性も……

 

交換したdポイント、増量したdポイントは日興フロッギーで投資や現金化

キャンペーンで交換したdポイントは通常ポイント、10%増量されたdポイントは期間・用途限定ポイントとなります。

通常ポイントの有効期限は4年間。そして増量分のポイントの有効期限は2カ月となっています。9月末ごろ進呈ということなので11月末ごろに有効期限がきます。

大量のポイント交換をした場合はそのポイントの処理も考える必要があります。

中でも一番おすすめなのがSMBC日興証券(日興フロッギー)を利用したポイント活用です。期間用途限定ポイントも含めて日興フロッギーでは1P=1円として株式投資に利用することができます。

これを利用すれば投資して運用することはもちろん、実質的な現金化取引も可能です。詳しくは以下の記事をごらんくださいませ。

dp-invest.hateblo.jp

>>日興フロッギー口座開設はこちら

 

ポイントを使って投資できるのは資産運用にも良いですね!!ぜひ