ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

ポイント投資の攻略ブログ

ANA Pocket(ANAポケット)の評判とマイルガチャの損益分岐点を検証

著者:しょうこちゃん

移動距離に応じてポイントが貯まるアプリのANA Pocket(ANAポケット)があります。移動距離と移動方法に応じてポイントがたまり、貯めたポイントはクーポンやANAスカイコイン、ANAマイルなどと交換することができるというものです。

基本無料で利用することができますが、一部のプランは有料サービスとなっています。様々な種類があるいわゆる「歩活アプリ」ですけど、その中でも仕組みとしては結構面白い形になっています。

もともとiOS端末限定でしたが、2022年7月28日~Android端末も対応しました。

>>ANA Pocket公式ホームページ

上記のリンクから登録すれば最初から1万ポイント(登録ポイント5000P+紹介ポイント5000P)がもらえます。

ANA Pocketの仕組みと特徴

ANA Pocket(ANAポケット)は以下の3つのプランがあります。

  1. ANA Pocket Lite(ANA ポケット ライト):無料・AMC紐づけ無
  2. ANA Pocket(ANA ポケット) :無料・AMC紐づけ有
  3. ANA Pocket Pro(ANA ポケット プロ):月額550円・AMC紐づけ有

(1)(2)の違いはAMC(ANAマイレージクラブ)の会員IDを連携しているかどうかというところになります。(3)の有料プランANA Pocket Proにする損益分岐点は後述します。

お仕事などで移動距離が長い人は(3)のANA Pocket Proにしてかなりお得にANAマイル活動できると思います。

 

ANA Pocket(ANAポケット)のポイントが貯まる仕組み

ANA Pocket(ANAポケット)は移動距離と移動方法によってポイントが貯まります。

  • 徒歩:1kmで50P
  • 自転車:1kmで20P
  • バス・電車・船:1kmで8P
  • 車:1kmで3~7Pくらい?
  • 飛行機:1kmで~1Pくらい?

というように移動手段は自動的に判別されて1kmごとにポイントが付与されます。

徒歩が一番高く、飛行機が一番悪いです。公共交通機関が貯まるポイントと移動距離のバランスが一番良いような気がします。

また、ANA Pocketでは様々な「チャレンジ」があります。

  • 空港にチェックインしよう
  • 12球団本拠地球場時チェックインしよう
  • アウトレットモールにチェックインしよう
  • 徒歩・自転車で一定距離を移動しよう

といったように色々なチャレンジが設定されていて達成するとポイントがもらえます。これも意外と達成しやすいものがあります。

 

ANA Pocketどのくらいポイントはたまるの?

たとえば1日5㎞を徒歩通勤している人なら250P×2=500Pの20日で1万ポイント程度が貯まるということになりますね。同じように、電車で片道30㎞の道程を通勤で利用しているなら8P×30㎞=240P×2(往復)=480Pの20日分で9600Pということになりますね。

これは平日分だけですので土日も移動があれば、ある程度移動がある人なら15000Pくらいは貯められる感じでしょうか。

長距離の移動があるという人ならさらに獲得しやすいでしょう。

アプリ内の「チャレンジ」でボーナスポイント獲得

アプリ内の「チャレンジ」という下メニューからいろいろなチャレンジが用意されています。これらをクリアすると項目ごとにポイントが獲得できるようになっています。チャレンジ内容によって100~1000Pほどが貯まるのでうまく利用しましょう。

 

貯めたANAポケットのポイントを交換する

貯めたポイントは以下のような使い道があります。

  1. クーポンと交換
  2. Pocketガチャ(商品券などが当たる)
  3. SKYコインガチャ(500P消費して1コインまたは10コインが当たる)
  4. マイルガチャ(Proコース限定:500P消費して3マイル~が当たる)

一番金銭的な効率が良いのは(4)のマイルガチャになると思います。私が2022年8月に250連で試したところ、1ガチャ当たりの平均獲得マイルは4.7マイルでした。

 

マイルガチャの損益分岐点は何万ポイント獲得から?

ANAマイルの価値をどの程度と見積もるかは人によって違うと思いますが、少なくとも1マイル=1.5円~2円位の価値はあると思います。

と考えた時の550円という月額料金をペイするには1マイル=1.5円として最低でも370マイルくらいを獲得できれば月会費を支払う価値は十分にあるということになりますね。

ざっくり計算をすると78回くらいガチャを引ければ損益分岐点はクリアするというようなイメージでしょうか。

通常時(500P)なら500×78=39000Pくらいの獲得ですね。

徒歩やジョギングなら780㎞、サイクリングなら1950㎞、電車移動なら5500㎞ということになりますね。結構ハードル高いような気がします(;'∀')

なお、移動ポイントだけでなく「チャレンジ」の項目もクリアすると獲得ポイントをブーストできます。まずは1カ月くらい試してみるのも良いと思います。

ちなみに、2022年7月1日11:00から8月31日の18:00まで期間限定で、通常500ptのガチャが半分の250ptで回せる「マイル大放出キャンペーン」を開催しているので、実質半分で黒字化できると思います。

こういうキャンペーンのタイミングだけ有料会員になるのも手ですね。

 

POINT

ポイントの有効期限は1か月ありますので、隔月で有料会員になるという手もあります。ただ、ポイントの失効管理がシビアになるのでちょっと面倒です……。

 

SKYコインガチャは実質的に500P=1円相当

一方でSKYコインガチャは割が悪いです。500P消化でほぼ1コインしか当たりません。10コインあたるのは1%位じゃないでしょうか。ということは100回(5万P)消化して509円相当のスカイコインということになりますね。

実質500P=1円と言って差しさわりないでしょう。

 

PocketガチャはANA旅行券やAmazonギフト券、マックカード等が当たる

2022年7月28日よりリニューアルされました。
ということで貯まっていたポイントを吐き出して試してみました。今はキャンペーンで通常15000Pで1回のところ7500Pで回せるということです。

とりあえずポイントを消化して試してみました。11連です。1回目にマックギフトカードが当たったから調子に乗りました……。

  1. [当選]マックギフトカード:500円
  2. 国内線往復航空券が当たるチャンス
  3. 国内線往復航空券が当たるチャンス
  4. 国内線往復航空券が当たるチャンス
  5. 国内線往復航空券が当たるチャンス
  6. 国内線往復航空券が当たるチャンス
  7. ANAオリジナルモデルプレーンプレゼント(抽選券)
  8. ANAオリジナルモデルプレーンプレゼント(抽選券)
  9. ANAオリジナルモデルプレーンプレゼント(抽選券)
  10. 3万円分の旅行券(抽選券)
  11. 3万円分の旅行券(抽選券)

ということでした。当選は1回(1/11)でした。残りのやつはさらに応募して運が良ければ当たるというやつです。抽選券はイチイチ、住所氏名やら入力させる残念な仕様でした。

これはやってみたけど失敗だったなぁ……

 

クーポンと交換 任意のクーポンとポイント交換ができる

ポイントを確定利用することもできます。

  • Amazonギフト券
  • ローソンのコーヒー
  • ファミマのコーヒー
  • ファミマ100円お買い物券
  • ANAショッピングA-styleのクーポン

といったように比較的実用的なものもあります。Amazonギフト券は1万P=100円(100P=1円)なので、マイルガチャを除けば、実はこれが一番効率的だったりします。

 

有料プラン(ANA Pocket Pro)への申込とプロモーションコード

2022年7月28日(木)10:00~

ANAカード会員の方限定になりますが、プロモーションコード「2XKTS2U1」を入力すると550円の月額料金が2か月無料になります。まずは「ANA Pocket公式ホームページ」から会員登録をしてください。
上記リンクからの登録で最初から1万Pがもらえます。

つづいて、「マイページ」の一番下の「プラン」の所を「変更する」をクリックしてください。Pocket Proにチェックして「変更する」「続ける」をタップすると支払い画面になります。

すると上記の画面になりますので「プロモーションコードを追加」の部分に先ほどのプロモーションコードを入れて、決済するクレジットカード番号を入れて申し込みをします。

有料プランを解除する方法はカンタンです。
先ほどの「マイページ」かの一番下の「プラン」を「変更する」にして「Pocketメンバー」に変更してください。

 

歩活のポイ活案件は併用しよう

この手のアプリは複数を併用していくと良いと思います。一つ一つだと大した金額になりませんが複数の移動系・歩数計のアプリを入れておけばチリツモ的に貯まっていきます。

dp-invest.hateblo.jp